運動会の服装でママのコーディネートと
おしゃれはどうあるべき?

秋の一大イベント運動会!
普段では見られないわが子の姿を楽しみにしている親御さんも多いことでしょう。
もちろんたくさんの保護者の方が見に来るわけですが、動きやすく、かつ崩しすぎていない服装に悩んでいませんか?
好感度が高く、スポーツに適した服装で応援するため、当日のファッションをしっかりとイメージしておきましょう。

スポンサーリンク
  

運動会の服装でママにふさわしいものとは?

オススメは清潔感が漂うカジュアルな服装です。
学校行事にふさわしいファッションでありながら、動きやすさをしっかり確保できます。
運動会は、とにかく動きやすい服装選びが重要です。

Tシャツにデニムのママが多いですが、ショートパンツにレギンスを合わせるスタイルも定番です。間違ってもスカートにヒールはNG!
砂が舞うので白っぽいパンツも避けた方が良いでしょう。

個性を出したくて派手な服装を選びたいという方もいるかもしれませんが、あくまでも主役は子ども。TPOをわきまえて服装を選びましょう。

!注意!
子どもに夢中になりすぎて、胸や背中、下着が見えてしまうママが意外にも多いようです。
そんな姿がうっかり他の人の写真に写りこんでしまったりしたら恥ずかしいですよね。色んな人が見ていますから、露出は極力控えるようにしましょう。

また、秋になったとはいえ日焼けや暑さにも要注意です。
日中は日差しが強い日が続きます。写真やビデオの撮影、競技に参加したりと、日影が無い校庭で長時間過ごすことが予想されます。
長袖シャツや帽子、サングラスを用意しましょう。帽子は深めのもの、サングラスはレンズの大きめのものがオススメです。
汗対策も忘れずに。汗ジミが目立つシャツや、汗が乾きにくい素材の服は控えた方がいいでしょう。

運動会の服装のコーディネート

では実際にどのようにコーディネートするのが理想的でしょうか。

事前にお兄ちゃんお姉ちゃんのいる先輩ママに、どんな服装の保護者が多いのかリサーチしておくと、一人だけ妙な目立ち方をして恥ずかしい思いをしなくて済みます。
園や学校の雰囲気に合わせて服装を選ぶ必要があるので、カジュアルな校風なのか、コンサバなのか、そのあたりも再確認したいところ。
デニム+Tシャツor長袖シャツ+スニーカーの定番スタイルならまず間違いはありません。
コンサバな校風であれば、オールインワンでクールな色にまとめたスタイルや、スカンツにペタンコ靴を合わせるようなフェミニンスタイルも素敵です。

競技に参加しないというママは、流行りのロング丈のスカーチョや、ガウチョパンツでも良いでしょう。
玉入れ、リレー、綱引き、競技に全力で参加して子どもと盛り上がりたいママはTシャツにスウェットなどを合わせましょう。爽やかに髪をまとめたり、髪が邪魔にならないようにワンポイント程度の可愛いピンを使ったりすると重苦しさはなくなります。軽くて柔らかいデニムやパンツは、簡単な親子競技に参加する程度のママにぴったりです。

スポンサーリンク

体育館や室内で開催される場合は、白のパンツやボトムスでも問題ありません。日差し対策も、屋外ほど気にしなくて済みますね。
裸足になる機会があるのなら足の爪は切って、ネイルが剥がれてかっこ悪いことになっていないか確認しておきましょう。

運動会の服装でもおしゃれを楽しむ

いくら動きやすい服装重視とは分かっていても、さりげなくおしゃれも楽しみたいところ。

カジュアルな服装でありながら、大人っぽく爽やか&キレイめなアイテムを選べば、おしゃれ度がぐっと増し、保護者が一堂に会するイベントにも適した好感度の高いファッションに仕上がります。
ワンポイントで全体を引き締めるコーデが控えめな印象を与えつつ難しくなくておすすめです。

デニム着用のママは多いですが、合わせる素材をシフォンにするだけで女性らしさがアップしたり、ピアスだけは小ぶりだけどカラフルなものを取り入れたり。
日よけのストールに爽やかな柄入りのものをチョイスするのも素敵ですね。
柄物シャツを腰に巻くスタイルはウエストもカバーできて一石二鳥。
さらに日差しが気になるときは羽織ることもできるので一石三鳥です。
中には小顔効果のあるフード付きのスタイルが外せないという意見も。
珍しいですが可愛らしさが感じられます。
定番のスニーカースタイルでパンチを利かせるためにフェイクレザーのスパッツを合わせたり、お気に入りの柄の靴下を合わせてみたり。
思い思いのスタイルを楽しんでいるママはたくさんいます。
それぞれの個性やこだわりが垣間見れるのも面白いですね。

まとめ

いかがでしたか?
子どもの運動会ではカジュアルで動きやすい服装であることが原則ですが、周りの保護者の方の参加も意識した中で好きなスタイルが楽しめます。
園や学校の雰囲気、参加競技などを考慮し、自分なりのおしゃれを取り入れてみることで、好感度の高いファッションで子どもと体を動かして楽しみましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です