甘酒を子どもに飲ませるのはいつから
どれくらいの量がOK?効果は?

甘酒って子どもに飲ませてもいいものなのか疑問に思ったことはありませんか。初詣に行くと配っているところを見たことがある人もいるでしょう。でも名前に「酒」と入っているし、小さい子どもに飲ませてもいいものなのかと聞かれると答えに迷ってしまいますよね。そこで今回は甘酒を子どもに与えてもいいのか、体にどのような影響があるのかご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

甘酒は子どもにはいつからOK?

甘酒はご飯やおかゆに米糀を合わせて保温し、米のでんぷんをブドウ糖や麦芽糖に糖化させた甘い飲み物です。一晩でできることから、一夜酒(ひとよざけ)とも言われていました。
実は甘酒の原料には2種類あります。一つは酒粕で、もう一つは米糀です。酒粕から作られる甘酒はアルコールが含まれます。高いものだと8%ほど含まれているものもありますので、特にアルコールに敏感な人は大人でも飲んだ後は運転をしないようにしましょう。加熱してアルコールを飛ばせば大丈夫という意見もありますが、「飲んだら乗らない」、「子どもへは与えない」を守ってくださいね。
一方、米糀から作られた甘酒はアルコールをまったく含みません。甘味も天然由来のものなので(米糀を発酵させて、その含まれているでんぷんを甘くさせたものでアルコールは含まれていない)、小さな子どもでも安心して飲むことができます。
いつから飲んでもいいのかというと、なんと離乳食の段階でOKなんです。ですが甘味が強い印象なので、抵抗のあるママもいるかもしれません。その場合はミネラルウォーターか白湯で薄めてあげればいいでしょう。たくさんの味を覚えてきた離乳食後期からおやつの時間に少量ずつあげるのがおすすめです。温めてあげることができるので、赤ちゃんのお腹が冷える心配もないですね。

甘酒を子どもが飲んでもいい量って?

甘い甘酒は飲み過ぎると太るのではないかと気になりますよね。米糀の甘酒は砂糖不使用でアルコール0%なので、どれだけ飲んでも酔っぱらう心配やアルコールの過剰摂取につながることはありません。ただし、甘酒の場合はブドウ糖が入っているので飲み過ぎると糖尿病や高血糖など太る可能性があります。体に良いと言われるものであっても、やりすぎは良くないということですね。ほどほどに加減しておやつ程度に一日コップ一杯~二杯程度(200ml)を飲むのが理想的です。
また飲む時間帯ですが、甘酒は身体を動かすエネルギーを作ってくれるので、朝に飲めばエネルギーチャージができて元気をくれますし、ランチの後のティータイムに飲むとほっこり一息で神経をリラックスさせてくれます。一日の終わりに疲れた体を温かい甘酒で癒したいなら、夜に飲むと体力回復をサポートしてくれます。その日その日で、自分の体調に合わせて甘酒のサポートを受けてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

甘酒を子どもが飲むとどんな効果が?

お米と米糀、お塩のみで作られている米糀の甘酒は栄養の宝庫で「飲む点滴」とも言われているぐらいです。腸内の善玉菌に良い食物繊維やオリゴ糖、ビタミン類もたっぷり含まれていて腸内環境を良好に保ってくれるんですよ。また、身体への負担は少なくて消化吸収も抜群なうえに必須アミノ酸も含まれている優れものなんです。育ちざかりの幼児食にも是非活用してみてください。
冬場に風邪予防として熱々のものを飲むイメージがある甘酒ですが、夏でも冷やして楽しむことができるので、一年をとおして飲むことができます。腸内環境を整えるだけでなく、夏バテ防止にも効果があるのも嬉しいところ。
滋養たっぷりの甘酒は便秘解消やダイエットの強い味方でもあり、ママ本人にもおすすめです。妊娠中から授乳中まで栄養補給が大切な時期が続きますので、是非ティータイムなどに取り入れてみてください。糀には美肌成分であるコウジ酸が含まれていて、シミの発生原因となるメラミンを抑制してくれる作用があります。それによってシミやくすみを防いでくれるのも魅力的。疲労回復やアンチエイジングの効果のある甘酒は、育児疲れからすっきりさせてくれるので赤ちゃんもママも一緒に楽しめるドリンクなんですよ。子どもが飲んでも大人が飲んでも嬉しいことたくさんの甘酒。飲ませる時は、原材料に酒粕が使われていないかだけ確認するようにしてくださいね。子どもが安心して飲めるのは米糀を原料にしてできた甘酒です。また、過剰摂取はカロリーの取り過ぎにつながりますので気を付けましょう。
手作りが最高ですが、市販品を利用するのももちろん問題ありません。砂糖の代用品として料理やおやつ作りにも使えるので家に常備しておくといいでしょう。
簡単な甘酒の作り方

まとめ

甘酒が体に良いなんて知らなかったという人も多いのではないでしょうか。しかも栄養たっぷりで、飲むことによって様々な面から体に働きかけて元気にしてくれるなんて。寒い冬も暑い夏も親子で美味しく飲んで腸内環境を整えるきっかけに、是非取り入れていってみてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です