スズメバチに注意!
服装、匂いに気を付けて!刺されたらどうする?

スズメバチは腹部に強烈な毒針を持っていて、人間への攻撃性も非常に高いことから、大変危険な昆虫であると言えます。毎年国内で30人ほどの人がスズメバチに刺されて亡くなっています。熊や蛇、サメに襲われて命を落とすケースよりもよっぽど多いのです。行楽シーズンは特に要注意です。スズメバチに刺されないための対策や、もし刺されてしまったときにどうしたらいいか、応急措置だけでも知っておきましょう。

スポンサーリンク
  

スズメバチに注意!服装で気を付けることは?

よく、黒い色に反応して襲ってくる、ということを耳にすると思います。なぜ黒いものを攻撃するのかについては、なんと人間をターゲットにしたものだとする説が有力なのをご存知でしょうか。スズメバチを食用にする習慣は、日本では馴染みが薄いですが、世界各地にあります。そして、スズメバチを食べる人種は全て髪が黒色であるという共通点があります。スズメバチ食の本場である中国の雲南地方では、膨大な量のスズメバチの幼虫が巣ごと食用として市場に出回るのですが、スズメバチと人間との長いせめぎ合いの中で、スズメバチは髪の黒い人間に対して攻撃するようになったと考えられています。ですから、黒い髪の毛の生えた頭に襲ってくる危険性は大いにあるのです。なるべく白い帽子を被っておくといいですよ。日中は白い衣服を着用するのも効果的です。逆に夜間は薄い色は避けましょう。キイロスズメバチを調査した結果、黒、赤、青色に対しては激しく攻撃しましたが、最も反応が弱かったのが黄色でその次が白という報告があります。白いタオルを首にかけておくのもいいですよ。なるべく黒いものは避けるよう意識して、カメラを首からかけたり、黒のリュックをしょったりしないようにしましょう。また、フレアでひらひらした服装もおすすめできません。長袖長ズボンを着用し、露出部分は減らすようにしましょう。

スズメバチに注意!こんな匂いに寄ってくる

まず、整髪料や香水を付けないのが基本です。スズメバチは匂いに敏感で、興奮して襲ってくる可能性があります。飲食物にひかれて寄ってくることもあります。女性の場合、化粧品の匂いや、芳香剤入りの洗剤で洗濯した洗濯物、汗の匂いにも反応して近づいてきます。普段身に付けるものでもなるべく匂いのないもの、汗をかいたらすぐにタオルなどで拭き取ることで対策しましょう。
スズメバチは、基本的には毒針を直に刺して攻撃をしてきますが、毒を飛ばすこともできるのです。その毒の匂いに反応して、仲間のスズメバチが応援に来るのですが、そんなことをされてはたまりませんよね。この仲間を呼ぶ毒の匂いに近い匂いが、2ペンタノールという匂い成分です。フルーツやフルーツ系のジュース、香水に含まれています。この匂いがスズメバチの近くでしたら、仲間が呼んでいると勘違いされるので特に注意しましょう。

スズメバチに注意!もし刺されたら?

刺された時の症状としては、一般的には刺された部分が痛み、痛みがひいた後も腫れやかゆみが残ったりします。体のだるさや蕁麻疹が出る軽度のものから、口の乾き、下痢、嘔吐、めまいなどの中等症、それから意識がもうろうとして痙攣を起こしたり、血圧の著しい低下がみられる重度ものもまで様々です。特にアナフィラキシーショックを起こす場合は要注意です。最悪の場合、死に至ります。アナフィラキシーショックとは、薬物等のアレルギー反応で極めて短時間(数分~30分以内)に起きる呼吸困難や血圧低下などの生死に関わる重篤な症状で、短時間で症状が出るほど危険とされています。ハチ刺されによる死亡例は、ほとんどがアナフィラキシーショックによる血圧の低下と上気道の浮腫による呼吸困難です。ショック症状は顔を含む頭部や頸部を刺された場合に多く発症し、極めて短時間(刺傷後数分~10数分)で症状が現れます。
もし刺されてしまったら、落ち着いて次のように行動してください。

スポンサーリンク

・(ハチの巣が近くに確認できた場合)速やかに巣から離れる。
1匹のハチに刺されると、毒液が空中にまき散らされるため、多数のハチの攻撃を受けることがあり大変危険です。スズメバチが追いかけてくる距離は種により違いますが、10m~50m程度と覚えておいてください。

・傷口を流水(水道水など)でよく洗い流し、手で毒液を絞り出す。
口で吸い出さず、指でつねって絞り出すようにしましょう。水で洗うことは毒を薄める効果と傷口を冷やす効果が期待でき、毒の周りも遅くなります。スズメバチの場合、体に毒針が残っているケースは少ないですが、針には毒液が残っているため、もし見つけたら速やかに除去します。時間経過が毒液の注入に影響しますので、医療機関での除去にこだわらず早く抜くようにしましょう。

・患部に虫刺されの薬(抗ヒスタミン軟膏)を塗る。
あらかじめドラッグストアなどで購入しておくことをおすすめします。ちなみにアンモニアは全く効果がありませんので、おしっこをかければ良いというのは単なる都市伝説です。

以上の処置を施した後、できるだけ速やかに医師の診察を受けてください。ショック症状(意識がもうろうとしたり、呼吸困難、血圧の低下)があれば緊急を要します。救急車を呼ぶことをためらわず、急いで病院で診察を受けましょう。
そして、一度ハチに刺された人は2度目に要注意です。約10%の人が蜂毒に対して抗体ができて、ハチアレルギー(アナフィラキシー)になり、約2%の人は身体が過剰に反応して血圧が下がって生命にかかわるショックを起こす危険があるとされています。もし刺されたら、10分から15分の間に病院で治療を受けることです。特に最初刺されたときに意識が朦朧としたような人は一刻も早く病院に行きましょう。
めまいや気の遠くなる感じなど血圧低下を示す症状がある場合には、横になり(仰向け)嘔吐がなければ毛布などを用いて両足を上げます。足を上げることで心臓に戻る血流が増加するために血圧の上昇が期待できます。嘔吐が見られたり意識が悪い場合には、吐物を喉に詰まらせたり舌が気道を狭くし呼吸困難を起こす可能性があるため、横向きで寝かせ、応援や救急隊が到着するのを待ちます。

ちなみに、8-9月がスズメバチの巣の拡張期で、巣に近づくと、ハチは巣を守るため外敵に攻撃を加えます。「警戒」→「威嚇」(カチカチ音)→「興奮」→「攻撃」の手順を踏むのが一般的です。従って、カチカチという音を聞いたら、大きな音を立てずにそっと逃げましょう。

まとめ

いかがでしょうか。刺された場合死の危険性もあるスズメバチ。体の小さなお子さんや、免疫力の低いお年寄りは特に注意しておきたいですね。暑い季節、山やキャンプなどへお出かけの予定のある人は、スズメバチ対策もしっかりとして楽しんでください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です