お中元は喪中の相手には失礼?
無難な贈り物とマナーとは

今年もお中元の時期がやってきました。
毎年何を贈ろうか悩む人も、贈るものは決まっているという人も、相手が喪中の場合はどうでしょうか。そもそもお中元を贈るって失礼にあたるのでは、と疑問に思う人もいるでしょう。

今回はお中元を贈りたい相手が「喪中」の場合のマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

お中元を喪中の相手へ贈るのは失礼?

お中元とは、年明けから中元までの半年間の感謝の気持ちを伝えるものです。
結論から言うと、喪中の方へお中元を贈るのは何の問題もありません。

代表的なものでは年賀状を遠慮するケースが多いと思いますが、年賀状には「新年を祝う」という意味も込められています。
喪中の際に遠慮するべきは「お祝いごと」なので、年賀状は遠慮するのが礼儀というわけですね。
よって感謝の気持ちを伝えるお中元は(お歳暮も)控える必要はありません。

お中元は「暑い夏が続いているけれども体調はいかがですか」などの季節の挨拶でもあるので、毎年お中元を贈っている相手へは喪中であっても例年のように贈りましょう。
人によっては、毎年贈っているのに、贈らない方が失礼だと思うようです。

ちなみに贈られる人と同様、贈る人が喪中の場合でも、お中元を贈ることに問題はありません。
受け取った場合は通常お中元を頂いたときと同じように、できるだけ早く「お礼状」を出すようにしましょう。

お中元、喪中でも無難な贈り物とは?

先述したように、通常通りお中元を贈ることに問題はありませんので、相手の人が好むもの、感謝の気持ちの伝わるものを選んで贈るようにしましょう。
それでも迷ってしまったら無難なところでハムや缶詰、コーヒーや食用油などの日持ちするものがおすすめです。

お中元、相手が喪中の場合のマナー

お中元は喪中の相手へ贈ってもOK、とご紹介しましたが、いくつかのポイントには注意する必要があります。
それは「贈る時期」と「のし紙」です。

お中元を喪中の時に贈る場合は、時期を考える必要があります。
喪中の相手には、四十九日が終わってから、お中元を贈るのが一般的なマナーです。
一方では、お中元は喪中とは関係ないので気にしなくてもいい、という人もいます。相手から直接こういったことを言われたり、よっぽど気心の知れたフランクな人でない限りは、四十九日を過ぎてから贈るようにしましょう。

悲しい気持ちで沈んでいるかもしれないし、経験がないとなかなか知ることはないかと思いますが、四十九日が過ぎるまでは遺族は大変忙しいのです。感謝の気持ちを伝えたり、相手に喜んでほしいと思って贈ったお中元がかえって負担を与えることになっては失礼ですよね。
相手の気持ちや状況を思いやると、四十九日後の方がベターです。

スポンサーリンク

お中元の時期がすれる場合、「残暑お見舞い」や「暑中お見舞い」として贈るようにしましょう。
喪中の家庭はお盆に御供も多くおくられます。特に人数の少ない家庭だと消費しきれずに大変なことになるかもしれません。
喪中の場合は四十九日以外でも、あえて時期をずらす事も配慮のひとつと言えますね。

そしてもうひとつ気を付けたいのが「のし紙」です。
通常、お中元を贈る際は紅白の蝶結びの水引きが入ったのし紙を、付けてますが、喪中の場合は紅白がふさわしくないので、水引きの付いたのし紙を使いません。
白い無地の奉書紙がいいでしょう。もしくは白い短冊に「御中元」と表書きをしたものを付けて贈るようにしましょう。
デパートやショッピングモールの店員さんに相手が喪中であることを伝えると正しくのし紙をつけてくれます。
時期をずらす場合には、「暑中お見舞い」や、「残暑お見舞い」にしてください。

もし相手が喪中であることを知らずに、通常通り紅白の水引きののし紙を付けて贈っても特に気にする必要はありません。
とんなときは電話や手紙で知らなかったことをお詫びすれば問題ありません。
もしくはそんなに遠方でなければ、お家に訪問してお線香をあげさせてもらうといいでしょう。ただし、訪問するのは相手にも負担をかける可能性があるので、相手の状況次第という点で注意が必要です。

まとめ

お中元やお歳暮は日本独自の風習で、「相手を良い関係をこれからも築いていきたい」という気持ちがよく表れています。
マナーやルールを守り、お互いが「贈って嬉しい」、「もらって嬉しい」と感じられるようにしたいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です