宝くじに当たる人の買い方とイニシャル、
星座は?

宝くじなんて夢のまた夢の話、とは分かっていても買わずにはいられないのは筆者だけではないでしょう(笑)やみくもに買っている人も多いでしょうが、当選者の中には頻繁に当選している人や、当たりやすい傾向にある人がいるようです。どんな特徴のある人たちでしょうか。ご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

宝くじに当たる人の買い方って?

宝くじに当選する人の傾向として、以下の共通点が多く挙げられます。

・ゲンを担ぐ
ゲン担ぎをしている人は多くいます。夢に見たから、何かいいことがあったから、遺言で宝くじの購入をすすめられたから、など。ただただ祈るばかりではなく、自ら運を呼びこむ為に努力をしている人が当選しているケースが多いようです。
実際にパワースポットとして東京にある「今戸神社」などが有名で、招き猫の発祥の地ということで、宝くじシーズンになると参拝する人は多くいます。

・諦めない
確率的に、確かに何度も購入している方が当たるのは頷けますが、高額当選している人の70.9%の人が10年以上も継続して購入しており、1年以上継続して購入している人は91%もいるのです。次は当たるかも、と期待をして買い続けることが当選につながっているのですね。

・売り場のこだわり
窓口が西側にあるお店はよく当たると言われています。よく当たっている売り場は存在しており、人気の「西銀座チャンスセンター」(東京・中央区)では600人もの列ができて大行列になります。また、笑顔の店員さんから買うのもポイントです。ムッツリした店員さんは運気が良くないのだとか。

・買い方の特徴
連番を10枚、バラを20枚という買い方が一番多いようです。大量購入=当選確率ということではなく、直観に従って合計30枚を買うのが特徴です。また、支払いの際はおつりが出ないように支払いをするという不思議な傾向も。

・子どもと
子どもと一緒に買いに行くと当選する確率が上がります。高額当選者の中にはどのくじを買うのか子どもに選んでもらっているという人も。ただし、宝くじの意味を理解していない子に限ります。欲がない、というのがポイントのようです。

・前日の食べ物
宝くじを買う前日はお肉を食べると比較的当たりやすいとか。また、お酒は飲まない方がいいようです。ゲン担ぎのひとつになるかもしれませんが、焼肉を食べに行く人が多いという結果が。

・黄色いものを部屋に置く
風水でも黄色は縁起が良いとされています。実際の当選者でも、黄色のカーテンをしたり、黄色の置物を置いたり、黄色の布を壁に飾ったりと、黄色に拘っている人は多くいます。

その他にも目覚めて6時間以内に買いに行く、10時~15時の間に買いに行く、高額当選者は丸顔の傾向にある、口数が少ない、などが挙げられます。

スポンサーリンク

宝くじによく当たる人のイニシャルとは

苗字のイニシャルがKの人が当選の確率が高めです。日本の苗字は「鈴木さん」「佐藤さん」が断トツに多く、これらは2つともSが苗字のイニシャルです。Kは苗字のランキングを10位まで見ても「加藤さん」「小林さん」ぐらいで意外と少ないので、苗字にKの付く人は当たりやすい傾向にあると言えるでしょう。高額当選者のイニシャル男性の1位は「T.Kさん」次いで「M.Sさん」「K.Sさん」、女性は「M.Kさん」「M.Sさん」「M.Mさん」となります。男女ともに苗字がKの人が1位です。ちなみに、数字式宝くじでは、男性が1位から「T.Kさん」「K.Kさん」「T.Sさん」、女性が「M.Kさん」「M.Sさん」「Y.Kさん」となっています。

宝くじによく当たる人の星座とは

続いては星座のご紹介です。
1位 みずがめ座 2うお座 3やぎ座 4しし座 5おとめ座 6おひつじ座 7位 てんびん座 8おうし座 9ふたご座 10かに座 11さそり座 12いて座、以上の順位です。男女別の統計でも男女ともにみずがめ座が1位という結果です。不思議ですね。

まとめ

宝くじは「夢を買う」物として適度にワクワクを楽しむものです。「当たったらどうしよう」なんて当たることはまずないのに誰しも考えたことがあるでしょう。どうせなら少しでも当たる確率をあげられるよう、今回ご紹介したことをできる範囲で真似てみていただけたらと思います。春爛漫くじ、グリーンジャンボなど、ワクワクの宝くじが今年も始まります。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です