こいのぼりはいつから上げる?
いつしまう?その意味とは?

5月5日はこどもの日。青空を気持ち良さそうに泳いでいるこいのぼりたちに思わず目を奪われてしまいますよね。男の子のいるご家庭ではいつこいのぼりを上げたらいいのか考えたことのある人もいるでしょう。一般的な時期を確認し、どうしてこどもの日にはこいのぼりを上げるのか意味を確認してお子さんのお祝いをしてあげられるよう、今回の記事が参考になればと思います。

スポンサーリンク
  

こいのぼりはいつから上げるの?

実ははっきりとは決まっていません。近所のお家で上げているのをちらほら見るようになったからうちも上げよう、というのはある意味正解と言えます。だいたい4月の上旬頃から見かけるようになりますが、春分の日(3月20日)、または春彼岸が明けてから上げても問題ありません。こどもの日は5月5日にお祝いするのが一般的ですが、地域によっては6月5日のところもあり(端午の節句を旧暦や月遅れで行う地域もあるため)、こいのぼりを上げる時期にも地域差があります。地域差があることを念頭に置いてだいたい端午の節句の1ヶ月前の4月5日の清明あたりが良いでしょう。清明とは、二十四節気と言って、季節を細かく24に分けた暦で、春分の次の二十四節気にあたります。清らかでけがれの無い日なので、ご先祖様も元気に泳ぐこいたちがよく見えて子どもたちを守ってくれることでしょう。そして縁起をかついで大安の日に上げるのが理想的です。お天気や都合でどうしても日柄までは、という場合は、先勝の日の午前中や、先負の日の午後など、半日が吉という時に飾り付けてもいいでしょう。清明、大安、そして空が青く晴れ渡っていたら、こいのぼりを上げるのにもってこいの日です。

こいのぼりはいつからいつまで?

こいのぼりはいつまで飾っておくかということに関しても、特に決まりはありません。一般的には5月5日後すぐに片付けるところが多いようですが、それも地域によって異なるので、それぞれの風習に従うのが良いです。こどもの日が過ぎても5月末まで飾っておくこともあったり、旧暦でお祝いにする地域では、6月中旬まで出しているところもあります。日柄や天気の良い日を選んでしまうようにするといいでしょう。先述したように二十四節気から考えると、5月5日の端午の節句を過ぎてから小満にあたる5月21日頃までがおすすめです。小満は、植物が大きく成長した(満ちた)頃、という意味で、これから草木の緑が濃くなっていきます。心身ともに、子どもの成長を願うなら確かに適した時期と言えそうです。そして雨の続く梅雨に入る前に片づけたい人がほとんどでしょうから、端午の節句を過ぎて、小満までの晴れた日で、こちらも縁起をかついで大安の日ならベスト、ということになります。
ちなみに何歳までこいのぼりを飾ってお祝いするかにも決まりはありませんが、興味が薄れてきたり、周りがやらなくなったりする10歳前後まで、というところが多いです。寂しい気持ちもありますが、今年はどうするか家族で話し合って決めてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

こいのぼりはいつから?その意味とは?

始まりは江戸時代の中期と言われています。もともと江戸時代には、武士の家では端午の節句の際に家の中には鎧兜を、玄関にはのぼりを立てて男の子の出世を祈っていたそうです。男の子を授かると、それは一族皆が喜んで、家紋の入った幟(のぼり)や旗などを上げる習慣がありました。当時はまだ身分の差がはっきりとしていましたから、武家より下に見られていた商人たちがこれに反発しました。家門が繁栄してほしいと願う気持ちは、武士も一般庶民ももちろん同じです。自分たちも何かやってやろうじゃないか、と息巻いて始めたのが吹き流しをあげることです。もともと「目印」の意味の吹き流しは、こいのぼりと一緒にいまでも上げられていますね。武家のように同じ幟を上げなかったことについては定かではありませんが、身分の違いから、同じものを上げることが禁じられていたと考えられます。しかし、裕福な商人の家が、武士の家の行事に対抗して始め、最初は吹き流しだったのが、鯉の絵を描いて飾るようになったとされています。
なぜ「こい」を縁起物として考えたのかというと、中国に次のような故事があるからです。
「黄河に竜門と言う急流の滝がありましたが、さまざまな魚がその急流をめざし登ろうとしますが失敗に終わります。しかし、鯉だけが登りきり、後に竜になりました。」
つまり、「こい」のように逆境に負けず、強くたくましく生き残ることができる子どもに育ってほしいという願いが、こいのぼりに反映されているのです。こいのぼりの意味や由来を知ると、昔の人の思いが今の時代になっても変わらず受け継がれていることがよく分かります。時代や地域が違ったとしても、子どもを大切にする親ごころは皆同じなのですね。

まとめ

ダイナミックに泳いでいるこいのぼりにはちゃんと歴史と意味があったのですね。パワー溢れるこいたちにあやかって、男の子をお祝いしてあげましょう。今年の端午の節句は是非大安の日をチェックしてこいのぼりを上げてみてください。思い出に残る楽しい日になるといいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です