夏休みの自由研究、親はどう関わる?
小学生におすすめのテーマは?

夏休みの宿題で唯一何をするのか提示されていないものがあります。
そうです、「自由研究」です。自由に研究しろと言われても、何をどうしたらいいのか、特に小学校に入学したばかりの一年生は悩んでしまうかもしれません。親御さんも同じように頭を悩ませますよね。
今回は多くの先輩ママやパパも悩んできた子どもの自由研究について、上手く関わりながら興味を広げていくテーマをまとめました。

スポンサーリンク
  

夏休みの自由研究、親はどう関わる?

自由研究について、宿題は自分でやらないと意味がないので特段関わることもなく放っておくのが一番、とう人もいるでしょう。それはある意味正しいです。「何もしなくても親がやってくれる」ということを学ばせてしまっては困ります。ただし、全部自分でやらせればいい、というのは実は現実的ではありません。海や川の生き物について調べるなら、そこに連れて行ってやらなければいけないし、カッターやハサミを使う場合は危ないので側についている必要があるでしょう。特に一年生は文章を書く経験もまだまだ積まれていなくて自分の考えを言葉でまとめるのはかなり難しいはずですから、まとめ方や書き方もアドバイスが必要でしょう。算数の問題を解くのと同じで、自力で考えても分からないときは、どうしてもわからないものなのです。
ただし、子どもが自力でやれることには極力手を出してはいけません。やれないことを手伝う、アドバイスする、夏休みや冬休みの宿題はそういった普段とは違ったコミュニケーションをとれる場でもあります。実際、自由研究などの宿題が出なければ、親子でそんな経験を共にすることはありません。
念頭に置かなければいけないのは「誰の宿題なのか」ということです。リサーチやまとめに何日もかかって、苦労してやっとできた我が子の自由研究が、特に入選等をすることはなく、普通に持ち帰ってくることは当たり前です。それでいいのです。正直、表彰される作品のほとんどが「これ本当に子どもの作品?」というものばかりな気がします。そして低学年ほど、それが顕著です。しかし、親の方が必死になって手伝って賞をもらうより、賞なんかもらえなくても子どもが頑張って作り上げることのほうが何倍も意味があるのです。自由研究が「親の宿題」になってしまわないよう、極力は見守って上手にサポートをしてあげましょう。

夏休みの自由研究、小学生におすすめのもの

「おすすめのもの」と書くと具体例を挙げなければいけないところですが、ここはやはり子どもの興味の持っているものをピックアップしたいところです。まずは子どもに考えてもらいましょう。単純に「○○ちゃんの好きなことって?」これでOKです。そこから深掘りしていきましょう。でも好きなことを聞いてもゲームやアニメの名前が挙がってきて・・・という場合でも大丈夫です。ではそのゲームをお母さんやお父さんにも面白いと思ってもらうにはどう宣伝するか、好きなアニメの放送時間に流れるCMはどんなものが多いのか、それはなぜか、こんなふうに切り口はいくらでもあるのです。「どうせゲームやアニメしか興味がないから」と親の方が入口を閉ざしてしまうのはNGです。イラストや文章と一緒にその子の「○○が好きでたまらない」という気持ちのあふれた自由研究ほど素晴らしいものはありません。好きなことや興味のあることに対して、子どもはいくらでも夢中になって取り組めます。その「好き」や「興味」を十分に尊重しましょう。「なぜ?」を突き詰めて一生懸命調べたり、仮説を立ててみたり、本人が興味を持っていないと作ることができないものを作り上げることができたとき、本人の気持ちはとても達成感で満たされるでしょう。
好きなことや興味のあることを聞いても悩んでしまって答えられなかったり、分からない、そんなものない、という返事がきた場合はもう少し細かく考えてみましょう。「好きな授業は?」「学校で流行っていることは?」など、こんなところから攻めてみるのもいいでしょうし、お母さんの作った料理で一番好きなものを真似したり、自分なりにアレンジしてもっと美味しくしてみる、なんていうのも面白いですね。
「なぜそのテーマを選んだのか」ということをメモしておくと、最後にまとめやレポートを書くときにスムーズになるのでわすれずに書き留めておきましょう。

スポンサーリンク

夏休みの自由研究のテーマに悩んだら

どうしてもテーマが決まらなかったり、子どものやる気がイマイチという場合は、ぜひ一緒に外に出てみましょう。
まずは近隣の社会科見学やワークショップを利用するのがいいですよ。企業や工場の社会科見学や科学館・博物館・大学などが主催する体験型のワークショップの情報をチェックしてみてください。申し込みが必要で定員が決まっているものもあるので、できれば夏休み前にあらかじめ情報を持っておくといいですよ。「体験を伴う学び」は、子どもの記憶に残るので、好きなことが他にある子でも、新たな発見から何か興味を持つきっかけになるかもしれません。
このようなイベントで配られるパンフレットを参考にして、自分なりに要約したりレイアウトを真似したりすれば、自由研究をまとめやすくもなります。パンフレットには、当日の体験・見学の流れやポイントなどが、子どもにわかりやすい言葉で記載されています。メモや筆記用具、デジカメを持参してぜひ参加してみましょう。
書店の工作、自由研究コーナーの書籍や実験キットを活用するのもいいでしょう。夏休みになると、多くの書店では宿題に役立つ工作や自由研究の書籍・図鑑のコーナーができます。綺麗な写真や図が分かりやすく載っているものがほとんどなので、ここでも新たな興味を引きだすことができるかもしれません。お子さんと一緒に足を運んで、手に取ってみてください。

まとめ

夏休みに親のできる最大のサポートは、宿題の内容を把握し、完成に必要なアドバイスをしてあげることです。学校側は宿題に「完璧」を求めているのではありません。立派でなくても、子どもが「自分でやり切った!」という達成感を持てるよう、時に一緒になってやったり、時に尻を叩いたりもしてやらせてあげてください。自分の力じゃないんだけど、というマイナスの自覚が出る要因は、極力減らし、親子にとって意味のある夏休みの宿題になるといいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です