桂自衛隊の桜祭りイベントは
子連れでも楽しい!アクセスも◎

陸自桂駐屯地桜並木一般公開2017が今年も近づいてきました。京都の桂にある自衛隊駐屯地の桜祭りで、毎年大勢の人で賑わいます。もちろん入場は無料です。自衛隊基地は、不便な場所にあることも多いのですが、ここ桂駐屯地は比較的アクセスも良く、京都駅からも近くにありますので、小さなお子さんのいるファミリーにもおすすめです。子どもの楽しめるイベントもあるので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  

桂自衛隊(駐屯地)の桜祭りイベント

毎年恒例の京都桂自衛隊駐屯地桜祭りが今年も間近に迫ってきました。本年度、平成29年は4月1日(土)・2日(日)に行われます。いずれも10:00~16:00の間出入りが自由で、一日中遊ぶことができます。桂自衛隊駐屯基地内は関西屈指の広さを誇ります。駐屯部隊には「第103不発弾処理隊」があり、不発弾処理などを通じた民生協力も行っています。
年に3回一般開放される桂の自衛隊駐屯基地ですが、(他2回は駐屯地納涼夏祭り&駐屯地創立記念行事)この桜祭りは特に地元や近隣の人たちには人気が高く、毎年大勢の人が訪れます。多くの桜の名所があることで有名な京都ですが、桂の駐屯地の桜も実はとっても見事で隠れスポットとして超超超オススメです。大勢の人が訪れると言っても混み合って歩くのもやっと、というわけでは決してなく、普通に座ってお花見が楽しめます。桂駐屯地は正門から約400m、直線の広い道路が続いており、その両脇に桜並木がずらりと並んでいます。一歩入った瞬間から美しい桜に囲まれた道を歩くことができるのが嬉しいです。駐屯地内に約400本の桜が植わっており、訪れた人々を魅了しています。大きな柳の木もあり趣がありますよ。すぐ近くを阪急電車が走っていますが、桜と阪急電車の組み合わせは実に見事です。
野外売店、資料館解放、音楽隊の演奏、近隣の高校の吹奏楽部による演奏、ちびっ子広場など、大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさんです。
駐屯地軽音楽部のミニコンサートでは、秘かに人気の高い本気のLIVEが刺激的ですよ。完成度の高さに釘付けになる人続出です。○○軍曹~、という紹介も自衛隊ならでは。

桂自衛隊(駐屯地)桜祭りに子連れで行ってみよう

桂自衛隊駐屯地の桜祭りは子連れのファミリーにもとてもおすすめです。このイベントは桜がメインで、他の自衛隊のイベントに比べると「軍」という感じが出ていません。(分かりにくい説明で申し訳ないのですが・・・)桂の駐屯地ならではの広々とした芝でおもいっきり走り回ることもでき、子どもたちが元気に遊ぶ姿が微笑ましいです。展示はあまりなく、外に戦車が二台と、室内に歴史の資料があるくらいです。(例年の話ですが)
ちなみに戦車は撮影可能で74式戦車は正確・迅速な射撃の他に潜水渡歩もできる軍オタにはたまらないものです。スタンプラリーも例年行われ、ゆるキャラ的なものもいるので一緒に写真を撮ることもできますよ。屋台もたくさん出ていて、唐揚げややきそばなど、子どもの喜ぶメニューもたくさんあります。まだ少し肌寒い季節なので豚汁が好評でおすすめです。
屋台で好きなものを買って桜の木の下で食べるのももちろんいいでしょうし、お弁当を作って持って来るのもピクニック気分が味わえて子どもも喜んでくれるでしょう。美味しいご飯の後はのびのびと芝の上で遊びましょう。京都サンガの選手が来てサッカー教室を開いてくれるので是非参加してみましょう。長縄やバトミントン、ボールなどを持って来て遊ぶ子の姿もたくさん見かけます。

スポンサーリンク

桂自衛隊(駐屯地)桜祭りへのアクセス

桂駐屯地はアクセスしやすいのも子連れファミリーにおすすめの理由です。場所は京都市西京区川島六ノ坪/陸上自衛隊 桂駐屯地、京都の阪急本線の洛西口(らくさいぐち)駅からは徒歩5分です。普通か準急のみが停車する駅ですが、本数は多いです。駅を降りてからの道も平たんで真っ直ぐ道なりに歩けばいいだけなので楽ちんです。
京都駅などからJRを利用する場合は東海道線のJR桂川駅で下車してください。普通か快速が停車します。こちらは駅から駐屯地が見えるのですが、徒歩10分ほど歩くことになります。阪急の洛西口駅と反対方向から歩いて来ることになります。同じく平たんで真っ直ぐな道なのでとても分かりやすいです。
駐屯地の向かいには桂川イオンがあるので買い物や休憩にもうってつけです。JR桂川駅から直結なので、JRでお越しの人は雨にも濡れずに買い物をして帰ることができますよ。3階のキッズスペースも充実しているので週末は子連れのファミリーでとても賑わっています。

まとめ

いかがでしょうか。桜の穴場スポットとしてもそうですし、子連れにおすすめのイベントスポットとしても楽しめます。もちろん自衛隊の駐屯地ならではの雰囲気やパンフレットに載っていない売店なども普段は見たり触れたいする機会がないので大人の方も十分に満喫できること間違いなしですよ。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です