こどもの日の由来、説明できる?
お祝いやプレゼントはどうするべき?

5月5日はこどもの日、というのは日本国民の常識ですが、そもそもどんな起源があって何をお祝いする日なのでしょうか。どんな理由や由来があるのか分かると、なぜ兜を飾るのか、柏餅を食べるのか、毎年子どもと一緒に共有してより楽しい祝日になりますよね。どんな祝日なのか知って、初節句のお祝いやプレゼントの参考にもなればと思います。

スポンサーリンク
  

こどもの日の由来、説明できる?

1948年に祝日として定められたこどもの日は、端午(たんご)の節句とも言いますよね。これは厄払いの行事として中国から伝わってきました。中国では、旧暦の5月は病気が流行って亡くなる人が多かったため、5と5が続く「5月5日」は悪い意味を持つとされていました。そのことにより、菖蒲(しょうぶ)を門にさしたり、菖蒲を漬けたお酒を飲んで厄払いをしていたのです。悪いことが起こらないように、よもぎで作った人形を飾る人々もいました。菖蒲は薬草としても使われており、季節の変わり目の体調を崩しやすい時期に菖蒲湯に入るようになりました。日本で菖蒲(しょうぶ)というと、武道を大切にする武士である尚武(しょうぶ)と同じ読み方であるため、男の子が誕生したら飾り付けをしてお祝いをする行事になっていったのです。また、菖蒲の葉は先が尖っていて剣のように見えることもその由来のひとつとされています。厄払いの「菖蒲」から語呂合わせで男の子の行事になったということです。
端午の節句とは、「端午=月の端(はじめ)の午(うま)の日」という意味です。毎月初めの午の日が端午と呼ばれており、5月に限ったことではありません。午は十二支で表すと5月になり、はじめは5月の最初の午の日に節句として祝っていました。端午の午(ご)が数字の5と同じ発音だということから、5日にお祝いするようになりました。午=5月で、午と5が同じ発音なので5月5日がこどもの日になったのですね。
端午の節句は、江戸時代にはとても重要な日とされ、江戸城で将軍のお祝いが行われていました。将軍に男の子が生まれると、5月5日に男の子のお祝いもするようになり、その際にはのぼりが立てられていました。まずは武家の間でこの習慣が広がり、続いて庶民にも広まっていきました。しかしまだのころに立てられていたのは「こいのぼり」ではなくて「のぼり」でした。庶民は中国で言い伝えられていた立身出世(竜門という滝を多くの魚が登ろうとしたが、鯉だけが登り切り、竜になったという話)から、鯉の滝登りをイメージして、のぼりに鯉を描きはじめたのがこいのぼりを立てるきっかけになったと言われています。鯉が滝を登り、竜になって天に登ったように、子どもに立派になってほしい、との願いが込められています。
そして昭和の時代になり、国が5月5日をこどもの日と決めたのですが、「子どもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」というのが本来の子どもの日の意味です。
また、柏餅を食べる習慣は中国は関係なく日本独自のものです。柏の木の葉は、新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちずにいることから、「家の後を継ぐ、子どもが生まれるまで親は死なない」ということをイメージして、家系が絶えない縁起ものとして食べるようになったのです。
柏餅の他にも、ちまきを食べる家庭もありますね。昔、中国に屈原という偉い人がいたのですが、屈原はその地位を失った悲しさから川に身を投げてしまいました。それが5月5日だと言われています。国民たちは、屈原の亡骸を魚が食べてしまわないように、えさの替りにちまきを川に投げ入れたそうです。中国の人々はその後も5月5日にちまきを作って災いが起きないように厄除けをしていることから、ちまきを食べる習慣も日本に伝わってきました。
また、武家社会では神社に鎧や兜を奉納して安全祈願した風習があったことから、兜や鎧は「災いから身を守る」という意味合いで飾られています。

スポンサーリンク

こどもの日の由来にちなんでお祝いしよう

もちろん昔からの習わしを重んじて兜やこいのぼりを飾り、菖蒲を門にかけ、柏餅を食べて菖蒲湯につかることは、歴史に触れたり、普段できない経験を子どもにさせてやったりするきっかけとなって素晴らしいことです。
何をしなければいけないという決まりがあるわけではないので、こどもの日として男女関係なくお子さんの成長を願う日であることが大切かと個人的には思います。
家族みんなで食卓を囲んで子どもの好きな料理を出してやるなど、思い出に残る素敵な子どもの日になれば十分でしょう。
また、こどもの日にちなんで子ども向けのイベントが各地で開催されたりするのであらかじめ調べて行っているのも面白いですよ。普段は有料でもこの日は無料で遊べるなど、お得な特典があったりします。
こどもの日をテーマに料理を一緒に楽しむのも、こどもの日をきっかけとして親戚同士集まって盛り上がるのも、普段行く近場の公園ではなく、少し離れた大きな公園に連れて行ってやるのも、なんでもOKです。お金をかけて特別なことをしなくても、子どもたちは楽しんでくれるはずです。

こどもの日の由来にちなんでプレゼント

誕生日やクリスマスとは違い、こどもの日に必ずプレゼントを用意する必要はありません。ですが、何かプレゼントをしてあげたい、という人はせっかくなら子供の成長に寄り添えるようなものを見つけたいですよね。相場としては、初節句の場合は親戚の場合は5,000~10,000円、仲人の場合は3,000~5,000円程度が一般的です。お互いの祖父母が話し合って折半というケースもありますよ。初節句以外であれば、3,000~10,000円が一般的です。食事会などをする場合はちょっとしたプレゼントがあると喜ばれますよ。
子どもの性格や趣味を考慮した実用性のあるものがおすすめです。名入れのできる鉛筆やクレヨン、文字の勉強になる絵本、長く遊べるLEGOなんかもいいですね。リュックサックも嬉しいプレゼントでしょう。また、初節句の場合は可愛い置物の鯉のぼりと兜のセット、オーガニックコットンで作られた部屋に飾る鯉のぼりも人気です。キャラクターものの五月人形なんかも可愛いですよ。いずれにしても、設置場所や収納場所に困らないように場所をとらないものを選ぶようにしましょう。

まとめ

こどもの日は、現在では男女の区別なく、子どもたちの健やかな成長を願う祝日となっています。その歴史や由来からも、今も昔も子を思う親の気持ちは変わらないことがうかがえます。是非、お子さんにも話して聞かせてあげて、家族で素敵な日を過ごして下さい。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です