自衛隊員婚活&お見合い、
真剣になってくれる?成功へのカギは?

自衛官や防衛大学の学生との婚活やお見合いは根強い人気があります。
実は自衛隊員・防衛大性だけにスポットを当てた婚活イベントはたくさんあります。

今回はどういった婚活パーティーがあるのか、また数年前まで防衛大に通っていた筆者の身内や、ママ友の旦那さんの自衛隊員の方にも本音の話をリサーチしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

自衛隊との婚活やお見合い

自衛隊員との婚活パーティーやお見合いイベントはたくさんありますが、どれも倍率が高いものがほとんどです。
さらに、1つの駐屯地(基地)で年に1,2回しか開催されないこともあって、女性の参加競争倍率がすごい反面、男性自衛官側の人数が集まらないことがあるケースも。
男性側も「人数は集めないと申し訳ない…」というお偉い階級の自衛官の一声で(自衛官は上下関係が激しいです)、まだ結婚意欲の低い、若すぎる自衛官や、階級がまだ士長の自衛官などが参加することがあります。

まずは募集があれば、内容を把握して早めに申し込んでしまいましょう。女性の倍率は高いため、見つけたらすぐに応募するのです。どうしよう、と迷っていたらまず間違いなく参加者がいっぱいになってしまって申し込めなくなってしまいます。
上記のようにまだ結婚意欲の低い自衛官が参加していても、いざパーティーとなると意識が違ってくるかもしれませんし、こちらも参加しないことには始まりません。

筆者のおすすめは自衛隊とタイアップした結婚相談所です。
中でも有名なのが、
・自衛隊プレミアムクラブ
・ノッツェ婚活パーティー
(クリックすると公式ページへとびます)

この2つです。
プレミアムクラブは元自衛官がプロデュースしており、男性側は自衛隊員のみに特化。身分証確認とデータ保護、料金体系も安心です。
ノッツェは好みのパーティー形式が選べて1対1のお見合いから大規模はパーティーも豊富です。「国防男子」や「自衛隊駐屯地コラボ」が大変人気のようでうす。

自衛隊と婚活、真剣に向き合てくれる?

基本的にはYESです。
彼らも暇ではありませんし、出会いも少ないです。
「将来結婚できなかったら困るな」と意外と早いうちから婚活を始める自衛官の男性はたくさんいます。
防衛大生のうちに婚約しておいて、卒業したらすぐに結婚した知り合いもいます。
国民を守るために頑張る仕事だからでしょうか。なんせ「いい人」が多いです。ざっくりしすぎですが…
礼儀が正しかったり、細やかな気遣いができる男性が本当に多いです。
お偉いさんに人数合わせのために声をかけられてしぶしぶ参加した、という自衛官のケースであっても、嫌な態度をとられることはまずありません。精神的にも肉体的にもたくましいのが自衛官です。
結婚するとなったら家族のことも大切にしてくれる人が多いですよ。

スポンサーリンク

自衛隊との婚活、成功へのポイント

憧れの自衛官との出会いがあったなら、それを大事にしたいですよね。
上手に付き合っていくために、いくつか知っておきたいことがあります。
まずは仕事がハードだということです。緊急時こそ召集がかかるために側にいることができません。訓練中も連絡が取れないことが多く、災害派遣や演習が多いので留守も多々あります。
「毎日連絡とりたいのに」「好きだから常に会いたい」という女性はまず無理です。遠くから精神的に支えられるような女性の方が自衛官の恋人としたら向いています。
昇進や職場変更などもあり、転勤も当たり前です。子どもが小学校にあがるとこれもしんどくなってきたりします。国を守ってくれる旦那さんに変わり、家庭を守るのが奥さんの姿勢なのかもしれません。転勤が多いため、新しい環境でも対応でき、周囲とも仲良くなれる女性も自衛官の恋人には向いていると言えるでしょう。
実際に自衛官と結婚している筆者の周りの友人たちの話によると、夫の出航中はむしろ気が楽だと思えるくらいの精神力、共働きは困難だと理解すること、最低限料理はすること、が大事なようです。
自衛官と結婚するとなると、官舎の家族との付き合いも自然と多くなります。当然食事会もあり、そういうときは、奥さんたちは手料理を持ち寄ることがほとんど。皆が注目するテーブルの上にズラッと並ぶわけですから、料理の腕を競い合うことになりますよね。それと引越しのときもお手伝いに行ったりきたりします。引越し荷物を載せたトラックが出発してからはその家でお別れ会です。その時も料理は持ち寄り。自衛官の妻は料理上手でないと辛いところです。

まとめ

いかがでしょうか。
やみくもに「自衛官と結婚したい、恋人になりたい」と思う前に、彼らの仕事や、もし結婚したらどんな生活になるのか知っておくことが大切です。
精神的にも、体力の面でも、しっかり支えられる奥さんや彼女になれる心構えを持ち、憧れの自衛隊員との素敵な出会いを求めたいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です