イースターの意味と由来、
卵とうさぎはどう関係している?

イスターエッグという可愛らしいペイントを施した卵をご存知でしょうか。クリスマスやバレンタインのようにメジャーなイベントではありませんが、意味や歴史を知ることでイースターイベントを楽しむことができます。一体何をする日なのか、あの卵にはどんな意味があるのか今回はご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

イースターの意味、その由来とは

日本ではまだまだ馴染みのないイースターですが、実はキリスト教においては最も重要な祭日なのです。日本語に訳すと「復活祭」となりますが、キリスト教で最も古い儀式と言われています。だからこそ大きな意味があるのですね。
キリストは弟子の一人に裏切られ、十字架にかけられて生涯を終えることになります。ですが3日後、キリストの遺体は納めたはずの場所にありません。そこに、突如弟子たちの前に生き返った姿で現れたと言います。これがキリストの復活です。以後、それを記念して行われるお祭りがイースターとなりました。キリスト教徒では、キリスト誕生のクリスマスよりも、復活のイースターの方が奇跡の日として大切なお祭りとされています。キリストが生涯起こした数多くの奇跡の中で、最大の奇跡がこの復活であり、キリスト教ではイースターの復活祭を最も重要な祭日として扱っているのです。キリストの復活とともに、寒い冬から暖かい春へと変わる季節をお祝いする祭日がイースターなのです。キリスト教の人たちは聖歌から聖書の朗読をしたり、祈願や献金などをします。
イースターの名称は、アングロサクソンというデンマークやドイツ周辺に伝わる春の女神の名前がその由来と言われています。春は緑が芽吹き、たくさんの新しい命が誕生する時期です。そんな春をお祝いするお祭りを象徴する女神と、十字架にかけられて死んだ後に復活したキリストのイメージが重なって、現在に伝わる「イースター」となりました。
イースターの日付は毎年変わります。「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められています。年によって最大一ヶ月ほどのずれが生じます。ちなみに2017年は4月16日(日)です。昨年の2016年は3月27日でしたので、半月ほど日付が変わっています。
これらはカトリックやプロテスタントなどの西方教会での話で、ギリシャ正教などの東方教会の場合は算出方法は同じですが、基準となる暦が別のものになります。

イースターの意味、卵はどう関係している?

卵は、キリスト教ができるよりも前から「生命」や「復活」の象徴とされていました。雛が殻を破って誕生するのにはとてもパワーが必要で、そこから連想されたようです。キリストが復活を遂げた際、死という殻を破った姿が重ねられ、イースターには卵が使われるようになったと伝承されています。
イースターの日には、カラフルにペイントした卵=イースターエッグを飾ります。先述したように、キリスト教において卵は生命の誕生を意味するものでとても重要なものなのです。キリスト教徒の人たちは、サンクスギビングやクリスマスと同じように、イースターの日には家族みんなでご馳走を食べてお祝いをします。そして、料理の中には卵を使った料理が振る舞われます。卵料理は大抵どこの国でも使われますが、同じイースターのお祝いでもアメリカではハム、ドイツでは肉、イギリスではラム肉、南米では魚料理が振る舞われるなど、それぞれ異なっているのが面白いところです。
卵の料理だけでなく、卵を使った遊びを行ったりもします。代表的なものとしては、家の中や庭、ガレージなどに隠した卵を探し当てる「エッグハント」、スプーンに卵を乗せて、それを割らずに一番早く運べるのは誰かを競う「エッグレース」、卵を割らないように転がして遊ぶ「エッグロール」などがあります。どれも可愛くポップにペイントされたイースターエッグで行われます。

スポンサーリンク

イースターの意味、うさぎが出てくるのはなぜ?

うさぎはたくさんの子どもを生むことから、豊かな生命の象徴とされています。一度にたくさんの命を誕生させるため、古来より繁栄や多産を象徴する動物でした。イースターエッグを生んだのはうさぎである、という伝承もあります。また、多産と豊穣をつかさどる「エオストレ」という春の女神がいるのですが、この女神の化身、または使いがうさぎなのです。そして、うさぎは春の「再生」のシンボルであるため、キリストの復活と関連づけられイースターのシンボルとして登場するようになりました。
うさぎをかたどったチョコレートなどもイースターエッグと共に飾られるのが一般的です。飾られた卵やうさぎは、集まった家族や友人たちとプレゼントとして交換します。飾られている卵もうさぎと同様、チョコレートでできていることがほとんどで、特に子どもたちには大人気です。チョコレートの中にはさらにキャンディーなどのちょっとしたプレゼントを入れて渡すこともありますよ。中には指輪を入れてプロポーズする人もいます。

まとめ

イースターの由来、あのカラフルな卵の意味を知っていただけたでしょうか。春がきたということをみんなで楽しくお祝いすることはもちろん悪いことではありませんが、本来はキリスト教の祭日です。難しく考える必要はありませんが、あまりハメを外しすぎないように楽しみましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です