シミとそばかすの違いとは?
消したいときはどうする?予防法は?

夏に厄介なのが紫外線。これが原因でしみやそばかすが増えるのを気にする女性は多くいるでしょう。よく「シミ・そばかす」とひとくくりにされていますが、実はこれらは別のものなのです。その違いと、少しでも薄くしたいときの対策や予防法などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

シミとそばかすの違いとは?

シミと言えば女性の天敵で、加齢によってできてしまうというイメージではないでしょうか。主に三十代以降から出来やすく、産後のホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣が乱れていると発生する、後天性のメラニン疾患です。メラニン色素が増加する現象で、老化で色素が沈着したり、ニキビの跡が炎症してシミになる場合もあります。「肝斑(かんぱん)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。このホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑もシミのひとつです。若い頃に紫外線の対策を怠っていたり、肌を焼いていたりしていると二十代後半頃から目立ってくるでしょう。両ほほや額、目の周りなどの他の部位よりもでっぱりのあるところに左右対称に出来やすいのも特徴です。
このようにシミは後天的なものが原因となってできるものですが、そばかすは幼少の頃から見られ、遺伝的な要素が多いものです。小さな子どもみ見られることもありますね。そばかすは通称で、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。斑点の大きさは通常のシミより小さく、ぽつぽつと散らばるようにできます。鼻の周りや頬に出やすいのが特徴ですが、顔以外の部位にも出現します。遺伝的な要素が強いため、自力で消すことは困難とされていますが、若い年齢からのそばかすは、シミとは逆に加齢とともに薄くなるケースもあります。日本人もそばかすに悩んでいる人は多いですが、白人である欧米人や欧州人の方がもっと色が白いためにソバカスができやすい傾向にあります。人種別で考えると、肌色の白い人種は紫外線防御機能が大きく働くため、そばかすが出来やすいとされています。また、黄色系の人種はそばかすは比較的に出来にくいですが、シミになりやすいという傾向にあります。私たち日本人の肌はシミになりやすい肌と言えるのです。

シミ、そばかすを消したい!

そばかすは遺伝的な原因が主だと先述しましたが、黒く見える理由はシミと同じです。よって、美白化粧品から始めてみるのがいいでしょう。昨今では本当に多くの美白化粧品が出ています。すぐにしみやそばかすを消す事はできませんが、少しずつ目立たなくする事はできて簡単に手に入れることができます。購入する際は、生体内で酵素反応をおこし、自らがビタミンCになるビタミンC誘導体の入ったものを選びましょう。ビタミンCが美肌に欠かせないのは知っている人も多いでしょうが、メラニンの定着を防ぐ効果が期待できる反面、ビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすいという欠点があります。ビタミンC誘導体によって安定化が実現され、体の中での吸収率を向上させます。ですので、効率的にビタミンCを摂ることができます。
シミやそばかすは肌のピーリングで消す事もできます。色素沈着が肌の表面に起こっているのがシミ、そばかすなので、肌の表面をピーリングすれば古い角質ごと取り除いてくれます。シミ、そばかすを消す方法は薬物治療もあります。美容外科に相談するだけでなく、皮膚科に相談するのもしみそばかすを消すアドバイスをもらえるかもしれません。レーザーでも消えますが、個人差があります。シミ、そばかすがいつ頃からあるのか、どのくらいの範囲であるのかによって違いますが、レーザーならばしみそばかすを薄くする事ができるのはほぼ確実です。痛みは我慢できる程度なのでそんなに心配ありません。光ビームのレーザーで冷たいガズが同時に発射されるのです。チクチクした痛みを感じる人が多いようで、これは施術後にもしばらく続くようです。
美白化粧品はあくまでも美白であり、しみやそばかすに特化したものではありません。どれほどの効果があるかも商品によって違います。高い美白化粧品を何度も買い替えて試すよりも、専門の皮膚科の先生に見てもらって自分に合った処置をしてもらった方がもしかしたら安く済む場合もありますよ。

スポンサーリンク

シミそばかすの予防法

シミとそばかすには違いがあり、遺伝的な要素が多いのがそばかすで、後からできるのがシミということは知っていただけたと思います。でき方は異なりますが、紫外線を浴びることによりさらにメラニン色素が濃くなるのはどちらも同じです。まずは紫外線予防が大切です。日焼け止めと美白効果のあるスキンケアやしみにきく美容液などでしっかりと毎日ケアをすれば、薄くなる効果も期待でき、今よりも目立ってしまうのを防ぐことができます。
そして、洗顔時にゴシゴシこすったり、タオルで拭き取る時にゴシゴシこするなどのお肌に負担をかける行為は避けましょう。刺激によってメラニン生成が促されることがあります。泡で優しく洗い、拭き取るときは清潔なタオルで丁寧に。人によってはタオルを使わずに直接化粧水をつけるという人もいます。
さらにおすすめなのが、しみそばかすに良い食べ物です。老化の原因ともなる物質である活性酸素の働きを抑える食べ物を積極的に摂取すれば、紫外線をそんなに恐れる必要はありません。活性酸素は、鉄が錆びてしまうように、人間の体が錆びる原因となり、シミやそばかすを作ってしまいます。ビタミンCを多く含むキウイやみかんなどのフルーツを取り入れてみましょう。また、しみそばかすができない強い肌になるためには皮膚や粘膜を作るビタミンAが重要です。これは、レバーやチーズに含まれています。しみそばかすに良い食べ物は、ビタミンCとAが含まれている食品です。
ドラッグストアにハイチオールCやチョコラBBなどが売られているのを見た事はありませんか。CMでもよく見かけますよね。シミやそばかすに良い薬はハイチオールCなどのようにCが商品名に付いていたり、ホワイトと商品名に表示されている場合が多いです。忙しくて病院に行く暇もないという人は、近所の薬局やドラッグストアで簡単に手に入れることができるので、シミやそばかすに効く薬を探してみるといいですよ。

まとめ

シミとそばかすはでき方は違ってもどちらも紫外線対策で状況は変わります。日焼け止めクリームを塗るだけでなく、帽子や手袋で対策を取ったり、肌をこするなどの負担をかけることは避け、さらにビタミンがたっぷり含まれた食事を心がけることで悪化を防ぐことができます。是非今年の夏に実践してみてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です