花粉症にヨーグルトが効果あり?
必要な量とおすすめはコレ!

ヨーグルトが花粉症に効果があるという話は聞いたことがあるでしょうか。薬に頼らずに症状が抑えられるなら魅力的な話ですよね。その効果とはいったいどのようなものなのでしょう。必要な摂取量は?メーカーはどこのものがより効果的?今回は気になる花粉症とヨーグルトの関係について触れていきます。

スポンサーリンク
  

花粉症にヨーグルトが効果的?

そもそも、なぜヨーグルトが花粉症の症状を和らげる効果に注目が集まったのでしょうか。
理由はヨーグルトに含まれている乳酸菌です。ですが、乳酸菌自体が花粉症の原因に作用するわけではありません。花粉症の原因はアレルギーですが、乳酸菌を摂取することによって腸内に働きかけ、腸内環境が改善されて免疫力が高まり、アレルギーの花粉症状も緩和されることに繋がるため、花粉症の症状が軽減する効果が期待されているのです。花粉症やアレルギー症状を引き起こす原因に、腸内環境が乱れているということが多々あります。
乳酸菌により腸内細菌のバランスがとれる→免疫力を高めることが出来る→花粉症にも効果を発揮する、このようなメカニズムになっているのです。大事なのは「体質改善」ですが、この体質改善に乳酸菌が大いに効果的、というわけなのです。もう少し詳しく触れると、花粉症のアレルギー症状が起こるのは「Th1」と「Th2」という2種類の免疫細胞のバランスが乱れているためと考えられているのですが、乳酸菌の種類によっては、このバランスも改善する働きがあると発表されています。ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌によって腸で菌のバランスを整え、最終的に花粉症爆弾の起爆スイッチ(IgE)を抑える、ということです。乳酸菌の摂取で腸内の悪玉菌を減らし、腸の粘膜を強くすることができれば、花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状も緩和することが期待できるのです。

花粉症対策に食べるヨーグルトの量って?

腸内環境を整えて体質改善をすることが花粉症に効果的だということは分かりました。ですが腸内環境のバランスを整えるのには基本的に時間がかかるのがほとんどです。花粉症の症状に悩まされる人でヨーグルトを食べ始めて一週間で症状が緩和された、という人もいれば、かれこれ半年も食べ続けているけどあんまりだ、という人もいます。薬のような即効性はなく、花粉症の時期だけ食べてもあまり効果は期待できません。毎日習慣化することが望ましいです。より効果を得やすくするためには、花粉症症状が出る2~4週間前から始め、長期にわたり継続することがポイントとなります。花粉が大量飛散する前に始めましょう。また、自分のお腹と乳酸菌との相性もあります。ヨーグルトを食べ続けたのに花粉症の症状に変化がなかった人の理由の一つには、この乳酸菌が自分と相性が良くなかったということが大いに考えられます。もちろん個人差もありますし、気長に来年のために今から対策をしておくという心構えで臨むのもいいでしょう。気になる摂取量ですが、毎日100~200g程度が理想です。これを続けることに意味があります。食べるタイミングについては、できれば乳酸菌が胃酸に影響を受けないように胃酸の薄まっている食後に摂るのがおすすめですが、基本的に一日の中で好きなときでOKです。
ただ続けることに意味がありますから量に関しては神経質にならずに、コンビニなどで売っているものを一日1個でいいのでとにかく毎日食べるようにしましょう。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が自分のお腹と合っていて、体質改善の効果が見込めるかについての判断は、一週間毎日食べ続けてみて、お腹の張り具合や便の状態に変化があるかが目安になります。下記のような変化があるか気にかけておきましょう。

・便通が良くなる(便がバナナ状)
・肌の調子が良くなる
・睡眠の質が良く、疲れがとれるようになった

スポンサーリンク

まずはお腹が張ってきたような感じがあったら変化のサインなので、ヨーグルトの摂取を途中でやめないようにしましょう。

花粉症に効果のあるヨーグルトのおすすめ

ヨーグルトの選び方としては、腸まで届く乳酸菌入りのものを選ぶようにしましょう。加糖タイプは体質改善に必要なビタミンBが減少してしまうので、プレーンタイプにして、物足りなけばはりみつや黒砂糖で甘さをプラスしましょう。(白砂糖は免疫力低下を防ぐビタミンBを減少させてしまうためNG)
同じ種類のヨーグルトを食べても、花粉症の改善効果が現れる人、現れない人がいることも知っておきましょう。どのヨーグルト、どの乳酸菌がその人に合うかは試してみないと分からないのです。花粉症対策で戦闘モードの人は一度下記のものから試してみてください。

・R-1ヨーグルト

腸まで届くとされるKW乳酸菌が含まれているヨーグルト。花粉症やアトピーのアレルギー症状を緩和するために開発されたKW乳酸菌で免疫力を強化し、アレルギーを抑制する効果が期待できます。

・L55乳酸菌
もともとは健康な赤ちゃんの腸内から分泌された乳酸菌です。「生きて腸まで届く」「腸内に定着しやすく増殖可能」「腸の働きを助ける」という嬉しい効果が見込めます。有害菌の生育・代謝を抑制することから花粉症にも効果があると言われています。

・LG21
普通は腸の中でしか生息できない乳酸菌を胃のなかで生息させられないかということで開発された菌。外部から入ってくる菌を腸の一歩手前、胃にてガードするために作られたもの。特にピロリ菌に効果が認められます。風邪やインフルエンザ予防などにも効果があるとして近年話題になっています。

・小岩井 KW乳酸菌ヨーグルト
KW乳酸菌が含まれているヨーグルト。R-1同様、花粉症やアトピーのアレルギー症状を緩和するために開発されたKW乳酸菌で免疫力を強化し、アレルギーを抑制すると言われています。

まずはこれらを数週間ずつ試しながら気長に継続して1~2カ月は摂ってみましょう。

まとめ

実際に試してみて、効果があった人に聞けば「効果あり」、なかった人に聞けば「効果なし」の返答があり、結局のところ人それぞれ、で片づけられてしまいそうですが、「花粉症にヨーグルト」は、メカニズム的には効果はあるのです。ダイエットや美容面でも強い味方のヨーグルト。即効性は期待せずに、まずは毎日の食生活に取り入れるところから始めてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です