結婚式の受付の依頼、案内はどうする?
お礼も忘れずに!

一生に一度の結婚式って本当に特別なものですよね。思い出に残る素敵な結婚式にするために、仕事の合間を縫って慌ただしく準備された記憶のある人、今まさにその状況の人、式当日までは本当に大変です。今回は新郎新婦に代わり挙式披露宴に出席するゲストをお迎えしてもらう「結婚式の受付」について触れていきます。誰に頼むのか、いつ頼むのか、お礼はどうするのか、失礼のないよう予習しておきましょう。

スポンサーリンク
  

結婚式の受付の依頼ってどんな人に頼む?

まず、受付というのは御出席者の方から御預かりした御祝儀を預かりますから、人選選びは十分に考える事が必要です。
「友人や会社の人も招待する披露宴」ならば、会社同期や後輩・学生時代の友人・幼馴染などの年齢が同じ、もしくは年下が望ましいです。「親族のみの会食」ならば、兄弟や歳の近い従兄弟にお願いするのが良いでしょう。身内だけの挙式の場合、ゲストが来られるのは披露宴からなので、挙式の際に受付は必要ありません。披露宴前に早めに移動してもらって受付をしてもらいましょう。
間違っても会社の上司などの目上の方にお願いをしてはいけません。依頼をする人選で気をつけることは、遠方の方にはお願いしないということです。受付をしてもらうとなると、ゲストを迎えてもらうために当日ゲストより早く式場に入ってもらう必要があるので、遠方の方には負担が大きくなります。それを抑えたうえで、「頼みやすい人」にお願いするのが一番です。できればテキパキと笑顔で対応できる人がいいですね。お金を預かってもらうので、仲の良い信頼できる人にお願いしましょう。基本的に受付係は新郎側と新婦側から2~3名ぐらいが一般的で、新郎側は男性の方、新婦側は女性の方にお願いするケースがほとんどです。一人が御祝儀を預かる係、一人が記帳して頂いた後にパンフレットを渡す係という役割分担を考慮すると、常に二人は必要です。
当日は説明や準備が多少あるので、受付をお願いした人には受付開始時刻よりも早めに来てもらいます。受付開始時刻になっても姿が見えないというような事態を避けるためにも、遠方から来る人よりも近場の人にお願いし、なるべく責任感のある方が望ましいですね。
注意点としては、受付をお願いした人がいくら仲が良くて信頼できる人であっても、スピーチや余興などもお願いしてしまうと、負担が大きく、披露宴を楽しんでもらうことが難しくなってしまいます。結婚式はあくまでもおもてなしですので、自分たちのことばかり考えるのではなく、役割は分けてしっかりと配慮しましょう。
若い夫婦で会社の同僚が少なくて年上の先輩ばかりであったり、地方出身で全員が上京することが難しいなど、受付をしてくれそうな知人がいないときは、式場のスタッフが受付をしてくれる所もありますので、結婚式をあげる前に一度確認しておきましょう。

結婚式の受付の案内はどんな風にお願いする?

結婚式の受付の依頼時期は、人選が決まり次第、できるだけすぐにお願いします。上記のように、式場に早く来てもらわないといけませんし、準備もありますので、招待状を発送するよりも前に依頼しておくのが礼儀です。どれだけ仲のいい友人でも、最低一ヶ月前までには連絡して相手の負担も減らしましょう。一般的には、結婚式の招待状は挙式の二ヶ月前ぐらいまでに送ります。もちろん、招待状に依頼の付箋を入れて心づもりをしてもらうことになりますが、その前に直接会ってお願いするのが一般的です。招待状の中に「当日受付をお願いします」という内容の付箋を入れていきなりお願いすると、突然の大役に受け取った人は驚いてしまいます。唐突に手紙でお願いするのは失礼にもあたりますので気を付けましょう。どうしても直接会えない場合は、失礼をお詫びして電話で依頼しましょう。前日には「明日はよろしくお願いします」と一言連絡するのも大人のマナーです。
できれば式当日までに一度会って打ち合わせができるのが理想的です。引き受けてくれる方にも安心してもらえます。依頼する時には、当日式場に早く来てもらう旨と、もし当日遅れてきた方がいる場合や、挙式には出ずに披露宴だけに列席する方がいる場合には、挙式後に受付をすることになる旨を伝えます。その際には挙式後のフラワーシャワーやブーケトスなどへの参加を早く切り上げてもらわなければいけなくなる場合があるということも伝え、理解してもらいます。ただご祝儀を回収して芳名帳の記入をお願いするだけが受付の役目ではありませんので、それなりの心づもりが必要です。
結婚式当日を迎えるまでには、準備が本当に忙しく、決めるべきことがたくさんあります。特に人に何かをお願いするような余興・スピーチ・乾杯・受付、こういったことは依頼する人を早めに決めて、相手に負担をかけないことが大切です。

スポンサーリンク

結婚式の受付をしてもらう人にはお礼を忘れずに

受付を引き受けてくれた友人には新郎新婦からお礼をお渡しするようにしましょう。新郎新婦で話し合って、できれば現金なら同じ額、プレゼントなら同じようなものを選ぶようにしましょう。
こればかりは人によりけりですが、一般的には3,000~5,000円が相場です。若い夫婦で気心の知れた友人にお願いする場合は3,000円で問題ないでしょうし、平日わざわざ休みを取って来てもらうような場合は迷惑もかけてしまうので5,000円など、どんな人にお願いするのか、相手のことをよく考えて金額を選びましょう。

最近では、相手も気を遣わずに快く受け取ってくれるオシャレなプレゼントを用意する新郎新婦も多いようです。
いつくかご紹介しますので参考にしてみてください。

・有名ブランドの小物
女性ならハンカチや化粧品、男性なら靴下などがおすすめです。普段使いのできる実用性のあるもので喜ばれること間違いなし。有名なロクシタンのギフトには、女性はハンドクリームなどが一般的ですが、男性用には靴磨きなんていうセンスの良いものもあるので要チェックです。

・金券・ギフトカード
誰もがもらって困ることなく持ち帰りもしやすいのが魅力的。ちなみに最近の人気はスタバのカード。好きな金額を指定出来ますし季節の限定デザインも出ているのでとってもオシャレです。春の結婚式なら桜のデザインのカードを渡してみるなんていうこともできます。
本好きの人へなら図書カード、お酒好きの人へならビール券など、好みに合わせてギフトカードを選ぶのもいいですね。

・お取り寄せスイーツ
甘いもの好きの人へなら喜んでもらいやすいのがスイーツなどの食べ物です。新郎新婦にゆかりのある地のお取り寄せスイーツなんていうのも魅力的ですね。ただし持ち帰りのことを考えて大きくてかさ張るもの、要冷蔵のものは避けましょう。

まとめ

結婚式の中でも両家の代表であり、大切なお役目である受付のお仕事。それだけに、受付をする側も着るもの、身に付けるものに気を遣って皆より早く会場に来てくれます。だからこそ丁寧な依頼、お礼のプレゼントをしっかりとしましょう。お互いが「頼んで良かった」「頼まれて良かった」と思える結婚式になるよう準備は万全にしておきたいものです。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です