桜の撮影、スマホで子どもを入れて撮りたい!
曇りでも大丈夫?

桜の美しい季節になると、日本人で良かったなと思います。今はスマートフォンの機能が大変優れているため、わざわざ一眼レフやデジカメを持参せず、スマホで気軽に写真撮影をする人が増えてきました。家族や友人とお花見に行った際に、美しい桜をできるだけ綺麗に撮影したいですよね。今回はそんなテクニックを簡単にご紹介します。

スポンサーリンク
  

桜の撮影をスマホで

最近のスマートフォンカメラはかなりの高性能と言えます。難しい桜の写真もコツを覚えるととても綺麗に撮れますよ。桜の撮影が難しいというのは、スマホでは背景をぼかせないので被写体に立体感が出ず、その上多くの花びらのせいで写真ががちゃがちゃした感じになってしまうためです。ではどうしていくのが良いのでしょうか。

・コントラストで立体感を
撮影の際は桜だけでなく、晴天の空であえて空白をつくり、ピンクと青のコントラストを出すと綺麗です。

・余計な背景を入れない
建物や花見客、提灯などの余計なものは写さないようにしましょう。写真がうるさくなってしまいます。

・時間に気を付けて
時間帯によって写真の写りは大きく変わります。露光調整オートの場合が多いスマホカメラは、柔らかい太陽光が差し込む午前7時~10時までに撮影するのが最適と言えます。

・枚数制限はない
昔のようにフィルムの制限があるわけではないので、桜の花はたくさん撮って見比べましょう。構図やカメラの機能を変えてみたりして、後々取捨選択すれば良いのです。

・光の向きを意識
桜に近づいて花びらを大きく撮るときは逆光ぎみで撮影、桜の木全体を撮るは順光で撮影を心がけましょう。ただし太陽光が入らないよう気を付けて。花びらは光が当たっている方が綺麗に見えます。

・設定を変えてみよう
○風景モード(設定→山の形をしたもの)
桜の木全体を写す場合は風景モードがおすすめです。広範囲で写したいときでもはっきりと撮ることができます。
○マクロモード(設定→チューリップのマーク)
いわゆる接写です。花びらに近づいてもピントが合いやすいので、近くで綺麗に撮りたいときに使ってみましょう。
○ホワイトバランス
桜本来の色に近いかたちで撮影ができます。EV補正で明るさをプラスすると尚明るくて綺麗な写真が撮れます。

・アプリの利用
肝心の桜がうまく撮れなかった・・・なんて誰にもあることですので、少し修正加工することは問題ないでしょう。雰囲気を残して、見る人が不快にならないように心がけましょう。コントラストや明度を変えたりとアレンジが楽しめます。撮影後でも使えるので研究しながらやってみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

桜の撮影に子どもを入れて

それでは上記のポイントをおさえた上で可愛い我が子も入れて撮影をしてみましょう。まずはカメラのレンズを拭きましょう。意外と盲点ですが、汚れがついていないか普段から確認するくせをつけておくといいですね。
イキイキとした綺麗な写真を撮るときは意外と逆光がおすすめです。顔の明るさを調整する露出補正でプラス補正するといいですよ。逆光で撮ると背景が明るくなり、人物も桜も立体感のある綺麗な写真に仕上がります。ただし青い空が背景の場合や、桜の色をはっきりと出したい場合は順光で撮りましょう。
角度も大事です。同じ桜の木の前で写真を撮る場合でも、地面を多く写すよりも、カメラを少し下から構えて桜をたくさん写すようにしましょう。写真も明るくなるし、桜の華やかさがぐっと出ます。
シャッターボタンをタップする前には顔にピントタッチをしましょう。スマホカメラは、タップした場所にフォーカスを合わせると同時に、最適な明るさになるよう自動調整してくれます。子どもの顔をタップして、最適な明るさになったことを確認してからシャッターボタンを押しましょう。
元気に走り回る子どもを撮る場合は一枚一枚じっくり撮影するのは難しいですよね。最近はバリアングル液晶(液晶画面が動くやつ)のカメラも増えたので利用してみるといいでしょう。もちろん連写モードもおすすめです。使えるものはうまく使って最高の一瞬を逃さないようにしたいですね。

桜の撮影、曇りでもうまく撮れる?

美しい桜を撮影したいのに日差しがないと寂しいですよね。そんなときはより暗いものを背景にして、撮りたい桜の明るさを際立たせるのがおすすめです。曇り空は白っぽく写ってしまい、桜の花の色と同化してしまうことがよくあります。桜のバックに背景としてあえて暗いものを配置して撮影するといいですよ。
曇りの日は日差しがきつくないので、柔らかな撮影をすることができます。光がいい具合にあたっているところを探して桜の花に寄ってみましょう。優しくて柔らかい桜の花を撮影することができます。
そしてここでも露出補正で明るくするのがおすすめです。露出をプラスしてオーバー気味に撮るように調整しましょう。

まとめ

今はスマートフォンやタブレットを使って日々の記録や思い出を簡単に残すことができます。とにかく難しいことを考えずに撮ることが大事です。ただ、少し知識があるだけで撮れる写真にはだいぶ差が出ますので、気持ちに余裕があるときに構図や光の研究を少ししてみると良いでしょう。日頃から気になったときに写真に記録するくせをつけることをおすすめします。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です