結婚式に赤ちゃんの参加は何ヶ月からOK?
気を付けることは?

春になって気候も良くなり、結婚式を挙げるカップルの数も増えてきました。友人の晴れ姿なら一目見てお祝いをしたい!でもまだ子どもが小さいから・・・と考えた経験のあるママは少なくないでしょう。結婚式を挙げる年齢になると、周囲は小さな子どもがいるという場合は少なくありません。もちろん式当日にお祝いしたい気持ちもあるけど、その裏腹どうしようか迷ってしまいますよね。そもそも出席してもいいのか、するとしたらどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。そんな疑問を解決していきましょう。

スポンサーリンク
  

結婚式に赤ちゃんの参加はあり?

まず始めにチェックすべきは招待状です。宛名に赤ちゃんの名前は書かれてありますか。もしなければ、「大人だけの招待」ととらえるのがマナーです。赤ちゃんの名前がある場合でも、本当に連れて参加しても良いのか確認をしておいた方が安心です。名前がない場合は赤ちゃんは誰かにあずけて出席するようにしましょう。どうしても都合であずけ先がない場合は、自分も出席を控えるべきです。
一番に優先すべきは新郎新婦の気持ちですが、どんな式にしたいかは当事者によります。子連れOKのわいわい賑やかな式にしたいのか、本当はしっとりと厳粛な雰囲気でとり行いたいけれど気を遣っているのか、主役である新郎新婦の気持ちを配慮し、本人たちが望む式が挙げられるよう配慮しましょう。そのためにも赤ちゃんが一緒に招待されている場合でも直接確認するのが礼儀と言えます。
子連れで参加する場合は、他にも同じように小さな子を連れて参加するゲストがいるか聞いておいた方がいいですよ。子連れの多い式ではお互い配慮して助け合う空気が生まれて過ごしやすいものです。逆に一組だけだと赤ちゃんが少しぐずっただけで目立ってしまい、とても気を遣ってしまいます。このように他のゲストの情報も自分が子どもを連れて行くかどうかを考える判断材料になります。
仮に出席を遠慮して後から式のDVDや写真を見てお祝いをしてあげるのも立派な気持ちの表れですし、友人も喜んでくれるはずですので、出席を遠慮することが必ずしも失礼になるとは限りません。

結婚式、赤ちゃんは何ヶ月から出席OK?

どうしてもという場合でない限り、できれば首が座ってからをおすすめします。
というのも、首が座っていない時期と言うのは何かと不安です。片手で抱っこをすることもできないため、自由に動くことができません。
まだ寝て泣いてオムツを替えるの繰り返しの時期でもありますし、こちらも友人の晴れ姿どころか、我が子にばかり気を取られてしまいます。いずれにせよ、3ヶ月未満の場合は結婚式に連れて行かない方が良いと言えます。

3ヶ月~4ヶ月
首が座りはじめ、抱っこがだいぶ楽にできるようになります。
抱っこ紐を持参して出席しましょう。抱っこ紐があれば両手を使うことができますので必需品です。スリング派のママはもちろんスリングでもOK。

5ヶ月~6ヶ月
離乳食が始まる時期です。離乳食に慣れてきているようであれば、披露宴の最中に離乳食をあげられるように持参しましょう。まだ離乳食があげ始まったばかりの場合などは披露宴の最中は離乳食は避けるようにしましょう。アレルギー反応を起こしてしまうなど、トラブルとなる可能性があります。

7ヶ月~8ヶ月
この時期になると、お座りのできる赤ちゃんもいるでしょう。お座りができれば子どもイスを使うことができます。子どもイスを使う場合はもちろん事前に新郎新婦に伝えておきましょう。

9ヶ月~10ヶ月
ハイハイができるようになる時期です。 赤ちゃんも自分で動き回りたくて仕方ありません。でも式中に地面をハイハイするわけにはいかないので、気の紛れるおもちゃで対処です。

11ヶ月~1歳
歩けるようになる赤ちゃんもでてきます。そうなると長時間じっとしていることが難しくなってくるので、いざというときには外に出られるように、できれば入口近くの席をお願いしておくと良いですね。

スポンサーリンク

結婚式の赤ちゃんの参加で気を付けること

式の時間帯は早すぎたり遅すぎたりしませんか。赤ちゃん連れで参加するなら、特にナイトウェディングなどの遅い時間の外出は大変です。遅い場合だと終了時間が21時を過ぎることもあります。その後に着替えや帰る準備をしてから会場を出るとなると帰宅する時間はとても遅くなってしまします。赤ちゃんにとっても負担ですし、はたから見ても非常識です。こういう場合は出席は控えるようにしましょう。
会場へのアクセスはどうでしょう。子連れで結婚式に行くには、普段と違う服装や足元で持ち物も多いため何かと大変です。会場へのアクセスをよく確認して、現実的に移動できる距離か、車で送ってもらうことは可能かなど、出席を決める前によく検討しましょう。
持ち物は基本的には普段持ち歩いているマザーズバックの中身と同じと考えましょう。授乳中や離乳食を開始している赤ちゃんの場合は粉ミルクや離乳食を持参します。スタイヤエプロン、カトラリー(スプーン・フォーク)を忘れないようにしましょうね。月齢のいった赤ちゃんで大人と同じものを食べさせている場合でも、子どもメニューの分量は多いでしょうし、味付けや好みのこともあるので食事はできるだけ持参するようにしましょう。もちろん新郎新婦にその旨は伝えてください。飲み物は用意してもらえる場合も多いでしょうが、こちらもいつものマグを持参するといいですね。
オムツやおしりふき、タオル、着替え関係はいつもより多めが安心です。使用済みのオムツを入れるビニール袋は持ち帰ることを想定して必ず用意するようにしましょう。
赤ちゃんが眠ってしまったときのためにタオルやブランケットの用意も忘れずに。寝かせられるようバギーを用意する必要があれば、持ち込みがOKなのか会場に確認する必要があります。おしゃぶりやお気に入りのおもちゃ(なるべく音の出ないもの)も持っていきましょう。
赤ちゃんの服装についてはお出かけ服であれば問題ありません。大人はNGの白い服も赤ちゃんならOKです。なるべくフォーマルなものが望ましいですね。赤ちゃんを抱っこするママも服装には気を付けて。汚れが目立たない色のシワになりにくいものがいいですよ。授乳中のママは前開きのワンピースや最近流行のオールインワンでも勝手がいいですよ。長時間の披露宴でも安心できるよう胸あての準備をしておくと尚いいですね。
もちろん、服装はできるだけフォーマルなものを着用します。靴は歩きやすさ最優先でなるべく服装に合ったフォーマルなものをセレクトしましょう。
最近は授乳ケープなどの便利なグッズがあるので、公共の場でも授乳をするママも増えてきました。ですが、結婚式には様々なゲストが出席しています。公の場で授乳をすることを快く思わない人も中にいる可能性を考慮して、できれば会場の授乳室や控室で授乳するようにしましょう。
もし赤ちゃんがずぐったり泣きだしてしまったら、これには一番気を遣いますね。少しでもぐずりそうなら会場を出たり、控室に移るなどして他のゲストへの配慮を忘れないようにすべきです。特にしんみりした演出の場面での泣き声はご法度とも言えます。なるべく出入り口に近い席にしてもらえるようお願いしておきましょうね。
あれもNG、これも控えろ、と書いてきましたが(笑)ベストな方法はそれぞれです。このページを見てくださっているあなたは、「何かと子連れに厳しい眼が向けられている気がするので周囲に迷惑をかけたくないし、マナーがないと思われるのも嫌だ」というタイプではないでしょうか。それは素晴らしい気遣いであり、何より大切なものです。ですが、大切な友人や親せき同士で、あまり遠慮しすぎるのも、水臭いと感じる人もいるでしょう。自分たちの関係性では何がベストか、それは当人たちが決めるものです。ベストな選択ができるように、確認すべきところは確認し、思いやるところは思いやり、コミュニケーションを取りながら考えるのが一番です。大切な人の結婚式をより素敵なものにするため、気になることは遠慮なく聞いてみましょう。

まとめ

いかがでしたか。いくら我が子が可愛くても、結婚式の主役は新郎新婦です。新郎新婦がどんな式を挙げたいのか、親しい友人であれば尚更考慮する必要がありますね。それでも赤ちゃんもウェルカムな場合は、月齢に合わせて注意点をおさえ、マナーを守って出席しましょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です