子どもが夏風邪をひいたときの症状って?
エアコンはOK?対処法はコレ

夏場は基本的に薄着で部屋にクーラーをつけたりしているので、風邪をひいてしまうと大人でもその対処が難しいと言えます。突然子どもがぐったりしたり、高熱が続いたりすると不安でどうしていいか分からないパパやママも多いでしょう。冬にかかる風邪とは症状も異なりますのでその原因と症状、お家でもできる対処法を知っておきましょう。

スポンサーリンク
  

子どもが夏風邪をひいたときの症状

一般的に咳やくしゃみ、鼻づまりといった症状がみられる冬の風邪とは異なり、夏の風邪の症状は、腹痛や下痢、嘔吐、など腸の不調から始まる場合が多くみられます。38℃以上の高熱が出るケースも少なくありません。子どもの突然の下痢や嘔吐に驚いた経験がある人もいるでしょう。
3大夏風邪として挙げられるのが以下のものです。

・手足口病
手のひらや足の裏、口の中などに発疹ができます。口内の発疹が痛むこともあり、しばしば発熱の症状もあります。通常は自然治癒で数日のうちに治りますが、高熱が出た場合や嘔吐、頭痛の症状が出たら病院へ行きましょう。感染経路は咳やくしゃみ、便、発疹や水ぶくれからです。

・ヘルパンギーナ
38℃以上の高熱が出ます。口の中に水ぶくれができて、のどや口内が痛みます。高熱が数日続くことがありますが、一週間程度で自然治癒します。

・プール熱(咽頭結膜熱)
38℃以上の高熱が出てのどが痛みます。目の充血や目やになどの結膜炎の症状、下痢や腹痛を伴うこともあります。プールでかかることが多いためこのような名称になりました。高熱が5日ほど続くことがありますが、一週間程度で症状は治まる場合がほとんどです。

のどが腫れて食べ物を飲み込むことが出来ない程強い痛みを訴える症状は夏風邪の特徴のひとつです。鼻水やくしゃみ、せきなどの一般的な風邪の症状もなく突然のどの痛みで発症する場合は、夏風邪の可能性が高いと言えます。
それぞれウィルスが原因でおこりますが、風邪を引き起こすウィルスの数は実に200種類以上存在しています。夏に子どもの間で流行する夏風邪は、原因となるウィルスに高温多湿を好む特徴があり、乾燥を好んで冬に流行するインフルエンザなどのウィルスとは種類が全く異なります。
高温多湿を好む夏かぜのウィルスは、幼稚園や保育園、学校などで集団生活をしている子どもの間で爆発的に広がります。ウィルスに感染している子どもの唾やくしゃみなどの飛沫や排泄物に触れると、あっという間に感染してしまうのです。特にプール熱は、ウィルスを持った子どもがトイレの後便をよく拭き取らずにプールに入り、そのプールの水からウィルスが感染することがあるという夏ならではの感染経路を辿ると言えます。
そして、暑さによる体力低下も感染の原因として挙げられます。食欲が落ち込みがちな夏の時期は、免疫力が低く夏風邪のウィルスが侵入しやすくなります。さらに夏特有の湿度の高さがウィルスの増殖を促しているのです。

子どもが夏風邪をひいたらエアコンはどうする?

暑い夏ですが、小さな子どもが風邪をひいてしまった場合、エアコンをつけるのはどうなのでしょうか。汗をかいているし、エアコンで部屋を涼しくしてやる方がいいのでは・・・でも身体を冷やしてしまうのもいけない気がするし・・・風邪をひいているのにエアコンをつけるのは体良くない影響がありそうな気がしますが、使い方に気を付ければOKで、特に高熱で苦しんでいる子どもを暑い中我慢させるのは良くありません。
以下のことに注意して適切に使用しましょう。

・設定温度
普段から小さな子どもにとって快適な温度は27~28℃です。大人には少し暑く感じるかもしれませんが、この温度に保つようにしてあげましょう。寒いところにずっといると体温調節をする自律神経の発達を妨げることにもなりかねません。

スポンサーリンク

・風向き
エアコンの風を風邪で寝込んでいる子どもに直接当てるのは論外です。パパやママも隣に寝て直接当たっていないか確認してください。扇風機やサーキュレータ―の風も直接あてないようにしましょう。体調を悪化させる可能性があるだけでなく、鼻やのど、肌にも良くありません。冷たい空気は下に溜まりますから横になって寝ている場合は特に注意が必要です。

・換気
エアコンをかけて快適な室内でいることはいいですが、時々換気をして風邪菌を外に追い出し、新鮮な空気を入れるようにしましょう。

・湿度
先述したように、夏風邪ウイルスは高温多湿が大好きです。湿度は50~60%に保つようにしましょう。エアコンのドライ運転には冷えすぎてしまう欠点があるので、少し高めの冷房の設定が好ましいでしょう。

子どもが夏風邪をひいたときの対処法

主に3つの夏風邪を挙げましたが、実はこれらに効く特効薬はありません。ただし、病院に行けば対症療法として辛い高熱やのどの痛みなどの症状をおさえるための薬をもらうことができます。安静して休むことで次第に症状が治まる場合がほとんどですが、あまりにも寝苦しそうな場合や高熱が続いてぐったりしている場合は医療機関を受診するようにしてください。お家では、こまめな水分補給と消化の良い食べ物を少しずつ与えると良いでしょう。特に口の中に発疹ができた場合や痛みがある場合は食べるのが辛く、ストレスになってしまいます。のどになるべく負担をかけない柔らかい薄味のものから与えるようにしましょう。
夏風邪を予防するには冬場同様、手洗いやうがいはもちろん、充分な睡眠と栄養化の高い食事を摂ることも重要なポイントです。熱い夏に弱りがちな体の免疫力を高めることで、夏風邪のウイルスを寄せ付けない効果が期待できるからです。さらに、親として日ごろから子どもの様子をしっかりと把握することも夏風邪の予防と言えますね。

まとめ

興味があると触りたがったり、触れ合って遊ぶことが多い子どもの間で感染しやすい夏風邪。外から帰ってきたら、すぐに手洗いとうがいをさせる習慣を身に付けましょう。これは一年中を通して言えることですね。もしかかってしまった場合は子どもが過ごしやすい環境を整えて、一日でも早く元気になれるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です