布団のカビの健康被害、
梅雨の時期は対策をしっかりと!

じめじめした梅雨の時期がやってきました。毎日使う寝具をカラっと乾かしたくてもなかなかタイミングが難しいですよね。暑くなってきて汗をかくと、カビの原因にもなりかねません。もしカビてしまうと、私たちの身体への影響はあるのでしょうか。また、カビを防ぐコツとは?その対策方法についてもまとめました。

スポンサーリンク
  

布団のカビが健康に及ぼす被害

カビが原因となって起こる病気は数多くあります。
代表的なものは
・白癬(水虫)
足に生じるものが一般的と思われていますが、爪や手、股、顔面など、他の部位にも起こる場合があります。ごくまれに、皮膚の中に入り込んで内臓の症状を起こすこともあります。

・過敏性肺炎
塵やホコリにまぎれているカビによって起こり、いくつかの種類があります。発熱や咳などの症状に加え、呼吸困難が起こる場合があります。夏型過敏性肺炎、農夫肺、換気装置肺炎などが挙げられます。

・気管支喘息
気管支喘息の原因は様々ですが、アルテルナリアという黒色真菌が原因となる場合があります。
水回りなど湿気の多い場所、壁の塗装面にも見られます。酷くなると座らないと息ができなくなるくらい苦しくなります。

・アレルギー性鼻炎
これもまた原因は様々ですが、アルテルナリアが関係していると言われています。くしゃみや鼻水、鼻づまりが主な症状です。

その他肺アスペルギルス症、クリプトコッカス症、食中毒や発がん性物質を含むものまであります。皮膚の病気やカンジダ感染症の恐れもありますので決して油断できません。喘息やアレルギーは特に小さなお子さんにも心配される疾患ですので、やはり原因となるカビの増殖はできるだけ避けたいものですね。

布団のカビ、梅雨の時期は要注意

カビは、発生するために栄養分・酸素・温度・水分・時間を要しますが、梅雨のジメジメした時期は、一年の中でも一番増殖する時期なのです。非常に様々な物質を栄養源とする上、少しの酸素があればよく、人が快適な温度を好み、湿気がある場所と増殖できる時間があれば、あっという間に発生してしまうのです。筆者も梅雨の時期に布団を2日間しきっぱなしにしていたことがありますが、それだけで目に見えるカビが繁殖し、広がってしまいました。
ダニが大好きな環境は、温度が20~30度で湿度が60~80%のところです。まさに梅雨の季節が大好き、というわけですね。

スポンサーリンク

布団のカビ対策について

カビの生命力は恐ろしく、どんな場所でも「温度・湿度・酸素・栄養」の条件が揃えば繁殖します。毎日家中掃除して家の中をピカピカに保てればいいですが、現実的には無理な場合がほとんどでしょう。しかし、私たちに調整できる「温度・湿度・栄養」をコントロールすることで、カビの繁殖を極力抑えることは可能です。
まず誰でもできてカビの繁殖を劇的に抑えられる方法は「換気」です。風通しを良くすることを心掛けましょう。朝起きたらまずは換気、という習慣づけができるといいですね。押入れやクローゼットは閉めきりにせず、家にお客さんが来ないときはちょっとでも開けて通気をすることで湿気を逃がすことができます。もちろんこまめな掃除も意識したいところです。ホコリが溜まっていませんか。掃除をしてカビが喜ぶ栄養を家の中に放置しないことで繁殖を防ぎましょう。
忙しくてなかなか掃除が行き届かないという人は水回りの浴室、特に排水溝や洗面器などを置いてあるところ、トイレの便器周辺、キッチンシンクの周辺だけでも注意して水を溜めないよう心掛けましょう。使わない期間の長いエアコンやカーテン、干さない布団が入っているような押入れも要注意です。掃除を忘れがちなベッドの下や家具の裏も梅雨の間だけでも掃除できるのが理想的です。寝室は特に要注意で、寝るだけの場所だからと言って油断できません。窓を開ける機会が少なかったり、閉め切ったままの状態だとカビたちは大喜び。睡眠時間は一日の1/3とも言われていますので、やはり気を付けたいところです。
さらに、温度と湿度を常にチェックできる温度計、湿度計を常備しましょう。室温や湿度が高かったら、エアコンや除湿器で下げるといった工夫が必要です。湿度50%で、どの微生物も繁殖しづらくなります。
それ以外にもさまざまな工夫が考えられますが、以下に挙げてみましたので、家庭で実践できそうなものは積極的に取り入れてみてください。

・布団は晴れた日に干す
・布団はあげてしまう
・スノコを敷いて空気の通りを良くする
・ベッドの下には何も置かない
・入浴後はすぐに換気
・湯銭にお湯を残すときは蓋をする
・濡れた傘を家の中に持ち込まない
・濡れた洋服はすぐに洗濯する
・洗濯層は洗濯層クリーナーでシーズンごとに掃除

まとめ

とにかくカビの大好物を作らないことが何よりのカビ予防になります。掃除が苦手な人も、この時期はカビを増やさない意識を持って掃除に取り組めるいい機会かもしれません。特に免疫力の弱い赤ちゃんやお年寄りのいる家庭では清潔を心掛け、じめじめした梅雨も爽やかに乗り切りたいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です