スーツの泥はねの落とし方と
応急処置、予防の仕方をチェック

気合いを入れていつもより良いスーツを着たときに限って泥はねが!なんていう経験はありませんか。
これからの時期は特に雨も多く、外を歩くと必ずと言っていいほどスーツの裾がやられてしまいます。大事なアポイントがあるときなど、すぐに落としてしまいときもあるでしょう。
今回はそんなスーツへの泥はねの落とし方や予防法についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

スーツについた泥はねの落とし方

泥はねは、口紅やマヨネーズのような油溶性でなく、醤油やコーヒーなどの水溶性でもない「不溶性」という汚れの部類にあたります。
このタイプは溶けない汚れで実は非常に厄介なのです。基本的には水分を取りつつ、あとでじっくりしみ抜きをするのが自宅でもできる落とし方の方法です。

もしまだ泥はねがついたばかりの場合は洗濯用洗剤で洗い流すのが一番効果的です。この段階ならば指で洗っても十分に落ちるので、できる限り早急に対処しましょう。スーツを傷めてしまう心配もほとんどありません。

半乾きの状態であれば、乾くまで待ちましょう。完全に乾くまで待ってからの方が実は対処がしやすいのです。カラカラの状態になったら泥汚れをはらって落とします。爪ではじくように泥を落としたり、ブラシで優しくはらうのもOKです。
泥は水溶性ではないため最後まで粒状のままで繊維の間に残ってしまいます。大事なのは繊維からその泥粒を取り出すことです。
次に、シミができた布の下に乾いたタオルや木綿生地を置きます。歯ブラシに洗剤をつけて、上から叩きながら泥粒を下の生地に落とすようにします。柔らかい素材の場合は綿棒を使うといいですよ。
少しずつ下の布の位置を変えて、泥が目立たなくなるまで落としてください。汚れが目立たなくなったら、桶や洗面器のようなものに水をはり(できれば40℃前後のものがベターです)、その中で少しずつゆすぎます。周囲に広がったシミが残ることがあるので、その部分も丁寧に叩きましょう。

上記を試しても汚れが残ってしまったときは、洗濯用の固形石鹸を使って落としましょう。ドラッグストアで100円程度で購入できます。(ない場合は重曹と洗剤を1:1で混ぜたものでもOK)固形石鹸をこすりつけて水に浸けて置き、こすり洗いをします。固形石鹸のぬめりを利用して泥を落とすようにしてください。大抵の泥はねはこれで目立たなくなります。

大切なスーツをなるべく傷めたくない場合や、どうしても汚れが落ちない場合は早めにクリーニング店に相談することも大事ですが、スーツも消耗品ですし、ある程度の諦めも必要です。

スーツに泥はねがついたら応急処置をしよう

泥はねに気が付いたけど、これから大事な営業や会議、アポイントが!という場合はその場の応急処置を施しておくといいですよ。
泥はねができてしまった下にティッシュやタオルなどを敷き、洗剤やアルコールを含ませたタオルや歯ブラシでたたいて落とします。
あとは家に帰ってから乾かして上記の泥はね落としの方法を試してみてください。

スポンサーリンク

スーツの泥はね、こうやって予防

まず気を付けておきたい最重要ポイントは「靴」です。
サイズの合った靴が足にピッタリとフィットしていないと、地面を蹴ったときに靴が揺れ動いてしまい、泥がはねやすくなります。
靴と足の隙間が広ければ広いほど、泥はねのリスクは上がりますので、サイズの大きめの靴を履いている人は要注意です。

サイズが合っていても、靴の履き方によってそのフィット感は変わってきます。
靴を履くときは靴べらを使って、靴のかかとに足のかかとを合わせてから履きましょう。靴のかかとをトントンと数回地面に当ててください。この一手間をしてから、紐やベルトがついている場合は固定しましょう。こうすることで、歩いても必要以上に足指が動くことがなく、フィット感を高めることができます。
さらに、女性でパンプスを履く人は特に靴用のパッドが有効です。ヒールが高い場合は足が不安定になりがちですから、靴用パッドでしっかりと固定するといいですよ。パンプスの敷き革をはがし、かかと寄りに大きめのアーチ状のものを、外側に小さめのものを入れてみましょう。
かかとの前に引っ掛かりができるので、足が前にズレなくなります。

そして歩き方についてですが、泥はねしないように歩くには、足の裏全体を使います。足の一部だけで着地してしまうと、残りの部分に体重をかけていく過程で泥がはね上がってしまいます。足の裏全体でまっすぐに着地しましょう。
また、運動を目的とした歩幅を広くとって腕を振る歩き方は泥はねがしやすいです。
凍った地面を歩くイメージで、小股で地面を踏みしめるように足を上下に動かしてゆっくり歩くと泥はねはだいぶ軽減できます。

まとめ

大切なスーツに泥はねしてしまうと心配になりますが、きちんと対処すれば大抵きれいな状態に戻ります。
急な雨で予期せぬ泥はねが起こった場合でも焦らずに、すぐに対処できるならなるべく早く、できないようであれば乾くまで十分に待ってから汚れを落とすようにしましょう。
靴選びや歩き方にも気を付けて、大切なスーツを泥はねから守りましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です