赤ちゃんの卒乳児期って?
進め方と寝かし方は?

授乳の時間は赤ちゃんにとってもお母さんにとってもとても幸せな時間です。でもいつまでもおっぱいを吸っているわけにはいきませんね。もちろん、無理にやめる必要はまったくありませんが、我が子もだんだんと重たくなってきて、赤ちゃんというよりももう立派な子ども・・・だんだんとおっぱいから離れていくよう促したいけれど、卒乳の適切なタイミングや進め方のコツはあるのでしょうか。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの卒乳の時期はいつが適切?

最近では、赤ちゃんから無理矢理おっぱいを取り上げてしまう「断乳」よりも、おっぱいから自然に離れていく「卒乳」を目指したいというママが増えています。でも、特に一人目の子の場合、そんなこと可能なの?と思われるママも多いです。
現在の赤ちゃんの生活リズムや離乳食の進み具合を見て、ある程度は計画を立てて行ってあげられるのがいいでしょう。
目安としては、1日3食離乳食に移行しているかどうかです。栄養のほとんどを食べ物から摂取できていれば、授乳の回数もそう多くないはずです。母乳の分泌も減っているでしょうから、卒乳してもおっぱいのトラブルは起こりにくいと考えられます。
それでもなかなかやめられない、というママは、赤ちゃんではなく、ママの方がおっぱいをあげるのをやめられないということはありませんか。少しでもおっぱいを欲しそうにすると与えてしまっていてはずるずると卒乳が遅れてしまいます。もちろんおっぱいをあげることにはたくさんのメリットがあるのですが、授乳以外にも、マッサージやハグ、一緒に遊んであげるなどのスキンシップをとることは可能です。卒乳は赤ちゃんの成長を見直すきっかけにもなります。いつまでにしなければいけない、とは決まっていないので、母子ともにおっぱいを満喫して卒乳を迎られるのが理想的です。
離乳食以外の目安としては、水分がコップやストローで飲めること、赤ちゃんもママもなんとなく心の準備ができていること、授乳以外にもたくさんスキンシップができること、などです。また、ママが授乳をすることにかんしてストレスを感じていたり、辛いと思っているならそれもサインになります。
世間の先輩ママたちの意見では「夜中に何度も起きるのが辛い」「職場復帰を機に」「子どもが自然と離れていった」「2人目が欲しいのに生理がこないから」「乳首を噛まれて痛い」「夜中の添い乳での虫歯が心配だから」などさまざまな意見があります。卒乳を目指すタイミングはみんないろいろあるのですね。

赤ちゃんの卒乳の進め方

実は現在筆者も1歳3ヶ月の子の卒乳を促しています。保育園にすぐに行かせる予定もなく、WHOの推奨では2歳までは母乳育児をするのが理想的だとのことなので、まったく焦ってはいませんでした。しかし、子どもがご飯をよく食べるようになってきたことや、自分の気持ちの問題、虫歯の心配などを考慮して、現在は夜の入浴後、寝る前のリラックスタイムのみの一日一回となりました。少し寂しい気もしますが、母子ともに授乳がより特別なものになり、子どもも一日の終わりにおっぱいを飲んで安心して眠ってくれるので結果的に良かったなと思っています。
卒乳のプランを立てておくと、母子ともにストレスをほとんど感じることなく卒乳できるはずです。

1.ママと赤ちゃんの卒乳のタイミングを考える

できればパパやおばあちゃんが協力してくれる日を選びましょう。家族にもしっかり意識をしてもらってみんながストレスなく進められるのがいいですね。予備日もつくっておくといいでしょう。

2.1回の授乳時間を短く

片方10分あげていたのなら8分→5分など、これを数日続けてみましょう。赤ちゃんの飲む量が減り、ママの分泌量も減らすことができます。時間をかけてごくごく飲んでいる状態ならなおさらこれを意識しないとおっぱいがパンパンにはってしまいます。

スポンサーリンク

3.1日の授乳回数を減らす

時間を短くするのがクリアできたら回数も減らします。これはママ友の間でも意見が分かれますが、日中の回数を減らすのが先か、夜の回数を減らすのが先かはママが赤ちゃんや家族と相談してできそうな方からスタートしてみましょう。日中なら欲しがったらおやつやお茶、散歩などで気分転換を。これを1週間、続けます。夜間の場合はひたすらトントンしてあげたり、必要あらば抱っこして寝かしつけを頑張るというママが多いです。

4.フェードアウト作戦

ここまでできた「もう泣いても飲ませない」と覚悟して強行突破するケースもありますが、回数を朝・昼・夜の1回ずつ→朝・夜の2回→夜寝る前の1回(筆者は現在ここです)と自然となくしていけるといいでしょう。

無事に卒乳を迎えたら、ママはしっかりその後のおっぱいケアをしてあげてください。少しずつ減らしていったのでそんなに負担はないはずですが、必要あらば搾乳をしたりマッサージをしたりするといいですよ。

赤ちゃんは卒乳後どう寝かしつける?

さて、うまく卒乳ができたり、授乳回数がだいぶ減ったというママたちはその後の寝かしつけは一体どうしているのでしょうか。絶対添い乳じゃなきゃ寝ないのに、どうやって寝かしつけたら・・・と筆者も疑問に思っていました。これにも卒乳を決めたきっかけ同様、それぞれの家庭に十人十色の意見とやり方があります。
先輩ママの意見では、「手を握って」「お腹やおっぱいを触りながら」「寝室を暗くして子守唄を歌う」「ひたすらトントン」などが多く挙がります。うちの子は、入浴後におっぱいをして、相当疲れていたらそのまま寝てしまいますが、大抵本を読んだり少しおもちゃで遊んだりして、その後は勝手に布団に入ってきて寝てしまいます。あんなにおっぱいおっぱいだったのに、と驚きましたが、案外こんなもんか、と少し寂しくも、成長したんだな、と思うようにしています。

まとめ

いかがでしょうか。おっぱい星人の赤ちゃんを持つママは特に「うちの子がおっぱいをやめられる日なんて来るのだろうか」と思うかもしれませんが、先輩ママの意見を参考にしたり、自分と赤ちゃんのタイミングを見ながら無理なく卒乳を進められるといいですね。卒乳までには母子ともに授乳タイムを大いに楽しんでください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です