赤ちゃん用のシャンプーっていつまで使う?
大人用でもOK?流し方は?

赤ちゃんの肌は敏感でデリケートです。だからこそ、皮膚に直接触れるお風呂のことで不安に思ったり悩んだりするパパやママも多いでしょう。初めてのお子さんの場合だと特にそうですね。初めは産院で指導があったりサンプルがもらえたりしますが、いつまで赤ちゃん用のもので洗ってあげるのがいいのでしょうか。今回の記事でご紹介します。

スポンサーリンク
  

赤ちゃん用のシャンプーっていつまで使うべき?

生まれたばかりの赤ちゃんにはベビーソープがおすすめです。ベビーソープは全身を洗うことができ、身体だけでなく、髪の毛まで一気に汚れを落とせます。産院の沐浴指導でも大抵はベビーソープで頭の先からつま先までを洗ってあげるはずです。
赤ちゃんの髪の毛の量や髪質は十人十色ですが、一般的にだんだんと伸び始める生後半年ぐらいからベビーソープのままではぱさつきやからまりが気になり始めるパパやママが多いようです。ベビーソープは泡切れの良さを重視しているので髪の毛のケアに対しては物足りなくなるためです。ベビーソープの後はベビーシャンプーに移行する場合が多いですね。筆者もそうです。1歳3ヶ月の子にはベビーシャンプーを使っています。やはり髪のことを考えて作られているので、ベビーソープでの洗いあがりなどに違和感を感じてきたら切り替えるといいでしょう。
薬局やインターネットでもさまざまな種類のベビーシャンプーがあります。使用感や口コミももちろん大切ですが、ベビーシャンプーを選ぶ際は成分にも目を向けてみましょう。洗浄成分(界面活性剤)には、なるべく避けた方がいい成分があります。それは、「ラウリル」と「硫酸」です。この成分は、洗浄力は期待できますが、必要な脂質まで除去してしまう可能性があり、生後3ヶ月を過ぎて皮脂分泌が少なくなってきた赤ちゃんには注意が必要です。ベビーソープやベビーシャンプーは赤ちゃんのために考えられて作られているので、あまり過敏になる必要はないかもしれません。しかし、敏感肌の赤ちゃんやアトピー性皮膚炎の赤ちゃんには刺激が強すぎるかもしれないので様子を見ながら使用しましょう。
ラウリルと硫酸とは逆に、積極的に選びたい成分は、「ヒアルロン酸」や「セラミド」です。これらは保湿性を期待できるので、肌に優しいためおすすめです。ベビーシャンプーには詳しい年齢の使用制限はありませんが、何でも自分でやりたくなる1歳半くらいまで使え、その後は子ども用シャンプーにする人が多いようですが、筆者の周りでは、子ども用シャンプーは使わずに、大人用のものを肌に優しいものに代えて家族で同じものを使うようになったという意見が多いです。わざわざ分けて買うのが面倒だしその分お金もかかるので、大人用のものを少しグレードを上げたものに変更するというのです。これといった決まりはありませんから、それぞれの家庭によりますね。

赤ちゃんのシャンプーを大人用に代えても大丈夫?

大人用のシャンプーは、香料などの添加物が多く含まれているものが多くあります。これらを赤ちゃんに使用することによってアレルギーが出ないとはかぎりません。特に1歳までの子どもには刺激が強すぎることもあります。家族で同じものを使用の際は、できるだけ刺激の少ないシャンプーを選ぶようにしましょう。子どもの肌は敏感なため、天然素材で無添加・低刺激のものを選ぶようにして、痒みやフケなどが現れた場合はすぐに使用を中止しましょう。リンスも使用して構いませんが、少しでも洗い残しがあると皮膚の痒みの原因になるので、薄めて使ったり、あまり使いすぎず、きちんと洗い流すようにしてあげてください。また、シリコン入りのシャンプーは赤ちゃんの頭皮の毛穴詰まりの原因になったり、体内に蓄積することがありえると言われているため、ノンシリコンの物がよいでしょう。理想的なのはアミノ酸系で、これは洗浄力があまり強くないためコンディショナーは不要です。洗浄力がもう少し欲しいという場合は、酸性石鹸を使うのもいいですよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんにシャンプーしたときの流し方

まだ沐浴の赤ちゃんの場合だと、両手で抱っこしたままガーゼにお湯を含ませてで優しく顔にかからないように流してあげましょう。赤ちゃんがとっても気持ち良さそうな顔をしてくれると嬉しくなりますよね。この際耳に水が入らないように押さえるのはやめましょう。赤ちゃんの鼓膜は薄くて傷がついてしまう可能性があります。赤ちゃんの耳のつくりは不思議なことに水があまり入らないようにできているので、注意しながら流してあげればOKです。
パパやママと同じ浴槽デビューをしてもしばらくは沐浴の際と同じ流し方でいいでしょう。3ヶ月を過ぎたら、ここからは我が家の話になって恐縮なのですが、頭の上からバシャーンとシャワーで洗い流していました。今もそうしていますが、子どもはへっちゃらです。これには理由があります。もうそういうものだと子どもに習慣づけたかったので、お風呂に慣れてきた3ヶ月からはそのようにして顔に水がかかるのを怖がらないようにしたかったのです。ただし注意することは、シャワーをかけるときに「じゃぱーん、するよ!」と必ず目をみて声をかけます。初めは顔にかかりとてもびっくりした様子なのですが、次第に「顔にお湯がかかる」と理解して自分から目をつむるようになります。これは周りの友人で実践している子もみんな同じです。必ず声掛けをします。そして赤ちゃんの状態を起こして頭の上からかけることもポイントです。そうすれば水が逆流して鼻に入ることもありません。流した後はすぐにガーゼなどで顔の水を拭き取ってあげていましたが、1歳を過ぎたころでしょうか、それもなくなりました。でも子どもはシャワーを頭からかけられることに恐怖はなく、シャンプーハットも不要です。
余談ですが、皆さんはマイクロバイオームという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは人間に寄生し、共生する細菌のことです。細菌にとって宿主の健康は自らの繁殖にとって有利に働くため、細菌は私たちの健康に重要な役割を担っています。人はこの細菌を3歳までに獲得します。赤ちゃんは親をはじめとする様ざまな存在から細菌を得て、自らの免疫系を完成させます。シャンプーで体を洗う度にこの細菌は流され、これがさまざまなトラブルを起こすことが解ってきました。現代は衛生に気を使いすぎることでかえって問題を起こしていることがありますので赤ちゃんのシャンプーも毎日こまめに行うのではなく、お湯で流すだけの日を作ったりして肌への負担を減らすことも必要だと言えます。

まとめ

頭皮も薄くてデリケートな赤ちゃんだからこそ、使うシャンプーを気にする親御さんはたくさんいます。絶対というタイミングはありませんが、洗うときは指の腹で優しく丁寧に洗うようにしましょう。これから暑くなってくると汗もたくさんかきますので、きれいに洗って清潔な頭皮を保ってあげましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です