夏場の赤ちゃん、
エアコンの室温は何度が快適?

暑くなってくると、熱中症に関するニュースをよく見かけます。まだ多くの機能が未発達で言葉が話せない赤ちゃんの健康状態を読み取るのは難しく、ちょっとしたことでも影響を受けやすいので日々家族がチェックしてあげる必要があります。暑い季節、赤ちゃんのいる家庭ではエアコンの温度を何度に設定すべきでしょうか。赤ちゃんが快適に過ごせる環境づくりをご紹介します。

スポンサーリンク
  

夏場の赤ちゃんにエアコンってOK?

暑い室内を調節するため、エアコンをつけること自体は問題ありません。ただし小さな赤ちゃんがいる場合は特に注意が必要です。
なるべくエアコンは使いたくないと思っているご家庭でも、気温が高くなると熱中症が心配ですよね。午前中はエアコンの使用を控えて扇風機で過ごしたり、部屋の温度計をチェックして、温度が高い日や時間帯はエアコンを使うようにするなど工夫しましょう。エアコンは部屋全体の温度を涼しく保つことができるので、赤ちゃんが快適に過ごせるようにうまく利用してください。

夏の赤ちゃんがいる家庭、室温は何度がベスト?

部屋の室温を調整することは、赤ちゃんの体調を守ることと等しいと言えます。体温調整がまだうまくできない赤ちゃんにとって、室温の影響は私たちが思っている以上に強いからです。室温が高い状態になると、赤ちゃんの体温も上昇して熱中症になってしまうことがあります。熱中症は昼間に屋外でなるというイメージが強いかもしれませんが、室内でも十分引き起こされる可能性があるものです。
赤ちゃんに快適な室温の設定は、夏場26~28℃、冬場20~23℃と言われています。室内では赤ちゃんのいる部屋のエアコン設定温度に気をつけましょう。エアコンの温度を適温に設定したから大丈夫、と思いがちですが、エアコンが示している設定温度と実際の温度は異なることがあるので注意が必要です。特に新生児からハイハイができるようになるまでは、寝たままの状態でお部屋の中で過ごすことが多いため、室温が赤ちゃんにとって非常に重要になります。室温は赤ちゃんの寝ているそばで計測するようにし、必ず温度計で測りましょう。基本的に冷たい空気は下の方にたまり、温かい空気は上の方に上がる傾向があります。赤ちゃんは床に近い低いエリアで寝ることが多いため、天井に近いエアコンの温度とはかなり違う場合がありますよ。そのため、エアコンで冷房をかけると、赤ちゃんが寝ているエリアの温度が思っている以上に下がっていたり、暖房をかけても実際に赤ちゃんが寝ているエリアの寒さは変わっていなかったりすることがあるのです。
また、部屋の外と中の温度差があり過ぎると、室内から出た時に体に大きな負担がかかり、体調を壊してしまう恐れがあります。外との温度差は5℃以内がよいと言われていますので、猛暑日はエアコンの設定温度以外に、外出する時間帯にも注意が必要です。
一般的にエアコン設定温度は27~28℃にしましょうと言われていますが、暑いと感じることもありますよね。そんなときのおすすめはゴーヤカーテンです。筆者もテレビでやっていたのを見て試してみました。日差しが強く入るリビングのあるベランダでゴーヤカーテンをすると、実は同じ28℃にエアコンを設定した部屋でもでも驚くほど涼しく感じます。ゴーヤもできて一石二鳥。また、扇風機やサーキュレータ―を併用して使っていますが、電気代の節約にもなるのでおすすめです。ただしその際は赤ちゃんが扇風機に指を入れないようにカバーをつけて使用しましょう。
エアコンの使用でもう一つ気を付けたいのがタイマー機能です。タイマーをかけて終わったことに気づかず、窓を閉め切った状態でいたら、短時間で急速に室温が上昇してしまうことがあります。部屋の中は蒸し風呂状態で、赤ちゃんの顔も真っ赤になっていたという事もあるので注意が必要です。エアコンのタイマーをかけて部屋を離れるときは必ず終了時間を確認し、こまめに様子を見るようにしましょう。
赤ちゃんはまだまだ免疫力が弱く、発熱する事が多いです。夏や冬に発熱すると、部屋の温度はどうしたらよいか迷ってしまいますね。夏は通常と同じ室温だと熱のある赤ちゃんにとっては更に暑く感じられるので、もう少しエアコンの温度を下げてもよいでしょう。そして湿度にも気を付けてあげましょう。赤ちゃんに最適な湿度は40~60%ですが、熱がある時は70%程度まで湿度を上げるといいですよ。ウイルスは湿度に弱いので、赤ちゃんの体調悪化を防いでくれます。

スポンサーリンク

夏、赤ちゃんにとって快適な状態って?

「エアコンをつける」という行動一つをとっても、パパやママが快適と思う室温が、必ずしも赤ちゃんに快適な環境だとは限りません。同じフルーツでも大きさによって冷蔵庫に入れると中まで早く冷えるものとそうでないものがあります。もちろん小さいフルーツは冷えるのが速く、冷蔵庫から出したときに温まるスピードもしかりです。同様に体の大きさが違う分、赤ちゃんは大人よりも外気の影響を受けやすいので、体温変化は激しいのです。そのため、パパやママは十分な配慮が必要です。赤ちゃんの体が冷えすぎないように、直接風があたらないように、配慮しましょう。
チェックするポイントは

・汗を大量にかいていないか
・ぐったりとした様子ではないか
・顔や耳が赤く、体温が上がっていないか
・おしっこの量が極端に少なくないか
・呼吸が速くて苦しそうにしていないか

などです。その他にもいつもと様子が違ってぐずったりしているようなら室内の環境が合っていないのかもしれません。エアコンの設定温度や着せている服で調節してあげましょう。
赤ちゃんは大人よりも表皮が薄く乾燥しやすいため、エアコンや除湿器、加湿器などもうまく利用して対策しましょう。猛暑の夏はエアコンで空気が乾燥するため加湿が必要ですし、逆に梅雨や台風のジメジメした時期は、エアコンの除湿(ドライ)機能を上手く使うと快適に過ごせます。
ハウスダスト1gあたりのカビの量は100万個、ダニは3000匹と言われています。エアコンや扇風機、サーキュレータ―などは風を出すので、部屋中のハウスダストや花粉などを巻き上げてしまいます。また、エアコンを長い間掃除せずに内部にハウスダストが溜まっていれば、そのハウスダストも風と一緒にまき散らしてしまいます。体の小さい赤ちゃんの体に大きな負担を与えてしまうことがあるのでフィルターの掃除程度は定期的に行うといいですよ。近年、10人中3人があるとも言われているアレルギー。その原因であるカビやダニ、ハウスダストなどのアレルゲンを幼いころに大量に体内に取り込むことでアレルギーを発症することがあります。そのため室内やエアコンをこまめに掃除し、空気をきれいにする習慣をつけることが大切です。
赤ちゃんにとっての快適な環境づくりで難しいのが夜です。パパやママも寝る時間なので常に赤ちゃんの様子をチェックするのは困難です。夜は日中に比べると気温も下がっているので、エアコンのつけっぱなしを心配する人も少なくありません。また電気代も気になるところですよね。そのような場合は、エアコンの温度設定を高めにし、扇風機を併用するといいですよ。ただし、赤ちゃんにエアコンや扇風機の風邪が直接当たる環境はよくありません。冷房の風は弱風にし、十分に気をつけましょう。先述したように湿度も適度に保つよう心がけましょう。
そうは言っても筆者もエアコンが苦手なので、できるだけ違うことで快適な環境をつくれないかといつも模索しています。昨今では、暑くて寝苦しい夜でも涼しくてクールに過ごせるアイテムがたくさんあります。熱い時期になると様々なお店で見かけることができますし、インターネットでも手に入れることができますので、そちらも活用してみるなどして快適に過ごせる工夫をしましょう。赤ちゃんが寝ている時に汗をかく事は自然なことですが、その汗が乾かずにいると体調を崩す原因になりますので、汗を吸収してくれる寝具を着せてあげましょう。清潔に保てる、丸洗いできるものが良いですね。

まとめ

赤ちゃんは大人よりも室温の影響をダイレクトに受けやすいので、特に初めての夏や冬はパパやママも心配でしょう。暑すぎず寒すぎない状態にしてあげることが大切です。エアコン、扇風機、加湿器、除湿機、着るものなどをうまく活用し、ぜひそれぞれのご家庭に合った快適な過ごし方を発見してほしいと思います。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です