洗濯物の臭いの原因と予防法、
臭いを取る方法は?

じめじめした梅雨の季節が訪れようとしています。この時期の主婦のみなさんのお悩みはなんと言っても洗濯物でしょう。洗濯物の量はいつも通りなのに乾かない日が続く続く・・・部屋干しや生乾きのカビっぽい臭いが気になったことは誰しも経験があるでしょう。そんな嫌な思いをしないために、雨が続いてもなるべく洗濯物をカラッと爽やかに乾かせる方法や、カビの臭い取りをご紹介します。

スポンサーリンク
  

洗濯物の臭いの原因は?

洗濯物の臭いの元は主に菌が原因です。雑菌がつきやすい環境になると臭いもつきやすくなります。菌の他には汗や汚れの臭いが考えられますが、梅雨の時期に多い古い雑巾のような嫌な臭いは菌によるものです。部屋干しをした際の不快な臭いの原因は「モラクセラ菌」という菌によるものです。この菌が繁殖すると、あの嫌な臭いを放ちます。モラクセラ菌自体は私たちの身体の中にも常駐しており、日々の生活の中でも空間にいる一般的な菌で何の問題もありませんし、私たちが健康な状態であれば害はありません。ですが、室内干しや洗濯物が乾きにくい場所に干されて、乾くまでに時間がかかってしまった場合、モラクセラ菌が洗濯物に残ったたんぱく質や皮脂を分解してあの嫌な臭いを発生させるのです。モラクセラ菌は先述したとおり、私たちが健康であれば無害なのですが、免疫力がおちている状態だと、日和見感染症を引き起こす原因になります。日和見感染症とは、免疫力が低下している時にかかるいろいろな病気のことで、帯状疱疹やカポジ肉腫、ニューモシスチス肺炎、カンジダ症などがあります。健康な大人だけの家庭ならばほとんど心配はありませんが、赤ちゃんや高齢の家族がいる場合は注意したいですね。
洗濯物の臭いだけではなく、衣類やタオルがうっすらとピンク色になって悩んだ経験はありませんか。これらは濡れて汚れた洗濯物をそのまま放置しておくことで酵母菌(カビの仲間)が繁殖し、ピンク色に染まってしまったためです。しかしひとまずご安心ください。このピンク色の酵母そのものにも人体に害はありません。洗濯物は、ぬれた状態が長く続くと雑菌が繁殖しやすくなります。ピンクの色素を出す酵母菌が繁殖して、ピンクに変わったのです。洗濯が終わって洗濯機が止まったあと、洗濯物をすぐに干さないで、そのままにしておいた経験はありませんか。 いくら綺麗に洗えていても、湿った状態は酵母繁殖の絶好の状態ですよ。

洗濯物の臭い予防

少しの努力で菌は劇的に減らせますので、簡単なことは是非実践してみましょう。まずは洗濯物を詰め込みすぎないようにしましょう。容量以上を入れて洗濯すると、汚れがうまく落ちずに臭いの原因となります。また、汚れがひどかったり、洗濯物の量が多いからといって洗剤や柔軟剤を入れすぎるのも厳禁です。余分な洗剤が洗濯機にこびりつき、カビの原因となります。容量は守るようにしましょうね。そして洗い終わった洗濯物はすぐに洗濯機から取り出して干しましょう。菌は湿った環境でどんどん繁殖します。それは洗濯前の汗で湿ったままの衣類やタオルでも同じです。洗濯物をすぐに洗わずため込んでいると、洗う前の洗濯物の衣類の繊維の中でも菌は繁殖します。菌が繁殖しても、洗って菌が落ちれば問題なさそうですが、モラクセラ菌は洗濯をしても衣類に生き残り、死滅しません。モラクセラ菌が繁殖する前に洗濯をし、干して乾かす必要があるのです。そして面倒でも洗濯物はなるべく早く洗濯をするといいですよ。洗濯するまでは通気性のよいカゴの中に保管することも効果的です。お風呂の残り湯を使って洗濯をしている場合、お風呂の水の雑菌が衣類に付着し、それがニオイの原因になっていることが考えられます。もちろん経済的に残り湯を利用することは◎なのですが、「洗い」の時はお風呂の残り湯を使って、最後の「すすぎ」は水道水で洗うようにするといいですよ。そして使い終わった洗濯機はフタを開けてなるべく中を乾燥させるようにしましょう。それから乾燥機の利用も効果的です。乾燥機は高温の空気で衣類を乾燥させるので、その熱で細菌たちを死滅させられます。熱に強く、シワが気にならない衣類は乾燥機を利用するのも手です。
以上のことは、今日明日からでも時間をかけずに実行できることなので是非試してみてください。これらに加えて、月に一度など定期的に洗濯槽の掃除をするとかなり理想的です。洗濯層用洗剤を使って掃除をしましょう。洗剤投入場所やゴミ取りネット、排水のフィルターやパッキン、フタの裏はいらない歯ブラシなどで磨いてみるといいですよ。
洗濯機についた汚れは掃除でおとすしかありませんが、水分を減らす努力は日々行いましょう。

スポンサーリンク

洗濯物の臭いを取る方法

煮沸の可能なタオルや布類は煮洗いが一番おすすめです。これはしつこい臭いだけでなく、黄ばみを取るのにも効果的です。水1リットルに粉せっけんを小さじ2入れて弱火で洗濯物を20~30分煮ます。吹きこぼれないように注意してください。また、鍋にタオルが張り付くと焦げてしまうので気を付けましょう。煮終わったら水で薄めて手で揉み洗いします。これでOK。煮沸する場合はステンレスやホーローの鍋を使ってください。煮沸ができない素材の物は熱湯をかけるといいですよ。洗濯を終えた洗濯物を、熱湯をかけても大丈夫な場所(浴槽の中など)に広げます。まんべんなく熱湯をかけて冷めるまで放置します。以上です。やけどには注意してくださいね。また、ナイロンやポリウレタンなどの熱に弱い衣類には使えません。熱湯が使えない場合は、お風呂の中でつけ置き、軽く洗ってから洗濯するのがいいでしょう。お風呂の中に30~40℃のお湯をはり、酸素系漂白剤を入れた状態でつけ置きをします。1~3時間つければOKです。その後洗濯機に入れて通常通り洗濯します。これなら枚数もたくさん洗えてスッキリしますよ。乾燥機やアイロンの強い熱で菌を退治しり方法もおすすめです。洗剤が苦手な人にも向いています。乾燥機を使う場合は、乾燥機にかけても良い衣類なのかどうかのチェックを忘れずに。アイロンも衣類によって適正なアイロンの温度が異なります。衣類の洗濯表示を確認してアイロンをかけましょう。

まとめ

いかがでしょうか。カビの臭いの原因になることで思い当たることもあったのではないでしょうか。予防できることは対策をして、それでも気になった場合は臭い取りの方法を試してみてください。せっかくお洗濯して汚れを落とすわけですから、綺麗な洗濯物を取り込みたいですよね。今年のじめじめ期は洗濯物の臭いに悩まずに快適なお洗濯を楽しめますように。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です