引越しの退去、準備と注意点、挨拶について

仕事で移動が決まると手続きや挨拶、デスクの整理とバタバタとしますよね。それに加えて今住んでいるところから引越さなければならないとなると、やることはてんこ盛りです。職場関係の移動は周りの同僚に聞けたりしても、自分一人の引越しは孤独です。前日まで慌ただしくしていたのに引越し先でやり損ねたことが見つかった、なんていうことがないように、準備や流れ、注意点をしっかりとおさえておきましょう。

スポンサーリンク
  

引越しの退去時の準備について

いくら一人暮らしで自分は荷物が少ないと思っていても、引越しの準備は時間と手間がかかります。一晩で終わらせられるなんてとんでもないので、段階を踏んで計画的に進めるようにしましょう。主な作業は「荷造り」ですが、その他にも電気やガス、また役場へ行って行う「各種手続き」があります。これらをやっておかないと、新居に引越しをしても支払いを続けてしまっていた、書類を新たに取り寄せなければならなくて余計に面倒だ、なんてことになるので忘れずに済ませておきましょうね。
下記が簡単な流れになりますので、参考にしてスケジュールを決めてみてください。

2週間前までにやること

・引越し業者に依頼
引越し業者を選び、依頼の連絡をしましょう。一年で一番混み合う時期ですので、1ヶ月前までに業者を決めておいても早すぎることはありません。必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。ネットで一括見積もりが可能なので、料金とサービスを比較して選ぶといいでしょう。

・粗大ゴミの処分
公共機関が行っている粗大ゴミの回収サービスは、地域によって回収日回収可能なものが異なります。事前に日程の確認をしておきましょう。粗大ゴミの処分業者に回収の依頼をすることもあるでしょうが、意外とお金がかり、思いもよらない出費となるケースもあります。リサイクルショップで買い取ってもらったり、オークションやフリマアプリに出店する方法もありますよ。その場合も早めの準備が必要なのでこちらも1ヶ月ぐらい前から始めてもいいかもしれません。

・荷造り
引越し日まで使う予定のないものからじゃんじゃん荷造りに励みましょう。梱包に使うものは予め準備する必要があります。引越し業者によっては段ボールをタダでくれたりもしますよ。詰めたら何を入れたのか、忘れないうちに箱に書いておきましょう。

その他、転居はがきを出す予定の人もこの時期に準備するといいでしょう。固定電話を契約している場合は契約変更をしておきましょう。♯116かインターネットから連絡ができます。

1週間前までにやること

・転居届の提出
役場で転出の手続きをします。引越し先が異なる市区町村の場合、役場の市民課・住民課で転出届けを行い、転出証明書の発行を受けます。

・国民健康保険資格喪失届
こちらも引越し先が異なる市区町村の場合、国民健康保険の脱退手続きをします。転出の届出とあわせて手続きをしましょう。

・印鑑登録廃止届
上記と同様、引越し先が異なる市区町村の場合、印鑑登録の廃止・抹消の手続きが必要です。役所関係はなるべく一日ですべての手続きができるよう、身分証明書やハンコ、健康保険所など必要な書類をすべて持って行くようにしましょう。

・電気使用停止届
電気会社へ使用停止・移転・開始の連絡をして、旧居の電気を停止する日時を決めます。引越し先が契約中の電力会社対応のエリアだと、開始の手続きも一緒にできます。エリア外の場合は、管轄している電力会社に連絡しましょう。

・水道使用停止届
契約中の水道局に連絡し、水道の使用停止・移転・開始の旨を伝えます。旧居の水道を停止する日時を決めます。引越し先が契約中の水道局が対応しているエリアの場合には電力会社同様、開始の手続きも同時に行います。エリア外の場合は、管轄している水道局に連絡し、水道の使用開始日など伝えましょう。

・ガス使用停止届
こちらも電気、水道の使用停止と同じように手続きを行います。当日立ち合いが必要になります。

インターネット工事の予約
契約中のプロバイダで解約・移転手続きを行います。引越し先で現在利用しているプロバイダが継続して利用可能な場合は住所の移転手続きをします。それ以外は解約手続きです。解約となると、モデムやルーターを郵送して返却するため時間を要しますし、他の引越し用荷物に紛れてしまう可能性もあります。早めに連絡するようにしましょう。

・NHKの住所変更
NHKへ登録住所の変更手続きをします。電話、もしくはインターネットでも可能です。

・衛星放送・ケーブルテレビの工事予約
契約中の会社へ解約・移転の連絡をします。設備撤去などの工事が必要な場合があるため、早めに連絡しましょう。

・新聞購読の停止
販売店、配送スタッフに転居の旨を伝えます。新居が配達可能地域の場合は住所の移転手続きを。ホームページから解約・移転の手続きが可能です。新聞の他にも配達のサービスを使用している人は忘れずに連絡をしましょう。

・その他住所変更など
銀行口座、携帯電話、クレジットカードなど、それぞれの窓口や電話、インターネット経由で登録住所の変更手続きを済ませます。

前日までにやること

・変更点は引越し業者に伝える
引越し前の数日内に見積もり内容に変更がないか引越し業者から連絡が入ります。荷物量などに変更がある場合は伝えましょう。

・挨拶
お世話になったご近所さんへ挨拶をする人は手土産や粗品を持って行きましょう。後ほど詳しく触れます。

・郵便物の転送サービス申し込み
旧住所宛ての郵便物を1年間新居へ転送してくれるサービスです。インターネットで簡単に申し込めます。

・掃除
旧居の掃除やゴミの処理をしておきましょう。当日あまりにも汚いと常識が疑われますし、こちらも気持ちよく引越しができません。

・パソコンデータのバックアップ
パソコンは精密で繊細なので、運搬中の振動や衝撃によって破損する可能性がゼロではありません。万が一に備え、バックアップを取りましょう。

前日にやること

・冷蔵庫の運搬準備
冷蔵庫中の食品を全て取り出して電源を切り、水抜きと霜取りをしましょう。今の冷蔵庫は性能がいいので必要ないものもあるようですが、大人のマナーとしてやっておくべきです。

スポンサーリンク

・洗濯機の運搬準備
洗濯機内に水を残さないようにしましょう。運搬中の水漏れの原因になります。

・荷造り
ダンボールに番号を振っておき、中に何が入っているのか確認できる管理リストを作成できればパーフェクトです。段ボールの紛失に備えることもできて一石二鳥。

当日にやること

最終の荷造り
荷物の最終梱包をしましょう。まだ梱包していない荷物を全て梱包し、引越し業者に依頼します。

荷物の運び忘れのチェック
クローゼット、トイレ、浴室、天袋、引き出し、すべてチェックしましょう。ベランダの物干しざおや、一時的に庭や外に動かしておいた荷物など、積み忘れが無いか確認します。

部屋の明け渡しと鍵の返却
大家さん、または管理会社の人が訪問し、部屋の状況を一緒に確認します。大きな破損などなければ鍵を返却して物件の明け渡しは完了です。
室内の現況を確認し、退居に伴う修繕工事の負担を貸主側と借主側、どちらの負担とするか明確にするために行われるので必ず契約者本人が立ち会いましょう。室内のキズや汚れの修繕は全て借主の負担になるわけではなく、入居前からあったもの、通常の使用でできたものや経年変化による劣化は除かれます。

引越しで退去する際の注意点

部屋を退去するにあたって注意したいことがいくつかあります。賃貸物件で最もトラブルが発生しやすいときですので、気持ちよく退去するためにも、相手の言いなりにならないためにも下記のことを頭の隅に入れておくといいですよ。

・契約書の確認
入居時に交わした契約書を必ずチェックしましょう。いつまでに、どのような方法で退去予告をしなければいけないのかを知っておく必要があります。申し出が遅れると退去後も家賃が発生してしまう可能性もあります。

・部屋が劣化するのは当たり前
家に住んでいると劣化してくるのは当たり前です。もちろんなるべく綺麗に住むのがマナーですが、元通りピカピカの状態で明け渡しはほとんど不可能です。部屋を退去する際に、借りた時の状態にできるだけ近づけて明け渡せばOKです。日照による自然損耗、畳やフローリングの貼り換え、必要設備の交換、鍵の取り換え、これらの年数変化や通常の損耗による修繕費は家賃に含まれているとされます。
※国土交通省の「原状回復をめぐるガイドライン」をチェックすると参考になります。

・責任の範囲は?
もし退去時に何か指摘されたら、本当に借主が負担する責任があるものかどうかをしっかり確認します。疎まれても言いなりになる必要はありません。入居したときにすでにその状態であったことが証明できるものがあれば用意しておくべきです。もし入居当時から指摘されたキズや汚れがあった場合は、最初からあったものだ、と説明するだけで負担を免れる場合はあります。
※新居では部屋全体や壁紙、浴室、トイレやフローリングなどの写真を撮っておくといいですよ。次回退去するときに役に立つかもしれません。

・敷金返還
敷金の内訳についてはしっかりと聞いておきましょう。通常退去してから1ヶ月ほどで返還されます。ハウスクリーニング代と鍵の交換費用は差し引かれることがあるので、払った金額がまるまる返ってくることはまずありません。

・サインはすぐにしない
納得のいかない書類にはサインや印鑑を押さないことです。明らかに高額な請求をされた場合などはしっかりとその内訳を確認しましょう。

引越しの退去時、挨拶は必要?

引越した先の新居では挨拶回りをするイメージがあっても、旧居ではどうでしょうか。大家さんには連絡をする際や立ち合いのときにお礼を言うことができますが、ご近所の方にも一言あるとより丁寧です。また、引越しとなると、どれだけ荷物が少なくてスマートに事が進んだとしても、結構うるさかったり、エレベーターを占拠してしまったりして迷惑をかけてしまいます。トラブル回避のためにも事前に挨拶をして、引越しをする日を伝えてから引越しの作業に取り掛かると好印象です。
挨拶は当日はご迷惑をおかけしてしまう旨を一言お詫びする声かけだけでもいいでしょう。お世話になった人や、付き合いのあった人へは粗品の用意があると尚いいですね。あまり高価な物だと受け取りにくいので、1,000円前後のタオルや菓子折りが一般的です。熨斗をつける場合は紅白蝶結びの水引で外熨斗にします。文字は「御礼」と書きます。(新居地の挨拶の場合は「ご挨拶」)
百貨店やデパートなら引越しの退去時に挨拶をする旨を伝えるとよく理解して対応してもらえます。

まとめ

引越しまでまだ日はあるし、とゆっくりしているとあっという間に直前になってしまいます。ただ片づけて出て行けばいいというだけではなく、退去までに済ませておくべき手続き、準備、挨拶などできることから少しずつ始めて、万全の状態で当日の退去日を迎えましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です