エアコンのほこりの影響、
電気代にどう関係?掃除はこうやって

エアコンの中にはほこりが溜まりやすく、シーズンごとに掃除をするのが望ましいと言われています。もし掃除をせずに使い続けているという人がいたら、そのエアコンの中は間違いなくカビだらけです。目に見えないところなので放置しがちですが、そんなエアコンが及ぼす影響についてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

エアコンのほこりの影響って?

ここでは人体に及ぼす影響について触れていきます。
まず、エアコンのほこり・カビが原因でかかりやすくなる病気に肺炎が挙げられます。カビ肺炎、夏型過敏性肺炎がそれにあたります。初めは風邪のような咳が出て、その後は呼吸時にひゅーひゅーという音が鳴るようになります。軽い風邪かな、と勘違いして放っておくケースが多いので注意が必要です。次第にアレルギー性の肺炎を引き起こす可能性もあるので、エアコンをつけると急に咳が出たり、体調が悪くるという場合は早めに病院に行きましょう。特に小さなこどもはアレルギーなどを起こしやすいため、カビなどのハウスダストを増やさないように日常的なお掃除と定期的なエアコン掃除をおすすめします。
身体にカビが生える真菌感染症にも気を付けましょう。身体の抵抗力が弱っているときになりやすく、ひどい場合は脳や肺などの器官に侵入する恐い病気です。特にご家族に小さなこどもやご年配の方、抵抗力が下がっている人がいる場合は、カビの発生しやすいエアコン内や水周りなどのこまめな掃除が必要です。
最も恐いのが先述した肺炎を含む呼吸器不全です。これを引き起こすのは、ほこりがたまり湿気のあるエアコン内を絶好のすみかとする「アスペルギルス」というカビの一種です。 アスペルギルスは私たちの身近に潜むカビ菌ですが、毒性が非常に強くて、これによる死亡例も多数あります。定期的にエアコン掃除がされていないと、エアコンを作動させる際にアスペルギルスを部屋中に広げてしまうことになります。繁殖を防ぐにはアスペルギルスが特に好むエアコン内をほこりや汚れのないきれいな状態に保ち、内部乾燥機能を使うなど湿気をためない工夫が必要です。

エアコンのほこり、電気代にどう影響?

エアコンのフィルターが汚れていると、風の通り道が塞がれてしまいますので、空気を吸いこむことが難しくなり、通常よりも多くの電力が必要になります。カビ汚れも放置しておくと、カビにさらにホコリが付いて風量が落ちてしまうという悪循環が起こり、エアコンの効きが悪くなるだけでなく、余計な負荷をかけてしまい、エアコンの寿命を縮めてしまいます。また、ファンの汚れは直接的な風力の低下を引き起こし、それによって設定温度に達するまでに余計な時間を必要とするため、電力を多く消費してしまいます。このように、エアコンは汚れがひどくなるほど余計な負荷がかかって、電気代も余計にかかってしまうのです。
具体的にいくら高くなる、などの金額はエアコンの汚れ具合や使用する場所、部屋の広さなどによって変わってきますが、フィルターを汚れたままにしておくだけでも年間の電気代が10~30%も高くなると言われています。仮に汚れによって30%運転効率が下がっていたとしたら、電気代にすると冷房を使用すると考えられる135日間で3,696円~11,396円のロスになります。
エアコンの電気代は、こまめなお掃除とほんの少しの工夫を重ねるだけで数段に安く抑えることもできますよ。エアコン本体に目がいきがちですが、室外機の周りに植木鉢やゴミ箱など、物を置かない工夫をするだけでも違ってきます。室外機から排出された熱風が再び機内に吸い込まれることを防ぐので、無駄な電気を使わずに済みます。室外機の周りには物を置かず、風通しを良くしておきましょう。また、室外機まわりの温度が高いと、室内の熱い空気を捨てることができなくなってしまいます。夏場は特に直射日光が当たらないよう、吹き出し口を塞がないようにすだれやカバーで覆うなどして日陰を作ってあげるといいですね。

スポンサーリンク

エアコンのほこりはこうやって掃除

エアコンのほこりやカビを防ぐために行うべきことは、エアコン内の掃除に加えて「部屋のほこりや汚れの掃除」「サーキュレータ―などでの空気の循環」「湿度が高い場合は換気」です。誰でも手軽にできるエアコンフィルターのお掃除くらいは、できれば2週間に1回程度行うのが理想です。フィルターの取り外しは簡単なので、新聞紙の上などに取り出して掃除機でほこりを吸い取りましょう。外側から吸い取り、次に内側のホコリを取りましょう。先に内側を掃除機で吸うと、ホコリが目に詰まってしまいます。汚れがひどい場合には、フィルターを取り外し、シャワーで水洗いするといいですよ。その際は内側から外側に向けてシャワーを当ててから、外側を流します。掃除後はフィルターをしっかり乾かして、元通りに戻せば終了です。お掃除の際はマスクを着用しましょう。
部屋がホコリだらけだと、当然エアコン内部にもそれらが侵入してしまいます。私たちにとったら厄介でしかないほこりや汚れは、カビたちにとっては大のごちそうです。エアコンのフィルターを掃除する際は、とりあえず目に見える範囲だけでも綺麗にカビや汚れを拭き取るようにしましょう。
エアコンには「送風」という機能が備え付けられているものが多くあります。ただ単に風を送るだけの機能なのですが、人のためではなく、エアコン内部の湿度をとるための機能です。送風機能のついているエアコンを使用している人は、エアコン使用後30分~1時間程度送風機能を利用して運転すると、エアコン内部に湿気がたまりにくく、カビの繁殖を抑える効果が期待できます。カビは湿度が高い環境を好むのはご存知かと思いますが、湿度が80%を超えると一気に繁殖力を増します。だんだんと増えてくるのがだいたい湿度が50%を超えてからです。小さなお子さんがいたり、冬場の乾燥したときに湿度を下げ過ぎるのは好ましくありませんが、夏場は50%を超えて高めに感じてきたら窓を開けての換気を心がけましょう。暑い日でも、梅雨の時期は注意してください。
部屋の空気がうまく循環せずに停滞していると、局所的に湿気がたまりやすくなってしまうので、空気の循環もさせてあげましょう。サーキュレーターが無いご家庭は、扇風機を使用してください。暖房を付けている場合は、上に向けて扇風機で風を送ると、部屋の暖房効果も上がります
エアコンは、よくも悪くも室内環境に左右されます。室内にほこりが多いならフィルターなども目詰まりを起こしやすいですし、内部もその分汚れやすくなります。エアコン内部と比べれば、まったく掃除を行わない人は少ないでしょうが、部屋の掃除はエアコンや他の電子機器に多大な影響を与えますので、エアコンを使用する室内は清潔を保つようにしましょう。

まとめ

エアコンの掃除を放置していても特になることなんて何もないと分かってはいても、なかなか重い腰が上がらない人も多いでしょう。しかし、日頃からフィルターの掃除ぐらいは習慣づけてしまうと苦ではなくなりますし、それによって人体への悪影響も避けられ、電気代も節約できるなら是非実践していきたいところです。特に使用が多い季節や使用前の掃除を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です