お中元の時期って地域によって違うの?
関東、関西では?

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるためのお中元。皆さんはお中元を贈る時期について考えたことはあるでしょうか。いつ贈るのが正しいのか、また最低限のマナーも理解しておきたいところですが、実はお中元を贈る時期というのは地域によって異なるのをご存知でしたか。しっかりとチェックしてタイミングを間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク
  

お中元の時期は地域によって異なる!

お中元は原則としてお盆行事の時期に合わせてお贈りするものです。日本では大別して関東方面と関西方面でお盆の時期が異なります。一般的に関東では7月13日から7月16日(新のお盆)、関西では8月13日から8月16日(月遅れのお盆)を指すことが多いです。関東以外のほとんどの地域では、関西と同じ月遅れのお盆が一般的で、世間で「お盆休み」と呼ばれる時期は8月13日から16日を指し、テレビやニュースでもそのように流れていますね。どちらも13日は迎え日(盆入り)16日は送り日(盆明け)と言います。
また、お中元はお盆の時期のご挨拶として、日ごろからお世話になっている方々に、お贈りしたお中元で、「暑い夏を乗り切ってください」という意味も含まれています。

お中元の時期~関東~

関東地方は7月13日~7月15日にお盆行事を行いますので、この時期に間に合うようにお中元をお贈りしましょう。7月初旬~7月10日までにお贈りできるといいでしょう。遅くとも7月15日までに届くよう手配してください。7月16日以降はお中元ではなく残暑見舞い扱いになりますよ。近年では東京や神奈川を中心にお中元の時期が早まってきています。関東ではお中元の期間が短いこともあり、中には6月から贈りはじめる人もいます。昔はお中元の品を直接持参して相手の家に行くのがマナーとされていたのですが、現在はデパートやネットから選んで配送するのが一般的です。約2週間という短い期間にお中元の配送が集中してしまい、配送が大変混み合うため、それによる遅れが発生することがあります。そんな事態を避けるために早めに配送する人が増えてきているようです。

お中元の時期~関西~

関西地方は8月13日~8月15日にお盆行事を行います。この時期に間に合うようにお中元をお贈りすればOKです。7月15日~8月15日までが一般的で関東よりも期間が長いのが特徴です。8月16日以降は残暑見舞いとなります。関西地方もお中元の時期が早い関東の影響を強く受けているため、贈る時期が近年では早くなってきています。うっかりしていて9月に入ってから残暑見舞いを贈る手配をすると、先方に届くのが遅いと思われる可能性があります。どうしても8月15日までにお中元を贈ることができない場合は、8月25日ごろまでに残暑お見舞いが届くよう手配しましょう。
その他地域別に見てみると、

スポンサーリンク

北海道地区 :7月15日~8月15日ぐらいまで

東北地区  :7月15日~8月15日ぐらいまで

北陸地方  :7月15日~8月15日ぐらいまで
(金沢などの都市部は7月1日~15日ぐらい)

東海地区  :7月15日~8月15日ぐらい

中国地区  :7月15日~8月15日ぐらい

四国地区  :7月15日~8月15日ぐらい

九州沖縄地区:7月15日~8月15日ぐらい

場所によってお中元の贈る時期が違ってきますが、近年の傾向としてはどこも年々早まっています。東京中心になりがちなご時世は、お中元の時期も東京に合わせてくるのかどこの地域も少しずつ早まっていく傾向のようです。6月後半にはデパートやショッピングモールにお中元の催事コーナーができるのでそれに合わせて贈る人が増えてきています。
もし迷ったり分からないという場合は、7月15日に届くように手配すると心配ないですよ。

まとめ

いかがでしたか。このようにお中元を贈る時期には地域差があるので、贈る相手の地域や時期を確認して、それに合わせて贈るようにしましょう。送り状や相手の好みの品物や失礼のない金額のものを贈るなど、相手に対する気遣いも忘れずにできるといいですね。マナーにそった贈り物をして、今後も良い関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です