子ども用サンダルの選び方と注意点、
オススメはコレ

暑い夏に大活躍のサンダル。我が子にも履かせたいけれど、どういったものを選ぶのがいいのか迷っていませんか。ワンシーズンしか履かないから来年も使えるものを、と思っているパパやママや要注意です。子どもさんの足の成長を妨げる危険が大いにありますので、必ず「今」合うサイズのものを選ぶようにしましょう。選ぶときのポイントや注意点をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

子ども用サンダルの選び方

子どもは大人に比べて骨の数が少なかったり、骨が柔らかかったりして、私たちよりもっと外からの圧力の影響を受けやすくなっています。そのためサイズが合わない靴を履くことは厳禁です。足がすぐに疲れるだけでなく、マメや靴擦れになりやすかったり、巻き爪になってしまったり、将来外反母趾などの足の形の変形にもつながりますので、実際に試着し、必ず子どもが履きやすいサンダルを選びましょう。夏しか履かないものだから何でもいい、ということは決してなく、子どもの靴だからこそしっかりとサイズを測ってきちんと合ったものを選ぶことが非常に大切です。選び方のポイントをまとめました。

・ぴったりサイズを
サンダルは靴と違い、靴下を履かずに履くものです。よって靴と同じサイズを購入すると、大きめである可能性があります。裸足の場合は汗をかくと滑りやすく、子どもが履きづらかったりケガをしてしまう恐れがありますので、ベビーサンダルやキッズサンダルは子どもの足にぴったり合ったものを選びましょう。

・サイズは測ってもらう
サンダルを購入するときには、子こども用品専門店か百貨店などのシューフィッター(靴選びの専門科)がいるお店で足のサイズを測ってもらいましょう。家ではなかなか測りにくく、またどこを測っていいのか分かりません。足の長さや甲をきちんと測ってもらい、よりベストサイズの靴を探せます。

・形に注意
子どもは動き回るため、サンダルや靴が脱げてしまうことが多いです。子ども用のサンダルは足首、かかと、足の甲をしっかり守ってくれるデザインを選びましょう。マジックテープで固定できるタイプだと足がよりずれにくいためおすすめです。

・素材に注意
サンダルの素材には硬いものと柔らかいものがありますが、硬すぎると足を痛めてしまいますし、柔らかすぎるとすぐに傷がついてしまい、ボロボロになってしまうこともあります。お店できちんと触って強度を確かめたうえで購入するようにしましょう。

子どものサンダルを選ぶときの注意点

サンダルは通気性が良くて汗をよくかく季節には重宝しますが、履くと足がむき出しになる部分も多く、靴の時に比べて数倍子どもの足は汚れやすくなりますし、ケガもしやすくなるので注意が必要です。涼しいですが裸足のため、靴下で汗を吸収することもできずに汗臭くなってしまうこともあります。また、お友達のお宅にお邪魔するときに足が汚れていて躊躇してしまったり面倒なこともあるでしょう。そのデメリットもしっかり理解したうえで一番いいサンダル選びをしてあげてください。
靴を選ぶ時と同じように、フィット性が良く、同時に歩きやすいサンダルを選んであげることが大切です。蒸れないようになるべく足が露出したものを選びたくなるかもしれませんが、できるだけ足を覆う部分が多く、安定感のあるものを選ぶのがベストです。かかと、足首、そして脚の甲をベルトなどでしっかりと固定できるものが理想です。マジックテープなどで開閉できるベルトが付いていれば、ママも履かせやすいし、子どもも履きやすくて便利です。スニーカーっぽいデザインで、素材もメッシュになっているものだったら、汗っかきな子どもの足にもピッタリです。小学生くらいになると、特に女の子の場合まるで大人のようなデザインのヒールのある様なタイプのサンダルを欲しがる可能性が高くなってきますが、できるだけ子どもには安全性の高いサンダルを履かせたいのが親心。そんな時は、約束事をして好きなサンダルを選ばせてあげましょう。「お出かけの時には替えのスニーカーも持っていく」「ヒールの高さは3cmまで」「継続して履く時間は2時間まで」など、子どもの健康も考えて、オシャレも楽しむようにしてあげられるといいですね。

スポンサーリンク

子ども用サンダルのオススメ

上記のポイントを踏まえたうえで、子どもの足の成長を考えた履きやすく丈夫なサンダルをいくつかご紹介します。

・ニューバランス サンダル11~14cm

出典:楽天

スニーカーに近いデザインですが、メッシュ生地でできているため、優れた通気性を持っています。汗をかきやすい子どもでも快適に履くことのできる素材です。履き口は大きく開いて履かせやすく、インソールが神経や筋肉の動きを促進してくれる特別なものでできているため、子どもの足の成長の妨げになりません。

・IFME イフミー ベビーサンダル

出典:楽天

有名な子ども靴ブランドIFME(イフミー)のベビーサンダルです。サイズは14.5cmまでですが、カラフルでとっても可愛いです。通気性や速乾性に優れ、ウォーターシューズなのでプールや海でも大活躍。靴の先が広く、マジックテープで履かせやすい設計になっています。

・アシックス キッズサンダル

出典:楽天

通気性に優れたメッシュ素材を採用しているので、汗をかいても蒸れにくく快適に過ごせます。こちらもマジックテープが大きく開き、小さな子どもでも自分で脱ぎ履きしやすいのがポイント。ミッドソール、インソール、中敷きの3層クッションで、元気な子供の足を優しく守ってくれますよ。

・アディダス サンダルファン

出典:楽天

ゴム製のソールとつま先のカバーが足をしっかり守ってくれるので、水遊びが思う存分楽しめるだけでなく、岩や石に注意したい水辺でも安心です。アクティブで川や池に遊びに行ったりするファミリーには特におすすめです。

まとめ

子どもの成長はとても早く、靴はすぐにサイズアウトしてしまうため、せっかくいいサンダルを買っても長く履けないのがとても残念ですよね。しかし、これから子どもの足が健康に育つためにもしっかり吟味してより良いサンダルを選び、夏を思いっきり遊ばせてあげてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です