4月1日生まれは早生まれ!
学年が選べる?不利になる?

同じ年に生まれていても、4月1日が誕生日の子と、翌日の4月2日が誕生日の子では学年が異なるのをご存じでしょうか。家族や友人にいないとなかなか気づかないものですが、誕生日が1日違うだけで学年がひとつ変わってしまうのは、特に小さい間は大きな差だと感じる人も多いでしょう。でもなぜ4月生まれなのに1日が誕生日だと早生まれなのでしょうか。今回はその理由に迫りました。

スポンサーリンク
  

4月1日生まれは早生まれ

学校教育法では、学年は4月1日に始まり3月31日に終わる、と決められています。入学前の新一年生は4月1日から小学生であり、卒業後の六年生は3月31日まで小学生と決められています。

第十七条  保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。
(「学校教育法」より)

小学校の就学は、「満6歳に達した日の翌日以降における最初の学年の新学期(4月1日)」をもって始まります。4月1日の前日までに満6歳となっている人は小学校へ入学をするということです。この「満6歳」の数え方ですが、年齢計算に関する法律を適用します。法律的には誕生日の前日の24時に1歳年齢が加算されることになっています。4月1日生まれの子が満6歳になるのは、誕生日の前日の3月31日の24時です。よって、4月1日の時点では既に満6歳と1日目を迎えているのです。「満6歳に達した日の翌日以降における最初の学年の新学期」」をもって小学校の就学が始まるわけですから、本来誕生日である4月1日にはもうこの条件を満たしているため、前日の3月31日生まれの子と同じ学年という扱いで小学校へ入学します。4月1日生まれは3月31日に満6歳になっているとみなされ学年が1つ前倒しになってしまうわけです。俗に言う早生まれは1月1日~4月1日生まれの人のことを指し、4月1日生まれは学年の中でも最も若い「早生まれ」となります。よって、1学年は4月2日生まれ~翌年の4月1日生まれの児童にて構成されます。
先ほどと同じように考えると、4月2日生まれの子は、前日の4月1日が満年齢を迎える日にあたるため、4月2日の時点では「満6歳に達した日の翌日」に該当しませんので、次の年に小学校一年生となります。

4月1日生まれは学年を選べる?

特に小さい内の一年の差は子どもにとっても大きいですよね。
先述したように、人は誕生日の前の日が終了する24時に1つ歳をとると考えられています。4月1日生まれで小学校入学を迎える子は、前日の3月31日の24時の時点で6歳になっており、4月1日の時点では既に「満6歳と1日」になるわけです。この日より小学校一年生になります。これは法律上決まっており、従うしかありません。学年を選ぶことはできないのです。

スポンサーリンク

4月1日生まれって不利?

妊娠中のママなら、4月1日が予定日だと聞かされるとどんな気持ちでしょうか。早生まれの中でも一番最後に歳を取るので、体力や勉強面でいろいろと不利になってしまうのでは、と悩んでしまうでしょうか。
それは違います。早生まれであることが子どもの成長に大きく不利になることがないとする専門家はたくさんいます。早生まれだからといって周りと比べて心配してしまうのは、その子本来の良さを見誤ってしまう可能性があります。また、親が気にしすぎると子どももそのことを気にしてコンプレックスを抱えてしまうかもしれません。そっちの方がよっぽど問題です。子どもが困っていないのなら、のびのび育ててあげましょう。いくら4月1日に生まれたからといって、それが発達の妨げになったり、生活の中でハンデになったりすることはない、ということを親がまず理解しておくことが大切です。
就園を遅らせても、学業不振や高校、大学の中退率の増加を招くことだってあります。また、常に体格が優れていて、学力面でも優位だと退屈するようになり、努力をしなくなってしまうという自分の実力を勘違いしてしまう可能性も。その結果、その後の成長に影響してくることだって考えられます。
4月1日が予定日でも、その日に生まれても、良い面を見て成長を見守りましょう。早生まれだからこその成長を楽しんでみてください。案外たくましく成長していってくれるかもしれません。そんな姿を応援してあげましょう。

まとめ

実はサッカー日本代表には早生まれの逸材が多かったり、誕生日がみんなよりも遅くくるので歳をとるとお得感を味わうことができたり、必ずしも学年で一番最後に歳をとる4月1日生まれが損をするわけではありません。むしろ早くいろんなことが経験できて成長につながる、なんてこともあります。筆者は4月1日生まれではありませんが4月生まれで、学生の頃は(今でも多少)早生まれの友達が羨ましかったです(笑)結局のところ、ないものねだりなのですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です