入社式はみんな緊張!
服装、持ち物はOK?当日はリラックスして

学生の入学式とは違って、これから社会で働く大人の入社式はこれまでとは一味もふた味も違った緊張感が漂います。同僚、先輩や上司とはうまくやっていけるのか、仕事はちゃんとこなせるのか、色んな思いを持ってそれぞれの新入社員たちが式に臨みます。右も左も分からない状態ですが、せめてマナーだけはしっかりとおさえておきたいものです。当日、身だしなみに時間をとられて慌てないように、しっかりとイメージしておきましょう。

スポンサーリンク
  

入社式って緊張!服装は大丈夫?

入社式のためにはりきって新しいスーツを新調する人もいるかもしれませんが、そこまで気合を入れてお金を使わなくても大丈夫です。就職活動で使っていたリクルートスーツで十分です。体にも馴染んでいて着慣れているはずです。苦楽を共にしたスーツですから、身に付けていると心強いはず。就活で使っていたのもなら黒・紺・グレーのいずれかの場合が多いでしょう。入社式に適したカラーです。周りの新社会人たちも一同に集まって入社式をするので、自分だけが浮いてしまうような色にはならないはずです。ただしヨレヨレはNGです。シワのないよう整えて、必要であればクリーニングに出しておきましょう。シャツはパリッとアイロンをかけて、靴は綺麗に磨いて当日の朝を迎えましょう。入社式では大抵集合写真も撮るので清潔感漂う服装になるように心がけましょう。
髪の色は就活をしていたときと同じ色が望ましいです。入社式までの間に羽目を外して明るく染めていた人は、黒い色に戻しておきましょう。落ち着いた髪色の方がスーツとのバランスも取れますし、やはり新社会人としてふさわしいと言えます。男性は耳の出るくらいの短めのストレートヘア、七三分け、分け目のあまり目立たない髪型がいいでしょう。ファッションや美容に関係した会社の入社式であれば多少個性のある髪型にしても問題はないでしょう。女性は基本的には後ろで一つに結んだ髪型が理想です。しっかり結んでいても、お辞儀をした際に肩に毛先が乗ってしまったり、サイドの髪の毛が顔にかかるのは好印象とは言えないので注意しましょう。色味の落ち着いたバレッタを使ってうまく束ねるのもOKです。スーツやカバンに合うようにコーディネートしていきましょう。豪華なヘアアレンジやピンはいくらお祝いの式典であっても控えましょう。シャツはジャケットで見えないし豪華にしてもいいだろうと思うかもしれませんが、男女ともに白の無地にしましょう。フォーマルな白のシャツは清潔感だけでなく、信頼感や清楚なイメージもあり、好印象を与えてくれます。入社式に最も適したシャツと言えるでしょう。
ネクタイも派手なものは避け、単色のものを選んでください。スーツとシャツがしっかりしていても、ネクタイで台無しになることのないようにしましょう。靴はワックスをかけるのが望ましいです。こちらも就活のときに使っていたもので十分ですよ。ただ、あまりにも履きつぶしてしまっている場合は新しいものを新調した方がいいかもしれません。カバンやバッグはブランド物を避けてください。1万円前後のもので用意するといいでしょう。就活時に使っていたものでももちろんOKです。
前日にはシャツとスーツは部屋にかけておき、朝になってバタバタしなくていいように準備しておきましょう。
人は見た目じゃない、という意見もありますが、初めて見る人を判断する際に第一印象というものはとても重要になってきます。入社式でのスーツや髪型で良い印象を与えるのはもちろんのこと、それ以降も身だしなみには気を配るようにしましょう。

入社式って緊張!持ち物は大丈夫?

会社によって多少の違いはあるでしょうが、一般的には以下のものが必要になります。

・身元保証書
一般的に2人の保証人のサインを受けて提出をします。

・身分証明書
一般的なものは免許証です。加入している保険証でも問題ありません。

スポンサーリンク

・卒業証明書
既に提出している場合もあるでしょうが、入社式の日に提出するケースも多いです。

・印鑑
給与振り込みの口座を申請するのに必要です。認印でOKです。

・国民年金手帳
入社と同時に年金手帳を提出し、その後は会社の金庫で管理するところがほとんどです。

・通帳(またはカード)
給与振込の設定に必要です。

・筆記用具

とにかくメモは持ち歩くくせをつけましょう。しっかりメモを取ることはビジネスマナーの初歩の初歩です。

これらのものは超重要になりますので、2~3日前には準備を済ませて鞄の中に入れておくようにしましょう。その他、入社式で資料をたくさんもらったときに入れられるような予備のバッグ、折り畳み傘、もちろん財布や携帯電話、ハンカチ、ティッシュなども忘れずに準備しておきましょう。

入社式は緊張!リラックス方法はこれ

学生のときとは違って、周りにまったく友達もいないところからスタートするケースがほとんどの新社会人。もう一人前の大人とみなされる身となり、今までとは環境がガラッと変わります。そのスタートの前日となると、いくら肝の座った人でも多少は緊張してしまうのではないでしょうか。上記で述べた持ち物や当日の服装チェックをして、電車やバスのスケジュールを確認しながら会社まで行くイメージトレーニングをしておくと随分とリラックスできるものです。前日はもし眠れなくても、布団に入って目を閉じて体を休めるようにしましょう。副交感神経を優位にしてリラックスできるストレッチもおすすめです。ゆっくりとお風呂につかって体をあたためた後にやると効果的です。その後はリラックスできるツボを押してみましょう。「安眠」のツボは耳の後ろの骨の下のうなじと交わるところにあります。親指で10回程度刺激してみましょう。それからホットミルクを飲んで寝るといいですね。ホットミルクは体を温めてくれますが、その後に体温がさがり、眠気がやってきます。牛乳の中に含まれるオピオイドペプチドという成分はリラックス効果があると言われています。
それでも不安でどうしようもなければ、ゆっくりと深呼吸して自分の呼吸に意識を集中させるか、いっそのこと泣いてみましょう。泣くことによって副交感神経が活発になり、リラックス効果が期待できますよ。
いずれもテレビやスマホを消して、薄暗くした部屋で試すと良いでしょう。

まとめ

新社会人おめでとうございます。誰だって初めての環境に足を踏み入れることは緊張します。それでも少しでも緊張を和らげて失敗のないように、常識的な身だしなみで好印象を与えられるように、社会人生活、頑張ってください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です