秋の花粉症の原因と症状、
風邪との違いって?

うだるような猛暑が過ぎ去り、行楽シーズンとなった秋初旬。

でもなんだか鼻がむずむずしたり、喉がいがいがしたりと体の不調を感じることがありませんか。

一見季節の変わり目による風邪かと思いがちですが、もしかして「花粉症」では…

花粉症は春だけでなく、夏や秋に発症する人も増えてきているんです。
今回はその原因や症状、風邪との違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

秋の花粉症の原因とは?

春の花粉症に代表的なスギやヒノキなどの樹木と異なり、秋の花粉症の原因は「ブタクサ」や「ヨモギ」などの野に生えている草が主な原因です。

<秋の花粉症の主な原因>

・ブタクサ
河原や公園などの身近なところに生息しているキク科の植物。葉についている花粉が風に舞って飛散しています。

・ヨモギ
北海道や東北以外に生息。山地や野原に多く見られますが、空き地などの市街地にも多く生息しています。

スポンサーリンク

・カナムグラ
日本全土に生息。荒地や草むらに生えています。

※地方によって多少異なりますが、いずれも飛散シーズンは8月~10月。

これらは春の花粉症の原因となるスギやヒノキとは異なり、飛散範囲は広くなく量も少ないので比較的対処がしやすいです。
マスクやメガネ、帽子などで肌の露出を控え、野原や草むらを極力避けて行動すれば、被害が深刻になることはまずありません。

秋の花粉症の症状って?

春の花粉症に見られる症状とほとんど変わりはなく、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの鼻の3大トラブルに悩まされる人が大多数です。
加えて目のかゆみ、充血で目薬が手放せない人も。
かゆみは目だけでなく、皮膚、それも全身の皮膚のかゆみに悩まされることもあるようです。

また、春のスギ花粉とは異なり、ブタクサなどの花粉は粒子が細かいため、気管支ぜんそくの原因にもなりかねませんので、花粉症の可能性がある場合は早めにマスクの着用を心がけましょう。

秋の花粉症、風邪との違いは?

秋の花粉症は喉のいがいがや咳が出るなどの症状、微熱や頭痛を訴える人もいますので、風邪の初期症状とよく似ています。
しかし、アレルギー性の病気のひとつである花粉症と、細菌やウイルスが原因の風邪とはまったくの別物です。

季節的なこともあり、秋口の花粉症の症状に風邪薬を服用してしまいそうになりますが、ちょっと待った!

鼻や皮膚、目にかゆみがある場合は花粉症の可能性があります。
鼻水が出ている人は、その状態を確認してみましょう。
花粉症の鼻水は(春も同様ですが)サラサラと水っぽいのが特徴です。
風邪の場合は粘り気が強くてドロっとした印象ですので、注意して見てみましょう。
また、花粉症は症状が改善したように思えても再び悪化することもあります。
風邪がなかなか治らない、と思ったときは花粉症の可能性大です。

まとめ

涼しくなってきた秋口から花や喉の不調を感じているなら花粉症を疑ってみてください。
耳鼻科でアレルギーテストを受けることもできますし、原因が花粉症だと分かれば専用の対策も取ることができます。
風邪だと思い込んで放置するのではなく、一度病院で診てもらってつらい症状とおさらばしましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です