熱中症の症状、なったら対策は?
熱射病と日射病とはどう違う?

夏はイベントやレジャーで楽しみがいっぱいです。そんな中、ニュースでは連日のように熱中症に関係することが流れていますね。自分はかからないと思っていても、夏の暑さは油断できません。特に小さいお子さんがいるご家庭も注意が必要です。その症状や対策、また熱射病や日射病との違いも理解して暑い夏に備えましょう。

スポンサーリンク
  

熱中症の症状って?なったらどうする?

人間の体は、体内に熱がこもった場合、汗をかくことで体温を調節するのはご存知でしょう。しかし、あまりにも暑すぎると体温の調節機能がうまく働かなくなってしまいます。さらに、汗を短時間で大量にかきすぎると、水分や塩分ミネラルが大量に体の外に排出されてしまい、体内の塩分量や水分量が乱れてしまいます。これが熱中症ですが、その症状を大きく分けると3段階に分類されます。

1.軽度
めまいや立ちくらみ
筋肉が痛んだり硬直する
大量の汗が出る
軽度の場合は体温が上がらないこともある

2.中度
頭痛や気分の不快
→吐き気、嘔吐する、体がだるくなる、力が入らなくなる

3.重度
けいれんや手足のしびれ
運動障害が起こる
高体温になり、意識を失うことも

気温や湿度が高かったり、日差しが強かったりなどの環境による要因や、体調が悪かったり、体温調節の難しい高齢者や乳幼児の場合、持病をかかえている場合などの身体的な要因、炎天下での労働や激しい運動をするなどの行動による要因が考えられます。乳幼児の場合は車の中に閉じ込められたなど、事故により死亡する場合もありますので十分に注意しましょう。
熱中症が疑われたら、まずは体の状態をよく見極めて適切な処置をすることが大切です。
まずは涼しい場所に移動し、水分や塩分、ミネラルを補給します。水だけの補給では失われた塩分やミネラルは補えませんから、経口補給液を飲むのがおすすめです。それから安静にし、体の状態を見極めましょう。けいれんや意識を失ったなどの症状が見られた場合はすぐに医療機関を受診してください。人は、体温が41℃になるとけいれんが起こり、42℃を超えると細胞が破壊されます。中枢神経や心臓、肝臓、腎臓などの臓器に致命的な障害が起こり、死亡するケースもあります。意識障害(呼びかけへの応答が鈍い、言動がおかしい、意識がないなど)やふらつきといった症状もみられます。この状態では命の危険があるので、ただちに救急車を呼んでください。病院へつくまでに体温を下げるため、身体に水を掛けたり、首筋や脇の下などの太い血管を冷やしたりしましょう。
熱中症は初めのうちは体温があがらないことも多く、気づかず放置しがちですが、あっという間に重症化してしまう怖い面もあるので、体温だけでなく、ほかの症状はないかを見極めることが大事なのです。
汗が出なくなった時は、体温調節機能が働いていません。このため、汗が出ていない場合も特に危険だといえます。汗が出ていれば大丈夫、というわけではなく、汗が出るのは、体温が上がり過ぎるのを防ごうとしている時なので、汗が出てきたら体温が上がってきているサインだと気付いてください。汗で確実に身体から水分が失われるのですから、脱水予防のためにも水分補給をし、暑さ対策を怠らないようにしましょう。

熱中症の症状と対策

熱中症は、普段からのちょっとした心がけで防ぐことができます。また、レジャーのときばかりではなく、室内にいるような普段から以下のポイントを意識するようにしましょう。

・体調を整える
これは夏場だけではありませんが、普段から3食しっかり食べて十分な睡眠をとるようにしてください。特に夏場は食欲が低下気味ですので注意が必要です。また、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

・こまめに水分補給
これは言わずもがなですが、「のどが渇いた」と感じたときには既ににかなりの水分不足になっていることが多いものです。少量の水分を定期的に少しずつ補給するのが理想的です。外出の際は必ず水分補給できるものを持ち歩きましょう。

・服装の工夫
体をしめつけない通気性の良い洋服を着ましょう。外出時にはツバの広めの帽子をかぶったり、日傘をさしたりするなどの工夫もおすすめです。

・年齢も考慮に入れて
体内の機能が発育途中の子どもや、体力が衰えはじめた高齢者は熱中症になりやすいのは有名です。これらの人は周りも特に意識して様子を見てあげましょう。

もし熱中症になってしまうと、完全に体が元の状態に戻るまでは2~3日、1週間、またはそれ以上と個人差もかなりあります。
普通の健康体の人でも2~3日は回復するまでかかると言われているので、熱が下がったり、頭痛がなくなったりと症状がなくなっても油断することは禁物です。一度熱中症に罹ってしまうと、熱中症になりやすくなるという説もあるので、予防を心がけることはもちろん、きちんと体が回復するまでは無理をせずに安静にしておくことが大事です。

熱中症の症状、熱射病と日射病との違

熱中症は先述したとおり、高温や多湿の環境下で起こる身体の障害の総称です。汗をかくことによっての脱水と、血管の拡張で血圧が下がり、めまい、失神などを起こす「熱失神」、大量の発汗により、塩分やミネラルが不足し、筋肉のけいれんを起こす「熱けいれん」、多量の発汗に水分や塩分の補給が追いつかず、脱水症状となった時に発生する「熱疲労」、体温調節機能が失われることによって起こる「熱射病」に分けられます。熱中症の重症度分類では、熱けいれんや熱失神が「軽症」、熱疲労は「中等症」、熱射病は「重症」にあたります。
つまり熱射病は熱中症の一種です。
症状や症状の原因となる身体の変化よりも、身体に変化を起こした原因が、直射日光であることに重点を置いたのが「日射病」です。屋内・屋外を問わず、高温多湿な環境下に長時間いたり、作業をした時に起こります。体温調節機能が破綻することで、倦怠、頭痛、めまい、意識障害を伴い、40度以上の高体温となって、生命にかかわることもある怖い症状です。

まとめ

熱中症、熱射病、日射病もなってしまってからの対処は同じです。熱い直射日光を避けたり、涼しい洋服を着たり、もちろんこまめな水分補給も予防につながりますので積極的に取り入れていきましょう。レジャーやイベントで大盛り上がりの夏、暑さ対策をしっかりとして思いっきり楽しみましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です