春、赤ちゃんを紫外線から守る日焼け止め対策

年々きつくなると言われている紫外線からどのように我が子を守るべきか考えさせられたことはありませんか。特に暖かくなってくるとお出かけに行く機会も増えてきますよね。肌を守るために日焼け止めをしっかりと塗るのがいいのか、日焼け止めを塗るダメージの方が肌への負担をかけてしまうので、塗らない方がベターなのか、筆者も悩んだことがあります。親の意識の違いによっても意見は分かれるところではありますが、正しい知識を身に着けておくことは大切です。日差しが強くなるこれからの時期、上手に紫外線と付き合っていきましょう。

スポンサーリンク
  

春って赤ちゃんに紫外線の影響はある?

春から急上昇する紫外線量、特に4~5月にかけては急激に増えてきます。紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、UVAは波長が長くて皮膚の奥まで届き、後々のシミやシワの原因となります。UVBは波長が短くて肌の表面を赤くして炎症を起こします。春でも侮れないのがUVA波。春でも夏と変わらない量が降り注いでいます。日差しがそれほど強くないので油断しがちですが、室内や社内、曇りの日でも容赦ないのでケアが必要になってきます。
赤ちゃんの肌は大人に比べてデリケートで薄く、紫外線も皮膚の奥まで届きやすいので特に注意してあげましょう。赤ちゃんが紫外線を浴び過ぎると、肌が傷つくだけではなく皮膚細胞までダメージを受けてしまいます。また、髪の毛が少ないのも赤ちゃんの特徴です。頭皮にも紫外線が
あたりやすい特徴がありますので、露出している皮膚だけでなく、髪や目も紫外線から守ってあげたいですね。

春から赤ちゃんに日焼け止めは必要?

生後3ヶ月頃までは赤ちゃんの肌が特に敏感な時期です。日焼け止めによっては、新生児から使用できるタイプもありますが、アレルギーの心配もありますから、市販の日焼け止めを使用するのはできるだけ控えて、赤ちゃんに直接日光が当たらないように工夫することを優先しましょう。どうしても必要な場合には、メーカーのホームページなどをチェックしたり、皮膚科の先生に相談するなどしてください。目だたない部分でパッチテストを行ってから使用するようにするといいですね。
日焼け止めを選ぶときは目的に合わせて選ぶことが重要です。海や山に行くのか、日常生活の中でなのか、近場に短時間のお散歩に行くのか、それぞれの用途を分けて正しいものを選ぶようにしましょう。いずれの場合も赤ちゃんの肌に負担がかかりにくいタイプの日焼け止めを塗布してあげてくださいね。天然成分でできたノンケミカルのものがいいでしょう。化学原料である紫外線吸収剤は刺激が強いため避けてください。ムラにならず、しっかり落とせるものを選ぶのもポイントです。長時間残ってしまうと肌に負担がかかりますので注意しましょう。
日焼け止めでよく見かける「PA」と「SPF」ですが、これをよく理解しておいてください。
PA(Protection Grade of UVA)はUVA波を防ぎます。効果は+で表されています。(PA++など)日常的な買い物へ出かける場合などはPA+++ぐらいで十分です。
SPF(Sun Protection Factor)はUVB波を防ぎます。効果は数字で表されていいます。(SPF20など)数字が高いほど日焼けを防いでくれそうなイメージですがそうではありません。SPF20は20分×20倍=400分で、約6時間40分日焼けが始まるのを遅らせることができるという計算になります。6時間40分が日焼け止めを塗り直す時間となります。SPFの高い日焼け止めは日焼けやシミの元となるUVBの制御効果が長時間続く分、石鹸やボディソープでは落ちにくいので注意が必要です。普段の外出であれば、SPF20~30の日焼け止めでOKです。海やプールへのお出かけの場合はSPFが高いものを選ぶようにしましょう。もしくは普段使いのものをこまめに塗り直して肌を守ってあげるようにしてください。

スポンサーリンク

春の赤ちゃん、日焼け止め対策

普段にできる日焼け帽子の対策としては、

・帽子を被る
ツバが7㎝以上のものが効果的です。顔の後ろも日焼けしないよう配慮しましょう。

・UVカットの上着の着用
UVカットのTシャツやズボンを着せて外出の際は気を配るのが望ましいです。

・サングラスをかける
目から入る紫外線にも要注意です。赤ちゃん用に後ろにゴムバンドのついたサングラスも販売されています。

・外出時間の注意
紫外線の最も多い午前10時~午後2時の間は外を出歩くのは避けた方が無難です。

・日陰に入る
なるべく日陰を選んであるくことも効果的です。ベビーカーの場合は日よけのガードを利用するのもいいでしょう。

日差しの強さが気になる場合は先述したように、用途に合わせて日焼け止めを塗ってあげるといいですね。顔には1円玉2枚程度の量の日焼け止めを取って、1枚分はおでこ、鼻の上、両側の頬、顎にのせて塗ります。もう1枚分はその後顔の上から丁寧に延ばしながら塗るようにしてください。腕や足には1本のラインを引くように容器から出し、円をかくようにまんべんなく全体に延ばしていってください。また、日焼け止めは毎年新しいものを使うようにしてください。去年のものを使うと防腐剤の期限が切れて菌がわいている場合があります。塗り薬を使用している場合は日焼け止めはその上から、虫よけスプレーを使用する場合はさらに日焼け止めの上からかけるようにしてください。

まとめ

小さい子のお肌はとてもキレイなので、日焼け止めを塗らなくても大丈夫と思いがちですが、実は紫外線の影響を受けていて後々お肌のトラブルになる場合もあります。将来キレイなお肌を保てるように、普段から日焼けの対策を心掛けてあげてください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です