浴衣の汗対策、
汗染みやメイク崩れにはこう対処しよう

イベントが盛りだくさんの夏!夏祭りや花火大会って大人になってもとてもわくわくします。そんなときに是非とも着て行きたいのが「浴衣」。夏の風物詩のひとつですね。とても風情があって女性らしさが感じられる浴衣ですが、なんせ暑いです。当然のことながら汗をかくし蒸れます。今回はせっかくのデートでも汗に悩まされないよう、浴衣を着たときの「汗対策」をご紹介します。

スポンサーリンク
  

浴衣の汗対策

まずは浴衣の着方の段階から注意しましょう。なるべく涼しく着たいので着込むのは絶対嫌!という考えは捨ててください。浴衣一枚で着るのが理想的ではなく、中に身に付けるものによって着た後快適に過ごせるかどうかが変わってきますし、着くずれもしにくいのです。

・下着は少しきつめ、胸を締め付けるように
胸を締め付けて汗の通り道を防ぎ、首や顔に汗をかきにくくする「半側発汗」という皮膚圧反射を利用して汗を一時的に抑えます。舞妓さんもしている方法で有効的ですが、締め付けすぎはNGです。食べるのもしんどくなってしまうので「少しきついな」ぐらいでOKです。

・裾除け、ステテコの利用
おっさんのイメージのステテコですが、昨今では若い人でもオシャレアイテムとして取り入れがちなソレを活用しましょう。浴衣下だったり、裾除けだと汗で布が体に張り付いてかえって不快です。ステテコや裾除けが肌への密着も防げて汗取りにも効果的です。素材のオススメは麻ですが、綿でも十分に吸収してくれるので問題ありません。

・肌襦袢の利用
一般的な和装用の肌着でご存知の方も多いと思います。綿100%で、吸収性も優れていて汗も汗染みも防げますよ。ネットでも簡単に購入できますが、浴衣の出番が頻繁でない場合は通気性の良いサラサラの肌着(ユニクロやGU、イオンなどに売っています)でもいいでしょう。普段使いもできるしこれなら買って損はないはずです。

・ウエストにタオル
浴衣や着物は本来寸胴に着るものなのでウエストの細さは心配ご無用。タオルを巻くことによって汗を吸収してくれるだけではなく、浴衣を着たときのスタイルがとても綺麗に見えます。紐で結んでずり落ちないようにします。襟元をなるべく開けて首回りが涼しくなるようにするのがポイントです。

グッズも上手に活用しましょう。制汗スプレーや冷感スプレーをふりかけてみてください。涼しく感じますし、汗も抑えてくれます。肌着を身に付けた後、浴衣を着る前がおすすめです。それなら直接肌にも当たらないし、敏感肌の人でも安心です。
扇子やうちわは暑さ対策+浴衣のアクセントになもなり、夏らしさも感じられて素晴らしいアイテムです。あおぐのは「首筋」がいいですよ。皮膚のすぐ下の動脈を効果的に冷やすことができます。かさばらないので是非持っていきましょう。それに加えて保冷剤も。できれば「脇の下」や「足の付け根」を冷やしたいのですが、外出先だと難しいので浴衣を着る前に実践してみてください。お手洗いなどでこっそり冷やせるチャンスがあるかもしれないので、持って行って損はないでしょう。
その他にもボディ用の冷却シートや汗ふきシートの活用も効果的です。
これらの方法でだいぶ汗を押さえることができるので、あとはなるべく日が沈んで暗くなってから外出しましょう。日差しの中浴衣で歩くのは正直かなりきついです。日が沈んできてから外出し、なるべく日陰を歩きましょうね。

スポンサーリンク

浴衣を着て汗をかいたときの汗染みが目立たないように

いくら汗対策をしていても、人間生きていれば汗をかくものです。汗をかいてしまったときのために、こちらも事前に対策をしておきましょう。まずは肌着はキャミソールタイプではなく、薄手のシャツタイプを選んで脇汗を目立たなくしましょう。シャツが首の後ろからはみ出ていると格好悪いので、首元が大きく開いたタイプがおすすめです。シャツや肌襦袢を着用する前にベビーパウダーを塗るのもいいでしょう。
また、浴衣選びも汗をかいたときに目立たないタイプのなるべく濃い色のものを選ぶのがいいですよ。

浴衣を着て汗でメイクが落ちないように

汗による悩みの種、化粧崩れ。幸い浴衣を着るイベントは花火大会や夏祭りなど、夕方以降に行われることが多いので、暗くなってからで化粧崩れが目立ちにくいです。ですがせっかくなのでもちろん綺麗に保ちたいですよね。そのコツは、「丁寧に」メイクすることです。浴衣も着て髪型もセットして、と慌ただしくなる中、メイクに対しても普段よりも時間を確保しておくことをおすすめします。いつもと同じことでも、丁寧にすると本当に崩れにくくなります。
ポイントは、

・化粧水をつけてしっかりお肌を冷やし、潤いもキープ
普段の化粧水をいつもよりお肌にしっかりとなじませます。その後にパックをしてからメイクをするのが理想的ですが、ちゃんと肌に吸収していないと反って化粧ノリが悪くなってしまうので注意しましょう。

・下地をつけすぎない
念入りにべたべたと下地をつけるのはNGです。やりすぎは後々皮脂が浮き出て目立ってくる可能性があるので控えましょう。

・コンシーラーやファンデはスポンジやティッシュでオフ
サラっとしあげるためにティッシュなどで軽くおさえるようにしましょう。見た目の印象も爽やかです。

あとは普段通りメイクをしましょう。薄めの方が崩れにくく、浴衣にもマッチしますよ。
ティッシュは持ち物に入っているはずなので、汗をかいたりして崩れがきになるときは軽くおさえてください。口元は軽くリップを塗る程度でいいでしょう。屋台で色々食べたりするときに気にならないのであまり気合を入れて塗りすぎないようにしましょう。

まとめ

何に数回しか着ない浴衣だからこそ、思わぬトラブルに四苦八苦してしまいがちです。せっかくはりきって浴衣を着て行ったのに、汗と蒸れで台無し、なんてことにならないよう、汗対策をしっかりとしてイベントを大いに楽しみましょう。ポイントやお役立ちグッズを活用すれば、少しでも涼しく、快適に浴衣を着られますよ。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です