ファミリーウェディングのタイミング
子どもがぐずらない工夫とは?

今やナシ婚族(結婚する際に披露宴を行わずに入籍のみで済ませるもの)も注目のファミリーウェディング。

子どものお披露目も兼ねて家族みんなで素敵な結婚式を作り上げていくのは素晴らしいものでしょう。

でもやっぱり心配なのが小さな子どもがじっとしていられるかということ。
子どもなので仕方がないとは言え、最初から最後までぐずぐずでいられるのはこちらも気が気ではありません。

ではなるべく不安要素を取り除き、こちらも楽しく式の準備を進めるため、式の計画は子どもがいくつになってからがいいのか、退屈や緊張をしてぐずらないための工夫をご紹介します。

スポンサーリンク
  

ファミリーウェディングのタイミング、子どもがいくつのときが狙い目?

ファミリーウエディング(パパママ婚やキッズ婚とも)とは、子どもと一緒に挙げる結婚式のことです。
理由は様々ですが、子どもが生まれた後にウェディングを行い、2人で挙げる以上にステキな式を作り上げるカップルやそれを望むカップルも増えてきています。
小さな子どもも正装するケースがほとんどなので、それだけで周りはほっこり。
子どもがニコニコ笑顔だと尚更パパママを祝福しているようで心が和みます。

では赤ちゃんがなるべくご機嫌で参加してくれる時期って?
それぞれの月齢に分けて見ていきましょう。

<0~1歳>

生後半年ほどから体を動かして活発に活動する赤ちゃん。
中には1歳未満でつかまり立ちや、早い子は歩くことができるかもしれません。
式場に授乳室やオムツ替えスペースがあるのは必須です。
ホテルなどの設備が整っているところや託児所、プレイルームがあるところがおすすめ。
生後6ヶ月頃ならベビーのハーフバースデイを兼ねて式もできます。
ただし、長時間の参加で赤ちゃんに無理を強いるのは禁物です。赤ちゃんの紹介シーン以外は人の手を借りてお世話をしてもらう状態を整えておきましょう。
式の準備期間中のパパとママは、まだベビーが誕生していない段階から準備を進められるので、子育てに時間をとられない分着々と準備ができます。ただしママがツワリのひどい場合は要注意。
体に無理のないようなるべく打ち合わせ回数を少なくして、旦那さんにも積極的に協力してもらうよう要請を!

<1歳>

この時期にウェディングをするカップルが一番多いです。
1歳半くらいには多くの子が歩けるようになっているので、おじいちゃんやおばあちゃんと手を繋いでリングボーイやフラワーガール、ベールガールなどに一躍買ってくれることが期待できます。ただしまだよちよち歩きでしょうから、段差がなくて転びにくいところが安心です。
ちょろちょろと動き回ることができる広めのスペース、バリアフリー、ホワイエがある、キッズスペースが充実している、といった式場選びがポイントになってきます。
まだ授乳中の子もいるでしょうが、頻度は0歳よりは少ないので常に「授乳しなければ!」と心配する必要もありません。
式の準備を始める頃にはもう誕生している赤ちゃんもいるでしょう。生まれたての頃は頻繁に外に出すのも憚られますので電話やメールを積極的に使ってプランナーと準備を進めましょう。

<2~3歳>

超活発になります(笑)
同じ年頃の子どもゲストを招待して、わいわい婚もできるでしょう。
しかし本当にやんちゃ。走り回って大きな声を出したり、調度品を壊してしまわないよう子どもゲストに慣れた会場を選ぶのがおすすめです。
ワンフロア貸切、キッズスペースありの広めの披露宴会場、専門式場などが適しています。
また、この頃になると、一人でパパママのところにリングを届けることも可能でしょうし、積極的に演出にも起用できるので活躍の場が広がります。子どもにとっても「パパママの結婚式に参加する」という貴重な体験となり、家族みんなの一生の思い出として残るのは間違いありません。

スポンサーリンク

ファミリーウェディングのタイミングって?子どもがぐずらない工夫をしよう

「結婚式」というのは普段とは違う特別な場所で行います。
大人でも緊張するんですから、普段と違う環境の当日は、子どもも緊張して当然です。
泣いたりぐずったりしたらどうしよう、と考て不安だらけで式の準備を進めて当日を迎えるよりも、泣いたときの対処の仕方を事前に決めておいて、そうなってしまったら仕方がない、と割り切って準備を進めていく方が重要ですし、こちらの気も楽です。
もちろんおじいちゃん、おばあちゃんのや式場スタッフの手を借りることは必然になってくるのでその打ち合わせをしっかりとしておきましょう。式場に併設している託児所の利用ができたり、サポートが充実している式場を選ぶと安心です。プランナーの方に積極的に相談して、万全の状態で当日を迎えましょう。
赤ちゃんや子どももフォーマルな格好をするでしょうが、着慣れない衣装がぐずりの原因になることも考えられます。
式本番は頑張ってもらうにせよ、歓談が始まる披露宴などでは子どもにもなるべくリラックスしてもらえるよう、普段から着慣れたお洋服を持参したり、お気に入りのおもちゃやぬいぐるみがあるといいでしょう。

ファミリーにぴったりな会場ってどんなところ?と迷ったら、「ウェルカムベビーの結婚式場」をチェックしてみましょう。
赤ちゃんがいても安心な一定の基準を満たした会場を、ミキハウス子育て総研が認定しています。
パパママに優しい50項目のポイントをクリアした会場ばかりだからとても心強いです。ファミリーウエディング成功のために、ぜひ一度チェックしてみてください。

おわりに

いかがでしょうか。
筆者も結婚が決まってから準備に追われバタバタ婚となってしまいましたが(それも良い思い出ですが)、改めて落ち着いてからのファミリー婚でほっこり式を挙げるのも選択肢に入れておけば良かったなと思います。

どんなシチュエーションになっても思い出として懐かしく振り返ることができるでしょうが、なるべく当日の不安要素を取り除いてみんな笑顔の式が挙げられるといいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です