ハロウィンのお菓子を配ることに!
おすすめは?配り方は?

ハロウィンが近づいてきましたね。

ハロウィンに仮装した子どもたちってとても可愛くてたまりません。

そんな子どもたちが「Trick or Treat!」とお家にやってきたら…?

なんとなくお菓子をあげるのはイメージできるけど、こちらは何と言ってどんなものを渡せばいいのでしょうか。

今回はハロウィンの日にやってきた可愛い仮装キッズたちに、どんなお菓子をどう渡してあげるのかのご紹介です。

スポンサーリンク
  

ハロウィンのお菓子を配ることに!

今や日本でも一大イベントのひとつとなった「ハロウィン」。

ハロウィンの日に街にくりだすと、魔女やお化け、黒猫やフランケンの仮装をした人がたくさん!
中でも子どもたちの仮装はとっても可愛いので、この日のためにはりきって衣装を新調したり、手づくりする親御さんもたくさんいます。

最近では、町内の子ども会イベントとして子どもたちがお菓子をもらいに家を回ってくることも珍しくありません。
そんな子どもたちも大はりきりのハロウィンですが、お家を一軒ずつ回ってお菓子をもらいに来るとなると、せっかくなので喜んでもらえるものを用意したいですよね。

まずはご近所さんとコストや対応などを打ち合わせをしておきましょう。
何もあげないという選択肢はないにしても、大盤振る舞いして高価なお菓子を渡してしまい、他のお家と大きく差ができてしまうのも困りものです。
最近ではアレルギーのこともありますし、子どもさんがアレルギーを持っている場合は事前にその子の親が伝えてくれるでしょう。その上でどのように対応させてもらうか話し合い、最善の策が取れるようにしましょう。

何も緊張して待ち構えることはありません。
あくまでも主役は可愛い子どもたち。
その子どもたちに笑顔になってもらえるよう、事前に打ち合わせをして可愛いらしいお菓子を用意しておけばいいのです。

ハロウィンのお菓子、オススメは?

まず初めにお伝えしたいのが、用意するお菓子は「購入したもの」がおすすめだということです。
手作りに自信のある人も、手作りの方が安く抑えられるから、と思う人も、この日はそれは避けた方が無難です。
子どもの口に入るものなので、衛生面に特に気を配るべきなのは言わずもがな。
何かトラブルがあってからでは手遅れですので、お店で購入した簡単なお菓子を用意しておくといいでしょう。
個々に包装されていたり、小分けになっているのでとても便利ですし、安くて手の込んだ(ように見える)ものもたくさんあります(笑)

定番で言うと、キャンディやクッキー、チョコレートなどといったところです。
要は「虫歯になりやすいもの」
ネットで10~20個ほど小分けされたものが大袋に入って300~500円程度で売られています。
大きめのものなら1つでも十分ですが、小さなキャンディなどであれば2~3種類をやって来た子どもたちの人数に応じて渡してあげましょう。
ハロウィン用のパッケージのものもたくさんあってポップでとっても可愛いですよ。
有名どころで言うとチロルチョコ、コアラのマーチ、キットカット、ロッテチョコパイ、ハイチュウ、カントリーマアムなどが例年ハロウィン仕様になりますので、パッケージを見るだけで雰囲気抜群で楽しくなります。

スポンサーリンク

また、子どもたちは色んなお家から様々な種類のお菓子をもらってそれがどんどんたまっていくのが嬉しくて仕方ありません。
だから渡すお菓子は1~3個で十分なのです。
複数個渡そうと予定している場合は、100均でもハロウィングッズが大変充実しているので、ハロウィン柄の小袋を購入しておいて、それに入れてあげるといいかもしれません。

なんせ手作りは気合いは感じられて良いのですが、安全面を考えてやめておくのが無難です。
親御さんの中には神経質な人もいるかもしれないので、せっかくよかれと思って作ったお菓子に後々苦情を言われるのもこちらとしても気分が悪いですしね。

おおよその予算は近所の人や子ども会などの中で決めておくのが無難です。
どこかのお家だけ豪華にしてしまうと周りも年々派手になり、金銭的にも精神的にも苦痛のイベントになってしまっては元も子もありません。
せっかくなので子どもはもちろん、大人も楽しめる行事にしたいですしね。

ハロウィンのお菓子の配り方

お菓子の準備ができたらその時を待つのみ。
「Trick or Treat!」(トリックオアトリート=お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!)

という子どもたちの元気な声が聞こえたら合図です。

「Trick or Treat!」のかけ声に対しては「Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」とこちらも元気に応えてあげましょう。
子ども達は可愛く仮装している子が多いかもしれませんが、お菓子を用意する大人は何かに化けておく必要はありません。
味気ないかもしれませんが、普段通りの格好でOKです(笑)

仮装して来てくれた子どもたちには是非とも衣装を褒めてあげましょう。
ミイラの仮装をしているからって演技をして怖がったりする必要はありません。
「○○君、ミイラ男になったんだ、すごい、本物みたいでビックリしちゃった!」
なんて言ってあげるともっと喜んでくれるでしょう。

まとめ

日本にも定着しつつあるハロウィン。子どもたちの楽しみのイベントのひとつになりつつありますね。
こちらは「Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」で応えてあげて、楽しくお菓子を配ってあげましょう。
様々な衣装で子どもたちも私たちを楽しませてくれます。
色んなお菓子がたくさんもらえる日なんて子どもにとったら夢のようなイベントです。
是非一緒に盛り上がってみてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です