洗濯機の掃除のやり方って?
綺麗に保つコツもご紹介

梅雨のじめじめした時期になると、洗濯物の臭いが気になることが増えませんか。なかなか乾きにくい状態が原因というのももちろんですが、そもそも洗濯槽がカビだらけで真っ黒ということも!見えない部分だけに普段は見て見ぬふりをしがちですが(笑)気になる季節なだけに、洗濯機も一度きれいさっぱり洗ってあげてはどうでしょう。実は家庭でも簡単に洗うことができるのです。

スポンサーリンク
  

洗濯機の掃除のやり方

洗濯機を清潔に保ち、いつでも気持ちの良い洗濯物を仕上げるコツは洗濯槽のこまめな掃除です。汚れがたまらないことはもちろん、カビの繁殖を防ぐためにも是非実践してみてください。
専用の洗剤を用意しなくても、家であるもので掃除は可能です。以下の2つがメジャーで簡単な洗濯機の掃除方法です。
※ご紹介するのは縦型の洗濯機を想定してのものです。

・重曹を使った掃除

大掃除の際の必需品であり、汚れを落とす定番中の定番重曹は洗濯槽の掃除でも大活躍です。有害な物質も出ないし、洗剤が苦手な人にもとってもおすすめです。弱アルカリ性の重曹は、酸性の汚れを落とすのに適しています。油と混ざることで、洗濯槽にこびりついた汚れや臭いを分解してくれる働きがあります。手順は以下のとおりです。

1. 洗濯槽に40~45℃のお湯を最大まで入れる
水でも効果はありますが、お湯を使うことでより汚れを落とすことができます。

2. 重曹を入れる
重曹を200cc(カップ一杯分)入れます。

3. 洗濯スタート
「洗い」で通常運転させます。その後つけ置きするので脱水は不要です。
そのまま5~6時間放置します。

4. 浮き出た汚れをネット(網)ですくう
100均でも購入可能な小さめの網でごっそり浮き出た汚れを取り除きます。
汚れが詰まる原因になるので、絶対にそのままにしないことです。

5. 洗濯機を数回まわす
「洗い」で通常運転させます。その後再び出てきた汚れをすくい取ります。
その後「すすぎ→脱水」を3回繰り返し、汚れが出てこなくなれば完了です。

・漂白剤を使った掃除

続いて酸素系漂白剤を使った洗濯機の掃除方法をご紹介します。漂白剤には「塩素系」と「酸素系」がありますが、酸素系を選んでください。塩素系だと洗濯槽を錆びさせてしまう恐れがあります。重曹よりも強力なパワーで汚れを分解します。基本的には重曹で洗うのと同じ方法です。漂白剤の混ぜる分量だけ異なります。

1. 洗濯槽に40~45℃のお湯を最大まで入れる

2. 酸素系漂白剤を入れる
水10リットルに対して100グラムの分量で入れてください。

3.以降は重曹のときと同じ手順です。

この2つが簡単でメジャーな洗濯機の掃除方法です。どちらももちろん洗濯物を入れない状態で行い、結構時間もかかる作業なので、洗濯物を干す時間に支障のないようにしましょう。

スポンサーリンク

洗濯機を掃除した後、綺麗を保つ方法

せっかく掃除してピカピカになった洗濯槽はなるべくきれいに保ちたいですよね。上記の流れで洗濯槽の掃除を終えた後はフタを開けたままにし、洗濯機の内側をしっかりと乾燥させましょう。乾いたタオルなどで内部を拭いてやるのが理想的です。できれば掃除は月に一度くらいのペースで行うのがいいですよ。定期的に行う場合だと重曹でも問題ありませんが、酸素系漂白剤の方が強力なので、汚れをごっそりと落としてくれます。掃除の後もそうですが、日々のお洗濯が終わった後も洗濯機のフタはなるべくすぐに開けて水分を減らす努力をしましょう。また、濡れたタオルや汚れた衣類を洗濯機に放置しない、ということもカビの繁殖を防ぐのに効果的です。濡れたままの状態、汚れたままの状態で放置しておくとみるみる菌が発生して、カビの臭いの原因にもなってしまいます。できれば洗濯カゴなどを使って、汚れたものは洗う前まで洗濯槽に入れないことをおすすめします。
洗濯の際は、洗剤や柔軟剤の使用量をきちんと守りましょう。洗濯物が多いから、汚れが気になるから、洗濯物をふわふわいい香りに仕上げたいから、といって規定よりも多めに投入すると、余分な石鹸のカスが洗濯槽にこびりついてしまい、そこから汚れや菌が発生する原因になってしまいます。
洗濯機はなるべく乾いた状態で保つこと、洗剤は既定の分量を守ること、これがポイントです。これらに加えて定期的な洗濯槽のメンテナンスをすると、きれいな状態の洗濯機を保つことができます。高い買い物ですから、なるべく良い状態で長く使えるようにしたいですね。

まとめ

いかがでしょう。実は洗濯機の内蓋のホコリやゴミ取りネットの汚れが気になっていた、という人は多いでしょう。洗濯機は、買うときはとても高い買い物ということもあり、長く清潔に使いたいものです。きれいな洗濯物はきれいな洗濯機から。気になるカビっぽい臭いの対策にも、面倒だと思われる人も是非今回の掃除方法をお試しください。汚れが浮き出た水にビックリ、洗濯槽の掃除が病みつきになってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です