青春18きっぷとは?
使い方と注意点を理解してお得に活用しよう!

温かい春の陽気の中、のんびりと列車で旅をするのって風情がありますよね。春休みを利用して旅行の計画を立てている人もいるでしょう。そんなときは青春18きっぷはいかがでしょうか。老若男女、旅を楽しみたい人なら誰でも購入できますよ。今回は青春18きっぷの簡単な情報をまとめました。あなたの青春の1ページになるような旅のお供に、是非参考になればと思います。

スポンサーリンク
  

青春18きっぷとは?使い方について

私たちが普段使う切符とは使い方が異なります。初めての人は少し戸惑ってしまうかもしれません。以下のポイントを最低限知っておきましょう。

・日本全国のJRの「普通列車」に乗り放題(乗降は自由)
・特急・急行には乗れない
※別途特急券を買っても乗れない
・一日のはじめに改札口でスタンプを押してもらう
・1枚で1日有効のものが5回分(1枚のきっぷになっている)→11,850円
※必ず5回分がセット、1枚ずつでの販売はされていない
・年齢制限はなく、料金もこども用はなし
・複数人での利用も可(5人までOK)

下記は特に知っておくべき情報ではありませんが、知っておくと便利です。

・無人駅から乗車する場合は車掌さんに日付を入れてもらう
・下車時は駅員さんにきっぷを渡す必要はない
・日付のスタンプはきっぷ1枚につき5ヶ所あり、スタンプが埋まったら使用終了
※余った場合は譲渡可能だけれど、翌シーズンへの持ちこしは不可
・午前0時から翌日0時までが有効
※東京、大阪近郊は終電まで有効
・ムーンライト利用時は0時を過ぎる駅までの切符を買うと、その駅からの利用開始となる

青春18きっぷとは?注意点を抑えておこう!

安くで遠くまで度に出られる青春18きっぷですが、普通の切符とは異なるため、注意しておきたい点が意外と多くあります。最低限の使い方だけではなく、注意事項として頭に入れておくと便利な点を紹介します。

・鈍行(普通列車)は本数も少なく遅い
青春18切符があれば、確かに日本中どこへでもお得に旅ができると思いがちですが、それにかかる時間を考慮しましょう。
大きな街の新快速・快速は早くて本数も多いので大変便利でお得に旅ができます。しかし、地方に行けば行くほど、ほとんど普通列車の利用となり、所要時間を要します。観光する予定があったりするとその分の時間も見込んで計画を立てなければいけません。地方の方だと電車の時刻表を頭に入れておかなければ、1時間・2時間駅で待たされるのはザラです。限られた休暇日数の中で、いかに効率よく旅ができるかを考えて旅行手段を決定しましょう。

・時間の確保
ご飯タイムやトイレタイムの確保を等閑にしておくと痛い目にあうかもしれません。特に帰省シーズンは要注意です!「駅弁でも買って食べればいいや」なんて考えが通用しないこともよくあります。実際、駅弁を購入している間に、乗り換え先の電車が出発してしまうということも少なくありません。トイレはどこかの車両に設置されていることがほとんどですが、混んでいる時期は、まず始めに確保した席を離れられることはないので時間には余裕が必要です。

・お金には余裕を持って
最低限のお金しか持たずに出てきてしまうのは不安です。列車が何らかの理由で大幅な遅れなどが生じると、目的地周辺でなければいつ来るか分からない電車を相当な時間待たなければいけないかもしれないし、最悪来ない可能性だってあります。大げさに聞こえるかもしれませんが、真冬だと極寒の中彷徨わなくてはいけなくなるかもしれません。お金があれば、特急列車に乗れたり、タクシーに乗って宿まで行ったり、何かしら手を打つことは可能です。

スポンサーリンク

.電車乗継の際にはドア口に立つ
青春18切符の旅の座席確保を甘く見てはいけません。青春18切符の旅を経験すると、いかに乗り換え先の電車の座席を確保できるかは重要なポイントになります。座席が確保できなければ数時間立ちっぱなし、という事態も起こります。乗り継ぎの際はドアの前に待機して電車を待つことをおすすめします。

青春18きっぷとは?お得な使い方について

青春18きっぷは使い方によっては大変安くてお得なきっぷです。しかし、前述したとおり、5回分のセットとして購入しなければいけません。そうなると、1回の利用料としては安いけれど、きっぷ自体は1万円を超えてしまいます。5回分もいらないんだけどな、という人も多いでしょう。できれば必要な回数分だけを安く購入したいですよね。そんなときに一番お手軽なのが金券ショップを利用することです。大手のスーパーには入っているところも多いので是非一度チェックしてみてください。5回分を通常よりも500円以上安くで売っていますし、こちらの余った分も回数に応じて買い取ってくれますよ。ネットオークションでも同様のことが可能ですが、慣れていない人や面倒な人は、まずは金券ショップの利用がおすすめです。
大手の旅行会社(JTBなど)では青春18きっぷを販売しているところがあります。定価で販売されているのですが、その会社の旅行券や、クレジットカード会社のギフトカードが使える場合があります。こういうギフトカードを安く手に入れられれば、青春18きっぷを実質的に安く購入できます。ギフトカード類で青春18きっぷを買えるかどうか、事前に問い合わせてみるといいですね。

まとめ

「青春18きっぷ」という単語は知っていても、その中身は意外と知られていないものです。目的地の場所によってはいつも券売機で買っている切符よりも、青春18きっぷの利用でかなりお得に移動できることも多々ありますので、使える条件をしっかりとおさえてお得に旅を楽しんでください。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です