京都のお花見の見ごろは?
子連れで車で行けるところ

外はまだ肌寒さが感じられても、開花した桜を見ると春の訪れを感じて嬉しくなりませんか。歴史ある京都は桜の見どころが本当に多く、趣もあって感動ものです。そんな京都の桜を家族や友達一家とわいわい楽しむのに適した場所は・・・今回はそんな情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

京都のお花見の見ごろはいつ?

京都では、だいたい3月の末からちらほらと開花が始まります。ピークは4月の上旬ですが、場所によってはもう少し遅くまで桜が楽しめるところもあります。京都市の場合、周囲は山に囲まれた盆地のため、標高の低い街中から順に開花していきます。それから周辺の山や丘陵の桜が続いて色づいていきます。桜の木の品種にもよりますが、平安神宮や京都御苑など、市中の桜は早い年だと3月中旬頃にぽつぽつ顔をのぞかせます。そして有名な嵐山や嵯峨野が続き、そのあと街中の桜が葉桜になりはじめてやっと鞍馬寺、さらに北の大原の桜が追いかけていくのです。
裏技と言うほどではありませんが、桜の木の数が多く、咲く範囲が広いところは長い間桜を楽しむことができますので、「この時」というタイミングを逃したり、急な都合でいけなくなってしまっても意外とまだお花見ができたりします。家族で予定を立てる場合、早めに計画しておいて、急に行けなくなってしまっても、来週の週末に延期にしよう、などと融通がききます。
世界遺産で有名な二条城は中が大変広く、だいたい3月上旬~4月下旬の2か月間も桜を楽しめます。同じく世界遺産の醍醐寺は豊臣秀吉も愛した約800本もの桜が3月下旬~4月上旬の3週間ほど見ることができますよ。

なお、桜の開花時期については、次のサイトがお勧めです。
京都・滋賀の桜情報(京都新聞)

京都のお花見で子連れで楽しめるところ

子連れでお花見をするとなると、行きやすい所やトイレの設備など、色々と気にしてしまいますよね。せっかくだから家族皆で楽しみたい!そんな人でも気軽に行けるスポットを簡単にご紹介します。

・鴨川河川敷
まず、河川敷はとても広いです。混雑でシートを広げられないなんてことはありません。芝生広場、運動公園、トイレもちゃんとありますよ。入場料もいらないので本当に気楽に行けます。鴨川を眺めながらのんびり過ごしてはいかがでしょう。たまに飛んでくる鳥たちもとっても可愛いですし、お子さんにも喜んでもらえるのではないでしょうか。
場所:京都府京都市北区出雲路松ノ下町

・京都府立山城総合運動公園(太陽が丘)
ここは子どもの喜ぶ施設がいっぱいあります!サッカー場、野球場、陸上競技場、プール、アスレチックや水遊びができる浅瀬もあり、かなり広くて一日中遊べますよ。
場所:京都府宇治市広野町八軒屋谷1

・京都市動物園
混雑が予想されますが、中学生以下は無料で入園できます。動物との触れ合いも楽しめて、園内は桜がいっぱい。是非お弁当を持っていきましょう。近年新しくリニューアルされて授乳室や子ども用のトイレもばっちりです。
場所:京都府京都市 左京区岡崎法勝寺町

・蹴上インクライン
今は使われていない線路の上を歩きながらお花見ができるという風変わりなスポット。トロッコや土管もあってわくわくします。砂利道が多いのでベビーカーだと厳しいのが難点。まだ歩けないお子さんがいる場合は抱っこひもを持参しましょう。
場所:京都府京都市 東山区東小物座町339

・京都府立植物園
こちらも子連れのお花見にぴったりのスポット。芝生、カフェ、トイレ、全部そろってますよ。お弁当を広げるスペースも十分にあり、大型遊具や噴水(魚や亀がいますよ)、本棚まで。4月下旬と遅めまで桜を楽しむことができるので、ゆっくりと予定を立てることもできそうですね。
場所:京都府京都市左京区下鴨半木町 左京区下鴨半木町

スポンサーリンク

・京都府立けいはんな記念公園
京都の南にあるけいはんな記念公園は広くてとても気持ちがいいですよ。アスレチックや遊具があり、池の鯉にエサをやったりできます。体を動かしてのびのびと思いっきり遊べます。かなりスペースがあるのでボールなどを持参して遊んでいる人がたくさん。園内は無料エリアと有料アリアがありますが、無料エリアだけでも綺麗な桜が十分に楽しめます。
場所:京都府精華町精華台6-1

京都のお花見、車で行きたいけど・・・

特に小さなお子さんがいると移動は車が楽ですよね。オムツが替えられたりさっと授乳ができたりするのも車移動のメリットです。
上記でお伝えしたお花見のスポットに車で行って駐車場に困る場所はありません。鴨川河川敷や蹴上インクラインは近くのコインパーキングを利用できますし、動物園や植物園や公園は駐車場の案内が出ています。しかし、シーズンは春、桜。京都の交通状態はとんでもないことになります。特に桜の見どころスポットの近くまでは行けてもそこから大渋滞。桜は見えているのに駐車場に停められず悶々と過ごす時間は辛いものです。そんなときは最寄りの駅から1駅か2駅離れた比較的すいているコインパーキングに駐車して1駅だけ電車で移動したり、子どもさんがいるとなかなか難しいのですが、朝早くに支度をして駐車場が空いている間に到着してしまう、という方法がいいかもしれません。桜をゆっくりと楽しむために、パパとママはここで少し頑張らなくてはいけません(笑)
けいはんな記念公園は市内から離れているため比較的混雑は避けられて駐車場を利用しやすいですよ。ここは市内とは違ってバスや電車でアクセスしにくい場所ですが、どうしても市内の有名どころに人は流れるのでねらい目と言えます。電車やバスも本数が増えたり臨時便が出たりしますが、車で移動する場合は「朝早く」と「ベストスポットから数駅離れた駅の近く」を意識しておくといいでしょう。
事前にコインパーキングのチェックをしておくことをおすすめします。
近場のコインパーキングをチェック NAVITIME

まとめ

暖かい春の青空の下って本当に気持ちがいいものです。桜は日本を代表する花であり、日本人にとっては特別なものです。
大人は綺麗な桜の木の下で美味しいお弁当とビールなんかを飲んでもいいかもしれませんし、(もちろんドライバーさんは帰ってからにしてくださいね)子どもは桜の木の下で思いっきり体を動かして・・・計画を立てたらあとは当日晴れることを祈るだけですね。今年も良い桜が見られますように。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です