母の日のカーネーションの色の意味、
いつ、どんなものを用意する?

母の日は日頃頑張ってくれているお母さんに感謝の気持ちを伝える日です。実は定番のカーネーションにはいろんな種類の色があって、それぞれに意味があるのをご存知でしょうか。一概に花をプレゼントすると言っても、どんな色のものをどんなアレンジメントで贈るのかは本当に様々です。事前にチェックしてあなたが選ぶ特別なカーネーションで気持ちを伝えてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク
  

母の日のカーネーション、色に意味がある?

花屋さんに行く機会があっても、意識して見てみないとカーネーションにたくさんの色のバリエーションがあることを知ることはまずないでしょう。カーネーションは色によって花言葉と意味が存在します。どんな気持ちを表したいか、お母さんや自分の状況によって色を選んでみてもいいかもしれません。中には避けた方が無難な色もありますので以下を参考にしてください。

・赤
花言葉は母への愛「母への愛」です。言わずもがな、定番カラーだけあって意味合いはぴったりですね。

・白
花言葉は「あなたへの愛は生きている」「尊敬」です。亡くなったお母さんに添える色ですね。

・ピンク
花言葉は「感謝」「美しいしぐさ」です。素敵な花言葉ですね。可愛らしく柔らかいカラーでもあり、母の日に贈るにも適した色ではないでしょうか。

・黄色
花言葉は「軽蔑」「嫉妬」です。これは気を付けておきたい色ですね。仮に黄色が好きなお母さんであっても避けたい色です。

・青
花言葉は「永遠の幸福」です。実は青色のカーネーションは人工的なカラーで、花言葉は素敵なのですが、人の手によって作られたイメージから、人気のカラーではありません。

・オレンジ
花言葉は「純粋な愛情」です。こちらも素敵な花言葉ですね。明るいイメージのオレンジ。はつらつとした明るく元気なお母さんにぴったりです。

・紫
花言葉は「誇り」です。紫のカーネーションなんて珍しいですが、こんな意味合いがあったなんて意外ではないでしょうか。気品のある紫は落ち着いた上品なお母さんに合うイメージです。

※最後に最も気を付けておきたい色をご紹介します。「濃赤」です。花言葉は「私の心に哀しみを」です。定番の赤とは違ってとってもネガティブな意味を持ちますので避けておきましょう。

感謝の気持ちを表す母の日に適していると言えるカラーばかりではありませんね。お花屋さんは売り上げのこともあるので細かいところまでは教えてくれないかもしれません。特に可愛らしいイメージのある黄色や白はそのイメージだけで選んでしまいそうになるかもしれませんが、気を付けておきたいところです。

母の日のカーネーションはいつ準備する?

花屋さんが一年の中で一番忙しいのが母の日です。今の時代はネットから注文してそのまま実家や義両親のお家に届くように手続きする人もたくさんいますが、ネットとて同じことです。全国から大量の注文が入る中、母の日に届くように手配するので大忙し。しかも生花の場合は買い置きも不可能です。加えてメッセージカードや送り状、ラッピングに梱包といった作業もありますから、それはもう大変なはずです。早めの注文をするにこしたことはありません。忘れがちな母の日かもしれませんが、お花の注文は4月の上旬に済ませておくと安心です。5月に入っていなくても、4月下旬だと厳しく、予約でいっぱいになっているところもあります。5月には注文すら受けていないところもたくさんありますので、早め早めに準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

母の日、カーネーションはどんなものが人気?

プレゼントする色も決まり、早めの準備を心がけていても、自分の都合だけで選ぶともしかしたらありがた迷惑になってしまうこともあるかもしれません。花束を贈る場合は花瓶があるかどうか、鉢植えを贈る場合は手入れをする時間があるか、花を育てるのが苦ではないか、など事前に考慮しておく必要があるでしょう。昨今ではお手入れの不要な可愛らしいプリザーブドフラワーも人気がありますが、消えものではないためこちらも考えようです。

・花束
◎あまり手がかからない
◎種類が選べる
△枯れてしまう
△適切な花瓶が必要

・鉢植え
◎手入れをすれば長持ちする
◎花瓶がなくてもOK
◎育てる楽しさがある
△手入れをしないといけない
△日当たり、植え替えなどを考える必要がある

・プリザーブドフラワー
◎手入れがいらない
◎コンパクト
◎ずっと楽しめる
△ずっと残る

その瞬間を大切にしたい場合や、継続的にプレゼントをする場合は生花が適していると言えます。プリザーブドフラワーが美しく加工されていても、やはり生花の美しさには敵いません。記憶に残るような演出をしたい場合は生花が最高の贈り物となるでしょう。プリザーブドフラワーは置いて飾るだけでとても楽ちんなので、ちょっとズボラなお母さんや、体の自由がききにくい人にも喜ばれる贈り物と言えます。

まとめ

赤と白のカーネーションの意味は知っていても、意外と他の色に意味があることは知らなかったという人もいると思います。伝えたい気持ちによってオリジナルの色でアレンジメントしてみるのは選ぶこちらもわくわくしませんか。普段言葉では言い表せない気持ちを込めて、素敵な母の日になるよう参考になればと思います。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です