未分類

クラシル運営の堀江裕介社長の経歴とは?年収や彼女、名言も話題!

堀江裕介CEO

管理人含め、主婦の毎日の悩みと言えば「料理」と言っても過言ではないでしょう。
毎日毎日料理を作っていると、「今日の晩ご飯は何にしよう」という壁に必ずと言っていいほどぶち当たります。
そんなときに大抵の人は晩ご飯のヒントを何かで得ようとするでしょう。
美しい盛り付けまで丁寧に載っているレシピ本もいいですが、最近の人は手元にあってすぐに調べられるスマホを使ってヒントを得ようとするのではないでしょうか。

そんな中で欲しい情報をいち早く得ることができるレシピ動画の「クラシル」は今飛ぶ鳥を落とす勢いで多くのファンを獲得しています。
「クラシル」はSNSやアプリなどを通して月間再生数1億7000万回、230万人のファンを擁する国内最大級のレシピ動画サービスへと成長を遂げているのです(2017年3月時点)。

今回はそんな「クラシル」を運営する「dely株式会社」を創業した若き堀江裕介社長の気になる経歴や年収、話題の名言についても迫ってみました。

スポンサーリンク
 

クラシル運営の堀江裕介社長の経歴に迫る

 

名前   堀江祐介(ほりえ ゆうすけ)
生年   1992年(2019年現在25or26歳)
出身地  群馬県
高校   群馬県立前橋高等学校
大学   慶應義塾大学 環境情報学部

なんと20代半ばの若手社長!
詳しい生年月日は明らかにされておらず、1992年生まれということだけが分かりました。

出身高校は群馬県立前橋高等学校で明治10年創立の伝統校であり、偏差値は70を超える進学校です。
通称は「前高(マエタカ)」。
東大、京大をはじめとする旧帝大や、国公立大医学部への進学が多いようですが、堀江社長は慶応義塾大学の環境情報学部に進学しています。

余談ですが、環境情報学部はとても自由に自分の好きな事を勉強することが可能な学部です。
建築系、デザイン系、法律系、教育系、情報系、言語系、医療系、スポーツ科学系などなどあらゆる分野に特化した講師が揃っています。
また、Webマーケティング分野で活躍するために情報系とマーケティング系の知識を身に着けるなど、自分の興味を持ったあらゆる分野を同時に勉強することが出来ます。

堀江裕介社長は大学在学中の2014年(当時22歳)に株式会社「dely」を創業しています。
自分の興味のある分野を複数勉強できる大学のフィールドがまさに彼をここまで導いたのかもしれません。

起業のきっかけは、東日本大震災の発生直後にソフトバンクの孫正義さんが震災復興に100億円寄付されたことだそうです。
このように自分も社会に対して大きな影響を与えられるような存在になれば多くの人を救えると思い、起業に至ったそうです。

クラシル運営の堀江裕介社長の年収とは?彼女はいるの?

2018年7月11日、レシピ動画サービス「クラシル」を運営する「dely」が、IT最大手ヤフーの連結子会社になるというニュースが報じられました。
この「dely」を創業した堀江裕介社長、若干20代という若さにも驚きですが、そうなってくると気になるのが「一体いくら稼いでいるんだ」ということでしょう(笑)
「クラシル」は、「20代で1000億円企業」という目標から堀江社長が逆算し、やるべき事業を考え抜いた結果、生み出されたサービスです。
億単位のお金のことを臆することなく考え、目標を立てたらひたすら実行して結果を出しているわけですから相当の収入があってもおかしくはないのですが。
ここで堀江裕介社長が運営する「dely株式会社」の会社概要をチェックしてみましょう。

設立年月日  2014年04月
資本金    37億1568万1000

代表者名   堀江 裕介

従業員数   50名(連結・正社員のみ)
業種     インターネット関連

37億円以上の資本金ということは、当時からかなり期待をされていたということでしょう。

ちなみに従業員数は50名と決して多くはない印象ですが、求人情報では年俸が420~600万ということでした。
募集は正社員のみというところにもこだわりを感じます。

もちろん堀江裕介社長はそれ以上の年収であることは間違いないでしょう。
「dely」がヤフーの連結子会社になったこと、昨今の堀江社長のメディアへの露出も考慮すると、あくまでも予想ですが3000万円以上は年収としてあると思われます。
期待値も高く、話題の企業ですからこれからもどんどん成長して堀江社長の年収も比例するように上がっていくのでしょう。

そして調べていくと面白いものを見つけました。

堀江裕介社長の口座残高です(笑)
(2018年4月2日にご本人がツイッターにて公開していました)

100万円の貯金があってクレジットカードで47万円の引き落とし・・・残り53万円。

資本金37億円以上の社長の銀行口座にしては少ない印象かもしれませんが、100万円のうち47万円も使い込むところに豪快さを感じます。

若手社長で豪快な性格、でも結果を確実に出していく・・・
やはり女性からのアプローチは多いのでしょうか。
こちらも調べてみましたが、今のところ大きなスキャンダルはないようです。
検索すると同姓同名の音楽家の方の情報が出てきますが、堀江裕介社長とは関係がないようです。

ツイッターにも「一人暮らし男子」という表現が使われたり自炊している様子も載っているので結婚もまだのようですね。

クラシル運営の堀江裕介社長の名言がツイッターで話題!

輝かしい経歴を持ち今後も益々の活躍が期待される若手の堀江裕介社長ですが、数多くの名言を残していることでも有名です。
そのほとんどはツイッターから話題となったものが多いのですが、雑誌やテレビのインタビューの中でも臆することなく自身の目標や信念を口に出しているのです。
それらは決しておごりや世間を見下した態度からではなく、(堀江社長自身は社会人経験がない自分の能力をかなり低く見積もっています)あえて宣言することによって自らを逃れられない状況へと追い込んでいるそうです。

スポンサーリンク

それではそんな堀江裕介社長の名言をいくつかご紹介します。
たくさんあるのですが、比較的端的に述べられた分かりやすいものを厳選しています。

・おれぐらい熱くなると、軽井沢でさえおれを冷やせねえ

・迷った時ほど遠くをみろ

・靴紐ってのはな、互いに引っ張り合うと固く結ばれんだ
(社内で関係が悪くなった2人に送った名言)

・「無知」は最強の武器

・どこまでいっても「大きいこと」を言ってしまうので、いつも自分との闘い
 でもそれを達成しつつあって、やっと「ほら吹き」から「マトモ」になってきた

・その1%を楽しめるのが本物の経営者だ

・証明しなきゃいけないんだ、delyに人生を賭けてくれたことが人生最高の選択だったってことを

いかがでしょう。
カッコイイですね(笑)
リスクを負う恐怖より前に進むことに情熱を燃やす様子から、かなりハートが熱い人なんだということがビシビシ伝わってきます!
若いからこその行動力も相まってとにかく突っ切っていく感じが周囲からの期待や評価につながっているのでしょう。

さいごに

delyの堀江裕介社長、いかがだったでしょうか。
筆者自身も調べてみてここまで情熱があって結果を追及している起業家だとは思ってもいなかったので驚きと同時に圧倒されました。
やると言ったらやり遂げる、自分が言ったことに嘘をつきたくない、というのは誰しも思っていても行動に起こすのは難しいところがあるでしょう。
それを必至になって成し遂げて行くどこかがむしゃらな姿にこれからもますます目が離せません。
delyは今後どこまで大きな会社になっていくのでしょうか。
一層の成長が楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
ABOUT ME
cotomo
cotomo
眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。