五月病の症状とは?
原因と対策、チェック項目はコレ

新社会人のみなさん、異動して新しい環境で仕事が始まったみなさん、仕事に対して不安感や無気力状態になることはありませんか。「五月病」という言葉を一度は耳にされたことがあると思います。もしかして・・・と思われたら、今回の記事を一読していただければ幸いです。原因や対策、チェック項目も設けましたので、どうぞお役立ていただけたらと思います。

スポンサーリンク
  

五月病の症状とは?原因を突き止めろ!

そもそも五月病とは一体どのようなものを言うのでしょうか。「五月病」自体は正式な医学用語ではありません。4月に進学した学生や入社・異動した社会人が新しい環境に適応できず、5月頃になると現われる精神的な不安定状態の総称をこのように呼ぶようになりました。焦りやストレスから抑うつ気分、不安感、無気力、不眠、強い疲労感など、うつ病に似た心身の不調やスランプを訴える場合が多いです。特に五月の頭はゴールデンウィークで長い連休が続く場合が多く、休み明けに憂鬱な気分になってしまって・・・という人も少なくないかもしれません。やる気にあふれていた4月から一転、なんとなくだるい、家から出たくない、など調子が悪くなってしまったあなたは、もしかしたら「五月病」なのかもしれません。
原因として主に考えられるものは「ストレス」です。4月から新しい環境に身を置くことになり、いろいろと新しい刺激が自分のもとにやってきます。新しい人との出会い、生活の変化、通勤・通学の場所、様々なことが挙げられます。そういった新しいものばかりが一度にスタートし、人はなんとかその環境の変化に適応しようとするのですが、それは思っている以上にとてもストレスになるのです。人は基本的に自然体でありのままの自分でいられる場合はストレスは感じにくいのですが、初めてのことばかりの新しい環境ではそうはいきません。学校であれば新しいクラスに馴染めるように友達に合わせたり、会社であれば入社した先の上司に気を遣ったり、顔色を伺ったり、難しい後輩の指導をしなくてはいけなかったり、満員電車通勤になったり、歓迎会のようなイベントもたくさん開かれますよね。最初から自分らしくいようと思ってもなかなか難しく、相手がどんな人なのか探ったり、自分のポジションを探したりもすると思います。そういった状態が一ヶ月も続くと気が滅入ってしまい、ゴールデンウィークの連休がやってきたところでプツンと気持ちが切れてしまい、無気力状態になるわけです。今までの肉体的、精神的な疲れがどっと出てきて五月病になってしまうのです。 肉体的な症状としては、胃痛、めまい、食欲不振、動悸、不眠などが現れることが多くあります。また、精神的な症状では、不安感、焦り、苛立ち、抑うつ、無気力感、などが挙げられます。

五月病の症状とは?対策はコレ

精神的な不安や焦りを感じ、五月病かもしれない、と思ったら、とにかく気分転換やリラックスできることをしていくことをおすすめします。気分を晴らして普段の自分を取り戻すことは、五月病の予防法でもあります。以下のことを空き時間や休みの日に取り入れて、適度にリラックスできるように心がけましょう。

・趣味やスポーツに打ち込む
・好きな映画やドラマを観る
・美味しいものを食べる
・好きな歌を歌う
・自然の多いところや旅行に行く
・たっぷり寝る
・ゆっくりお風呂に入る
・心許せる友人や先輩と話す
・新しい目標を見つける

そして、以下のことを心がけて、なるべくストレスを溜めないようにする工夫も必要です。

・夜更かしをやめる
・暗いニュースや情報の番組を観るのを控える
・シャワーだけの入浴をやめてゆっくりぬるめのお湯につかる
・軽いスポーツを行う
・ラベンダーやオレンジなどのアロマを利用する

当たり前のことかもしれませんが、特に毎日帰宅時間が遅くなったり、時間に余裕がなくなってくると、案外出来ていなかったりします。抑うつ傾向にある人は、上記の事柄が出来ていないことが多いです。
また、原因不明のままだと怖いので、自分を苛む原因を正しく突き止め、その解決法を考えましょう。

スポンサーリンク

・何が嫌なのか具体的に書き出してストレスの根源を把握する。
・↑のストレスを解決する方法を、思いつくだけ書き出す。
・どうやっても解決できない問題は、時間に委ねて考えすぎないようにする。
・解決方法が実施できない理由があれば、それも書き出す。
・どうすれば問題は解決できるかを突き詰めて、明日から実施出来るところまで噛み砕いてみる。

上記のことも実践してみる価値があります。ぜひ試してみてください。
五月病にならない一番重要な要素は「睡眠リズムを乱さない」ことです。睡眠が不足すると、うつ病のリスクが高まるのは多くの研究結果や実例から広く知られています。新生活がスタートして、遅くまで起きていたり、日差しを浴びずに眠り続けていたり、遊び疲れて翌日は夜まで熟睡していたりなど、これでは健康な人でも五月病になる「受け入れ環境」が揃ってしまっています。疲れていても普段の睡眠時間より2時間以上は眠り続けず、なるべく朝は太陽の光を浴びるようにしてみてください。これらを守るだけで、心身の乱れはだいぶ軽減できます。

五月病の症状とは?あなたも大丈夫かチェック!

それでは最後に五月病に当てはまる項目がいくつあるかチェックをしてみてましょう。以下に当てはまるものが多ければ、五月病である可能性が高いです。

・睡眠不足が続いている
・仕事でミスを繰り返す
・ネガティブになり、些細なことでも悩んでしまう
・他人と会うのが面倒くさい(ドタキャンを繰り返す)
・服装に気を遣わず、おしゃれをしなくなった
・好きだった趣味に興味がなくなった
・通勤や通学途中に動悸がしたり、気分が悪くなる
・朝になると体がだるく、遅刻をしがちになった
・好きだったテレビ番組や雑誌を観たくなくなった
・「おはよう」「ありがとう」などの言葉を言わなくなった

4~6個当てはまる方は、軽い抑うつ傾向が見られます。ストレスが高い状態ですので、この時点できちんと解消していきましょう。7個以上ある方は要注意です。5月病にかかっている可能性が高く、こういった状態が3か月以上長く続くようなら医師に相談することをを勧めます。
また、性格面では、几帳面でキッチリしてる、完璧主義、責任感が強い、真面目、周りに合わせる、感情を表に出さずに内向的な人は五月病になりやすい傾向にあるので、日頃から予防を心がけておきましょう。

まとめ

せっかく新しい生活がスタートしたのに、初めは頑張ろうと思っていたのに・・・そんな新しい環境を台無しにしないよう、セルフコントロールできるようにしておきましょう。各々の性格も多少は影響していますが、自分の体は自分が一番よく分かっているはずです。五月病は目に見える病気ではありませんが、自分で予防や対策が可能です。ぜひ症状を頭に入れて、そうならないためのコントロールを心がけてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です