手の日焼けで年齢が分かる?!
対策とおすすめグッズ

洗い物、掃除、洗濯、スーパーへの買い出しで手が紫外線にさらされ・・・
手がダメージを受ける原因は数多く考えられます。
薬品などに触れる機会はあっても顔のようにファンデーションを塗ったり、基礎化粧品でケアをしたりすることはない人がほとんどでしょう。

そんな毎日頑張ってくれているけれどもなかなか労わってやれない「手」、気付いたらシミやシワだらけになってしまっていた、なんていうこともよくあります。
今回は今すぐ始めたい簡単なハンドエイジングケアについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

手の日焼けで年齢が分かる?!

美しく、若々しく見られるために、日ごろからお肌のケアをしっかりと行っている女性は多いでしょう。
顔のスキンケアはもちろん重要ですが、「手」のケアはどうでしょうか。
実は手は年齢をとても表しやすい部位です。毎日石鹸や薬剤、シャンプーなんかを触るのに、顔よりも皮膚が薄くてデリケートなため、老化が早いんです。
「美魔女」と言われる海外のセレブたちも昨今では「手の整形」を行うほどです。

真冬でも必ずと言っていいほど露出している手、しかも顔のように劣化を隠すのは難しい…
だからこそ、エイジングケアが欠かせないということでしょう。

手の日焼け対策って大事です

夏の時期、女性にとっての大敵のひとつ紫外線。
日焼け止め、サングラス、日傘などがマストアイテムですね。
長時間の紫外線による日焼けは、肌を黒くするだけではなく、老化の進行を早めてしまいます。
顔や首にはもちろん、手にも塗っているから大丈夫、と思っていても、手は食事の前に洗ったり、家事をするときに水にさらされたりして特に
落ちやすいところです。
面倒かもしれませんが、手の甲は日焼け止めをこまめに塗りなおす必要があります。車の運転でも要注意。しっかり日光にさらされています。
また、注意したいのがアームカバー。とても優秀なグッズなのですが、購入するときは手の甲までしっかりとカバーできるものを選ぶようにしましょう。

手の日焼け対策のおすすめ

それでは、日焼けしやすいのに日焼け止めが落ちやすい手の日焼け対策にはどのようなものが良いのでしょうか。

筆者のおすすめは「UVカットハンドクリーム」です。
これはもうめちゃくちゃいいです。
これさえあれば、UVカットも保湿も一緒にできてしまうので本当に楽です。
しかもプチプラからデパコスまで、予算に合わせて幅広く選べるのも嬉しいところです。

子どもが生まれてからというもの、自分にかける時間が大幅に減るのは覚悟していましたが、予想以上に自分ケアができない日々。
そんな自分にはもってこいでした。
UVカットパーカーを着て、手のひらと甲にはこのUVカットハンドクリームを塗るだけで、独身の頃に比べるとかなり時短でUVケアできるようになりました。
そして、このUVカットハンドクリームは夏場だけではなくて冬場も使うのが理想的です。
毎日顔のお手入れをするように、手も紫外線や水にさらされているのは変わりありません。
夏場もしかり。潤いがキープできているように感じても、実はクーラーのきいた場所で乾燥していたりするのです。
ビタミンEやCが入っているもの、SPF効果のあるもの、コラーゲン、ヒアルロン酸配合のものなどを積極的に選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

上記で述べたUVカットパーカーですが、これも昨今では紫外線の気になる季節になると多くのファッションブランドの店頭で目にします。
一枚は持っている、という女性も多いでしょう。
腕や手に日焼け止めを塗る必要がないので経済的で、しかもお肌に優しい。敏感肌の人で日焼け止めが塗れない人も中にはいますので、かなり重宝するアイテムです。
筆者は日焼け止めを落とす際のクレンジングで肌が乾燥しがちですので、このUVカットパーカーを着ることでその手間も省けるため、本当に気に入っています。

アームカバーも同様の効果がありますね。百均でも購入可能なのが嬉しいところです。さすがにパーカーは暑くて…という人は薄手のアームカバーを外出時にだけ利用するのもいいでしょう。
どこでもさっと外せてかさ張らないのも嬉しいポイントです。

日焼け止めクリームや乳液ももちろん必須アイテムですが、手のしわやシミ、日焼けを隠したいならファンデーションでカバーする方法もあります。
顔のスキンケアをするのと同じ要領です。
最近は、美容液の入ったファンデーションも主流ですので、ハンドケアをしながらUVカットやシミ隠しができます。
特にコラーゲンが入っているスキンケア商品は、老化を遅くさせ、ハリツヤも与えてくれるためおすすめです。
コンシーラーで気になる部分のシミを隠し、ファンデーションで明るい肌に見せるようにしましょう。
肌に良く馴染ませるために、リキッドタイプがいいでしょう。
手のしわは横方向にあるので、カバーする時は縦方向でなく、横から馴染ませるようにしてください。

先述したとおり、手は顔の肌よりも薄くデリケートです。
何も塗らないよりは、ボディケアと同じ乳液やクリームを塗るのは好ましいですが、フェイシャルケアと同じものを使用する方がより望ましいし効果的です。
普段顔に使っている洗顔料、化粧水、保湿液、乳液、美容液などを使ってハンドケアをしてみてください。
また、効果的なのはアイクリームを使う事です。
目元のシワやたるみを防ぐためのクリームは、手のしわやたるみにも効果抜群なんです。
週に一度の特別なお手入れとして取り入れるなどできたらいいですね。

まとめ

まだまだ顔ほど気にならない「手」の老化。
しかし今からお手入れをはじめることによって、数年後に差が出ることになるでしょう。
基本は顔のケアと同じですが、よりデリケートな部分でもあるので、毎日のケアを怠らないようにしましょう。
手の年齢を若く見せるのは大変ですが、他の人との差がでるのはズバリ手です。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です