梅雨の結露、原因と対策、
エアコンは冷房と除湿どちらを使うべき?

拭いても拭いても窓際にできる結露に悩まされていいませんか。
結露は放っておくと住まいの老朽化だけではなく、カビやダニの発生などにより私たちの健康にも関わってきます。
そんな結露ですが、換気設備の活用や暮らしの中の工夫で効果的に軽減することができます。
今回は夏に起きる結露の対策をご紹介します。

スポンサーリンク
  

梅雨の結露の原因はコイツ!

「結露」といえば、寒い冬に窓際に起こるイメージかもしれませんが、春から夏の季節の変わり目である梅雨にも発生します。

季節によって結露の原因は異なり、寒い冬場の結露は、温度が低くなることによって空気がたくわえられなくなった水分が窓際などにあふれ出てしまうのです。

梅雨時期の結露の原因は、閉めきった室内で行き場を失った水分です。
肌寒かったり急に暑くなったり、加えて連日の雨のせいで洗濯物は室内干し、さらに部屋の窓も閉めっきり。室内で蒸発した水分が空気中に含まれる量で収まらず、余ってしまうとその水分は窓際や壁や床の表面について、結露の原因となります。

結露は、内外温度差が大きければ大きい程、また湿度が高ければ高い程空気中の水蒸気量が増えるため生じやすくなります。
ちなみに、室温20℃、湿度60%、の場合、露点温度は12℃となるため、12℃を下回ると、結露が発生する事になります。

また、家の素材の中で、窓やサッシは熱損失(熱を逃がしやすいかどうか)が多く、熱を逃がしやすいため、暖かい空気は窓やサッシに向かいやすいのも結露になりやすい原因です。

梅雨の結露対策をしよう

結露を発生させないためには、上記で述べた結露の原因を作らないことであり、どこの家庭でもできる一番お金をかけない方法は「換気」です。
とにかく水分たちにどこかへ行ってもらいましょう。
家の中でも特に水分が発生する場所や家事を考えると、洗濯・料理・浴室、これら3つには特に注意を払いたいものです。

・洗濯
まずは洗濯物を干す場所についてですが、洗濯物の室内干しは、部屋でなく浴室にすることをおすすめします。
浴室に突っ張り棒を取り付けて、洗濯物をかけて換気扇を回します。浴室にも水分は溜まりやすく、24時間換気を行っている人も少なくないでしょう。ここで洗濯物も併せて乾燥させるのです。扇風機があれば洗濯物に風を送るようにすると早く乾きますし、除湿機を使うとさらに早く乾きます。

・料理
キッチンも水回りのひとつで水分がたまりがちです。調理の際に換気扇を心がけましょう。キッチンの窓と、そこに向い合せになる部屋の窓を約5~10cm開けておき、空気が流れるようにします。調理後1時間程度は空気が流れるように窓を開けておいたほうが良いでしょう。

・浴室
浴室は梅雨の時期でなくても換気が必要です。換気扇を回し、窓と扉を約5~10cm開けておくと空気が流れるため湿気が減ります。
勘違いされがちですが、窓や扉は全開にするとかえって対流が悪くなってしまいますので、開けるのは少しにしましょう。
残り湯をためておくと湿気の原因になるので、なるべく早く捨て、浴室を使い終わった後は冷水を全体にかけて冷やすようにすることで湿気を格段に減らすことができます。

スポンサーリンク

また、家庭でも簡単にできるさらなる対策として、水1リットル+食器用洗剤50ミリリットル(結露が激しい場合は100ミリリットルほど)を用意し、あらかじめきれいに水滴を拭き取った窓に(しっかり拭き取っておかないと効果があらわれにくくなります)この液体をタオルに浸して絞ったもので窓を拭く、という方法があります。
食器用の洗剤に含まれる「ノニオン界面活性剤」が水を弾いてくれるので、長期間持続するものではありませんが、効果は歴然です。
窓際の激しい結露に悩まされている人はぜひお試しください。

梅雨の結露、エアコンは冷房か除湿か

じめじめした時期はエアコンの「除湿」モードを使用する人も多いでしょう。この時期こそのモードだと積極的に利用する人もいる一方、「ドライよりも冷房の方が乾燥する」という人もいます。

結論としては、冷房とドライは機能的にほとんど同じです。
空気を冷やすときに湿気が取れる仕組みになっているので、冷房も除湿もエアコンの中でやっていることは同じなのです。

実はエアコンの除湿には2種類あり、使っているエアコンがどちらのタイプなのかは確認が必要です。
一般的なタイプのエアコンであれば、除湿はドライのことで、超弱冷房になりますが、新しいタイプのものや上位機種は、「再熱除湿」という機能の除湿になります。
こちらは超弱冷房ではなく、冷たい空気を設定温度に暖めて吐き出します。室温を下げることなく除湿が出来ますが、電気代などは余計にかかってしまいます。

ちなみに同じ条件で除湿量を比較すると、

冷房  :2.3kg/h
ドライ :1.1kg/h
再熱除湿:1.5kg/h

ドライは超弱冷房ということを考えると当然の結果なのかもしれませんが、ドライモードより、普通に冷房をかけるほうが圧倒的に除湿できるというのは驚きです。

さらに同条件でのコストの違いは、

冷房  :11.0円/h
ドライ : 4.1円/h
再熱除湿:14.9円/h

ドライは冷房に比べて半分以下の電気代となりますね。
ただし、除湿量を考えると、ドライのほうが若干お得ということになります。

まとめ

厄介な結露を防ぐには、じめじめした空気を部屋に溜めたいことに徹します。梅雨の晴れ間を見計らって窓を全開にして家全体に風を通したり、グッズや工夫で対策をしたりして部屋に湿気をためないようにしましょう。
嫌な空気とおさらばして梅雨でも快適に過ごせるといいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です