紫外線の目への影響と
日焼けとの関係、保護する方法とは?

暑い季節の大敵と言えば紫外線。特に女性は気にする人も多いでしょう。肌にファンデーションや日焼け止めを塗るのは当たり前となった昨今ですが、紫外線は「目」からも吸収されてしまいます。暑い夏場、気付いたら目が充血していた、なんてことはありませんか。紫外線によって私たちの目はどのようなダメージを受けているのでしょうか。また、紫外線をどのようにブロックすれば良いのでしょう。その方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

紫外線の目への影響とは?

紫外線が肌だけではなく、目にも悪影響を与えるというイメージを持っている人は多いでしょう。目は入ってくる光を感知して脳に伝える大切な働きをしています。他の臓器と違う点は、唯一外部にさらされているため、重要な役割を果たしながら、直接的なダメージを受けやすいということです。ですから、余計に日光や紫外線のダメージを受けそうな印象ですが、通勤通学、買い物などの日常生活で浴びる多少の紫外線は、目の機能に与える影響は少ないと言われています。目には水晶体というレンズの役割をするものがあり、その水晶体が紫外線の侵入を防ぐ働きをしてくれているのです。よって紫外線が目に悪影響を与えるのは、長時間紫外線の強い日に登山や海水浴、屋外でのプールやレジャーなどで強い紫外線を浴び続けたときです。紫外線を防ぐ水晶体にも限度があります。その限度を超えた紫外線はすべて目の中に入ってきてしまうというわけです。
蓄積されたダメージは、眼病を引き起こし、目の老化を促進させる原因となります。
主な眼病は下記のとおりです。

・白内障(はくないしょう)
水晶体のたんぱく質が変性し、しだいに濁ってくる目の病気ですが、その濁りの原因のひとつに紫外線が影響していると考えられています。

・角膜炎(かくまくえん)
光がまぶしくて、目の痛みを感じるなどの症状があります。視力障害を引き起こす原因になります。

・翼状片(よくじょうへん)
白目の細胞が異常に増殖し、黒目にくいこむことによって起こる目の病気です。乱視や視力低下をひき起こします。

・瞼裂班(けんれつはん)
白目の一部がシミのように黄色く濁って、盛り上がったようになります。ドライアイの原因となる疾患です。

白内障や角膜炎は有名な眼病ですね。その他にも長い時間、日差しを浴びることによって目が赤くなったり、痛くなったりするのは、紫外線による炎症が起きているのだと考えられます。これらも含め、私たちは視力の低下などさまざまな影響を紫外線から受けます。紫外線が蓄積されていくことにより目の病気の発症確率が高くなっていきます。

紫外線は目からでも日焼けする?

直接肌から影響を受けなくても、目から紫外線の影響を受けると肌の日焼けにつながるのは事実です。水晶体が紫外線を防ぐ限度を超えてしまうと角膜に影響を受けてしまい、脳下垂体に情報が伝達され防衛反応としてメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうからです。つまり目が紫外線を吸収すると、脳にメラニンを作るよう指令を出し、結果メラニンの生産が増えてしまうのです。これによって肌老化も進んでしまいます。ですから紫外線を直接肌に受けた箇所じゃなくても、日焼け止めを塗っていても、目が日焼けをしてしまうと、日焼けを起こすと考えられています。では目を閉じていればいいかというと、紫外線は、まぶたを閉じていても、まぶたを通過して水晶体に悪影響があると考えられているので注意が必要です。

スポンサーリンク

紫外線から目を保護するには?

先述したような病気や紫外線からのダメージを予防するために、紫外線が目に入ることを防ぐことを心掛けましょう。
UVカットされたメガネやサングラスがまず思い浮かぶでしょうが、それが一番の対策になります。サングラスやメガネを選ぶ際はUVカットのできるものを選びましょう。コンタクトレンズも同様に紫外線対策を施したものがありますので利用してみるのもいいでしょう。人間の瞳は、色の濃さに比例して瞳孔が開きます。なるべく濃い黒っぽいものが効果が高そうなかんじがしますが、色が濃いものを使用すると、より多くの紫外線が瞳に侵入することがありますので、色は薄いものを選ぶのがベターです。最近では透明レンズでもUVカットされたレンズが使用されているものも多いですよ。UVカット加工されていれば、それでも十分に紫外線から目を守ることができます。そしてサングラスやメガネは、正面からの紫外線には有効ですが、側面から入りこむ紫外線は防ぎきれません。このことを考慮して、なるべくレンズの大きい目を覆う部分の広いものを選びましょう。サングラスと肌とのすき間から入った紫外線は角膜周辺で屈折し、集中することでより大きなダメージを瞳に与えてしまう可能性もあるのでなるべくピッタリとガードできるものがいいですよ。
その他にはUVカットの帽子(つばが7cmのもの)や日傘で対策をしたり、ビタミンCが多く含まれる食材を摂取して予防を心掛けてみましょう。
こうやってみると紫外線をなんとしてもブロックしなくてはいけない印象を受けますが、実は紫外線は私たち人間にとって必要不可欠なもでもあるのです。紫外線の長所として、ビタミンDを活性化させ、カルシウムの吸収を促す作用があります。浴びすぎたり、蓄積されることによって悪い影響が出てくるので、適度な日光浴は大事なのです。夏場なら木陰で30分ほど、冬場なら太陽を浴びながら1時間ぐらいウォーキングなどをするのが理想的です。
もし日光を長い時間目に紫外線を浴びてしまったら、目を洗って紫外線用の目薬をさすのがいいでしょう。

まとめ

地上へ降り注ぐ紫外線量は年々増える一方です。それに伴って、紫外線対策の出来るグッズもどんどん性能が上がっていきています。紫外線の強いこの季節、紫外線から目を守ることは、自分の体を守ることにもつながります。晴れの日以外でも油断せず、優秀なグッズを使って賢く紫外線対策をしましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です