春の紫外線の量と気を付けたい時間帯、
対策はどうする?

お肌の天敵である紫外線には春から注意が必要です。気を付けたくても具体的にどのように対策をするのが効果的なのでしょうか。せっかく日傘をさしたり日焼け止めを塗ったりするなら、少しでも効果的に使いたいものです。ポイントをおさえて紫外線対策の効果を最大限に引き出し、正しく肌を守りましょう。

スポンサーリンク
  

春の紫外線の量ってどの程度?

春の紫外線、という切り口ですが、紫外線対策は365日行うのが望ましいです。紫外線対策は夏が本番だと思っている人は、せめて春からと心得ておいた方がいいでしょう。春は冬の乾燥でお肌が弱っているところに急激に紫外線が降り注ぎますので実は要注意なんです。目に見えなくても知らず知らずのうちに少しずつ蓄積されていくから厄介です。ちなみに4月と5月の総紫外線量は、7月と8月の総紫外線量よりも多いのです。気温ではなく、太陽光線が地面にあたる角度と、雲の多さが紫外線量を左右します。6月の紫外線量が5月や7月に比べて少ないのは、梅雨の季節で雲が多いからです。ちなみに3月の紫外線量は、残暑の厳しい9月とほぼ同じくらいです。まだ暑くないからと油断していると、5月には一番紫外線の多い時期に入っているので、シミやシワの原因を作ってしまうことになります。シミの原因となるUVA波の紫外線は、春になると冬の3倍にもなります。先述したように、紫外線は365日降り注いでいるので、その対策は365日するのが望ましいです。波長が短く、肌の表面に火傷のような影響を与え、炎症、シミ、そばかすの原因になるUVBは、6月~8月がピークで、まさに夏の紫外線と言えます。問題はUVAで、こちらは波長が長く、肌の奥の真皮まで届きます。肌の奥の細胞にまで影響を与え、ハリや弾力を失い、シワやたるみの原因になります。ピークは4月~8月で、5月が一番量が多いのです。生活紫外線とも言われ、冬でもピーク時の半分以上も降り注いでいます。特に5月は多いですから、春から対策をしておく必要があります。
春が紫外線の量が総合的に一年で一番多いわけではありません。冬の乾燥ダメージの肌に、まだ暑くないから、という油断からうっかり紫外線を浴びまくっている、という恐ろしい事態を過ごしているのがこの季節なのです。

春の紫外線、気を付けるべき時間帯って?

やはり日中が最も紫外線が多い時間帯と言えます。お昼の12時前後にピークを迎えます。ただしそれ以外の時間ももちろん紫外線は容赦なく降り注いでいます。特にUVAは、朝の7時頃から急激に上昇していきますよ。ガラス越しでも肌に届くので、オフィスなどの室内にいても安心はできません。特に午前中の10時~午後2時は注意したい時間帯です。
また、紫外線は天候や場所によってもその量が大きく異なります。快晴時の紫外線量を100%とすると、晴れは90~98%、薄曇りは80%、曇りは60%、雨は30%ほどになると言えます。そして忘れがちな紫外線の照り返しですが、新雪の場合80%、砂浜だと15~20%、水面で10から20%、アスファルト10%、土10%以下、このようになります。天気のいい日に照り返しの強い場所へ行くときは特に注意したいですね。

スポンサーリンク

春の紫外線対策

UVAにいたっては5月がピークになるとはいえ、乾燥と寒さの厳しかった冬に比べ、春はお肌にも快適なシーズンと言えます。真夏の暑さと強烈な日差しを感じない分、紫外線に対しての警戒心は湧いてきませんが、対策を先延ばししないことが肝心です。冬場は乾燥対策に重点を置いたスキンケアだったかと思いますが、春からは乾燥対策だけでなく、紫外線対策にも目を向けてみましょう。
まずは日焼け止めの使用です。、外出前にはしっかりと塗るくせづけができるといいですね。特に紫外線を浴びやすいTゾーンや頬など、顔の中でも少し高くなっている部分は意識してください。シワになりやすい目元や首筋も忘れずに。紫外線は上からだけでなく、反射して四方八方から飛び交っています。影になっているから大丈夫、ではなく、首筋やあごのあたりのガードもするようにしましょう。
「SPF」や「PA」は、紫外線をカットしてくれる基準です。数値が大きいものほど長時間紫外線をカットしてくれるのですが、数値が大きくなるほど肌への負担も大きくなります。普段使いなら「PA+」「PA++」や「SPF15~25」のものでOKです。これらをこまめに塗り直してケアしましょう。そしてプラスアルファとして、紫外線対策グッズを利用するとより紫外線を防ぐことができておすすめです。特に日差しの強い場所で長時間過ごす場合などは、日傘や帽子、腕や首回り用の衣類にも紫外線を遮断するものを取り入れてみるといいですね。
個人的にはあまり厳重に日焼け止めを塗りたくってどこに行っても全身をぐるぐる覆って日焼け対策をするよりも、多少は紫外線を浴び(骨を丈夫にするビタミンDを合成します、発育期の子どもや妊婦、授乳中の女性に特に必要)、食事で内側から肌を守る方法が好きです。ビタミンやミネラル類を含んだ食品(みかんやイチゴ、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜、卵、牛乳、納豆、魚介類など)はシミやそばかすを予防する働きがあります。抗酸化作用のある食品(トマトや海老、鮭など)は活性酸素を除去してメラニンの生成を抑える働きがあります。これらを含む食事を積極的に取り入れていくのもおすすめです。

まとめ

春は気候が良く、ぽかぽか暖かくて外出するのが気持ちのいい季節ですが、紫外線対策をしっかりとすることが大切だとお分かりいただけたでしょうか。10年後にシミ・シワで泣かないためにも、きっちりと紫外線ケアを習慣づけられるといいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です