御仏前とは?
御霊前との違いと金額、書き方と入れ方とは

皆さんは御仏前を渡す経験をしたことがありますか。滅多にないことですが、だからこそ知らなかった、という恥をかいてしまいがちです。大人のマナーとして知っておくために今回の記事を参考にしていただけたらと思います。その意味や金額、書き方についてみていきましょう。

スポンサーリンク
  

御仏前とは?御霊前との違い

簡単に言うと以下のとおりです。

・御仏前
故人が成仏した仏様の前。四十九日を過ぎてから使う。御仏に供える金品など。供物の表書きのひとつ。

・御霊前
故人の御霊(みたま)の前。四十九日まで使う。御霊に供える金品など。香典の表書きのひとつ。

ちなみに「御香典」は御霊前・御仏前を含む広い意味で葬儀の供物に対する口語的な言い方で、葬儀に持参する金品を香典と言います。しかし、宗教によって霊の考え方が異なるため、不祝儀袋で持参する表書きとして「御仏前」「御霊前」などを使い分けます。
例えば、仏教では一般的に「御霊前」を使い、四十九日を過ぎたら「御仏前」を使います。ですが、浄土真宗や真宗大谷派などでは「霊」という考えがなく、人は亡くなったらすぐに浄土に還り成仏する、という考えのため葬儀のときから「御仏前」を使いますので注意しましょう。
キリスト教の場合は「お花料」ですが、「御霊前」(蓮の花の印刷以外)は問題ないとされています。キリスト教の考え方では、亡くなったら霊魂となり、神に召されるとされているためです。
もちろん事前に確認をしてどのような宗教や宗派なのかということで異なってきますが、事前に確認できない場合は仏教で宗派が不明なら「御香典」、宗教が不明だが明らかに真宗ではない場合は「御霊前」が無難だと言えます。

御仏前とは?金額はいくら?

死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。年齢や付き合いの深さによって額も変わってきますが、少額の場合は連名で香典を出すなどして、3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。不祝儀には新札は用いない方が良いとされているのでできるだけ避けるようにしましょう。どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れるようにしましょう。しかし、汚れたお札や破れたお札、シワだらけのお札は失礼にあたるため控えてください。
故人と血縁関係がある場合は法要のみの場合10,000~30,000円、法要後に会食がある場合は20,000~50,000円、血縁関係のない知人や友人の場合は5,000~10,000円、法要後に会食がある場合は10,000~30,000円が一般的と言えます。しかし血縁関係がない場合でも、お世話になった人へなら多く包む場合もありますし、自宅ではなくてホテルで会食が行われる場合は、会場や料理のことを考えて多めに包むのがマナーです。故人の孫やひ孫の場合は、他の親族と相談して金額を決めるのが無難です。香典ののし袋の下段を「孫一同」「曾孫(ひまご)一同」とし、まとめた形でお供えするのでも問題ありません。

御仏前とは?書き方と入れ方

故人への考え方が宗教によって異なるように、香典袋の書き方も宗教によって様々です。必ず喪家(喪主)の宗教にあった表書きの香典を持参するようにしましょう。

表書き
・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」「御香料」などです。
・「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。

のし袋と水引き
・黄白、双銀または黒白の水引き
・結び切り(堅く結んで切ったシンプルなもので、繰り返しを連想させない)またはあわじ結び(あわび結びとも言います)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。


・薄墨で書くのは四十九日までとされており、最近は四十九日以降の法事法要では黒い墨を用います。
(薄墨には、訃報に接して悲しみの涙で墨が薄くなったという意味があります)

名前
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。

スポンサーリンク

仏教の場合、通夜、葬儀、初七日の法事法要は「御霊前」「音香料」「御香奠」(墨は薄墨)中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。
四十九日以降の法事・法要は「御仏前」「音香料」「御香奠」(墨は濃い墨)です。中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。
但し先述したように、浄土真宗などでは四十九日前でも「御霊前」は使いません。四十九日前でも「御仏前」を使うか、または「御香料」「御香奠」となります。「奠」という字には供え物という意味があります。
キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」などで、プロテスタントでは、一ヶ月目に「昇天記念日」などがあります。

表書き
・「御花料」(プロテスタント)
・「御ミサ料」(カトリック)

のし袋と水引き
・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使いません。


・キリスト教では忌明けという考え方がないため、墨の色に関する細かいしきたりや作法がありません。一ヶ月目の追悼ミサ以降は黒い墨でも良いでしょう。

名前
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。

香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。
1 壱
2 弐
3 参
5 伍
7 七(ごくまれに漆)
8 八
10 拾
100 百
1000 仟または阡
10000 萬
その他 円を圓と書くこともあります。
なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。(例:金30,000円也)

香典が入ったのし袋は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが正式なマナーです。ふくさがない場合は黒・白・グレーなどの地味な色のハンカチで代用してください。ポケットタイプや、袋状の袱紗も市販されています(四角い形状ではなく、長財布みたいな形になっており、香典を包む手間が要らないものです)。簡易版とも言えますが薄手のものを選ぶとバッグにも収まりやすく、男性の上着の内ポケットなどにも入れやすいようです。上下を角にした状態で袱紗を置き、その中央に香典袋を置きます。ふくさによっては、留め具がついたものがありますが、留め具は左側にくるようにします。 右、下、上、左の順にたたみます。受付では、ふくさから香典を出し、のし袋の向きを変えて、相手から文字が読める向きにして渡しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。経験してみないと知る機会のない香典についての知識ですが、社会人になったり、結婚したりするといつかは参加することになるでしょう。そうしたときに何も知らずに常識はずれのことをしてしまわないために、事前にどのようにするのが大人のマナーなのか予習をしておきましょう。亡くなった故人に対しても、その親族の方に対しても失礼のないようにしたいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です