花粉症シーズンの洗濯は部屋干し外干し
どっちがいい?対策は?

花粉症の人にとって、一年で一番洗濯物が大変な時期が、花粉のピークを迎える春ではないでしょうか。毎日たまるものだから洗濯しないわけにもいかないし、全部クリーニング屋さんにお任せすることもできないし、気が滅入ってしまいますよね。花粉を少しでも避ける一工夫をして、辛い時期を少しでも快適に乗り切りましょう。

スポンサーリンク
  

花粉症時期の洗濯、部屋干し派?

一番花粉を取り込まなくていい方法は部屋干しです。部屋干しさえしておけば洗濯物に花粉がつくことはないので、重度の花粉症に悩んでいる人はできるだけ部屋干しするのがいいでしょう。特に「湿度が低い晴れた日」、「最高気温が高い日」、「雨の翌日」はかなり花粉が多く飛ぶので、外干しは避けた方が無難です。
それでも部屋干しが何日も続くと、生乾きの臭いも気になりますよね。洗濯物を部屋の中に干すときの注意点は、なるべく日が当たる窓際のカーテンレールなどに干すことです。部屋の中に干しつつ、お日様のパワーで少しでもカラッと乾かすとだいぶ違ってきます。外が寒くても、風のあたらない部屋の中で光が差し込むところは比較的暖かいため洗濯物も早く乾きます。できればなるべく光の当たる部屋に干して、洗濯物の近くで除湿機をかけて扇風機をあてると生乾きの臭いはかなり抑えられます。(扇風機は寒いので、できればリビングなどの普段生活している部屋とは別の部屋で乾かすことが望ましいです)
部屋に干している最中は空気清浄器をつけておくのも効果的です。また、暖房を入れているときは乾きやすいうえに室内の加湿効果もあるので夜でも干せますね。

花粉症時期の洗濯、外干し派?

いくら花粉が飛んでいると言われても、暖かい日差しを見ると、洗濯物をカラッと乾かしたいから外におもいっきり干したい!という気持ちにかられることもあります。ですが、特に雨の翌日や、風の強い日に外に干した洗濯物には要注意です。
外で干す場合は、取り込むときによく叩いて花粉をふるい落とすと効果的だとよく言われています。確かに手で叩いてある程度の花粉を落とすことは可能で、Tシャツなら約40~50%、タオルでも55~60%の花粉を落とすことが出来ると言われていますが、一説には繊維の中に花粉が入り込んでしまう、とも言われているので考えようです。後程ご紹介するグッズをうまく使う方法もあるので参考にしてみてください。
外干しの場合は、飛散量の多い時間帯の午後12時~3時ごろを避けて干すのも効果的です。夜には花粉の飛散量が比較的少なくなると言われていますが、地面に落ちた花粉が風によって大量に舞い上がることがあります。風の強い日は、夜の外干しを控えるようにしましょう。
洗濯物と同様、屋外に干した布団には花粉がたくさんくっついています。寝ている間中ずっと花粉を吸いこんでしまうことになりかねません。風の強い日は極力布団の外干しも避けるようにしましょう。

花粉症シーズンの洗濯の対策

花粉を洗濯物に残さないための対策としては、

・洗濯機に入れる前に花粉を落とす
洗う前の洋服などに花粉がついていることがあります。ローラーなどでできるだけ落としてから入れるといいですよ。そして詰め込みすぎは厳禁。洗い残しが出てしまいますので、洗濯物の量は洗濯機の8分目ほどにして余裕を残しておきましょう。

スポンサーリンク

・取り込む時にはとにかく払い落とす
ただし場合によっては洗濯物の繊維の中に花粉が入ってしまうこともありますので、あらかじめビニールカバーをつけて干す方法もありますよ。また、洗濯物を払っていると、自分が着ている衣服に花粉が付着していましますので、自分の服も払ってから家に入りましょう。

・洗濯物は午前中に干す
洗濯物を外干しするときは太陽が出てから昼12時までの間に干すようにしましょう。12時になってもまだ乾いていない場合は部屋の中に入れて日の当たるところで干すと良いでしょう。

・柔軟剤をつかう
あまり柔軟剤が好きではないという人も、柔軟剤には衣類を柔らかくするだけでなく、静電気を防止する効果があり、花粉が付きにくくなると言われているので洗濯の際に一緒に入れてみると良いでしょう。

・便利グッズを使う
外出前に静電気防止スプレーをふりかけたり、専用の布団カバーやビニールカバーを被せて干したりするなど、今は多くの花粉対策のグッズが売っているので試してみると良いでしょう。このシーズンになるとドラッグストアやネットショッピングで簡単に購入できます。

その他、見えない洗濯槽の内側をこまめに掃除して花粉や部屋干しの臭いの原因を取り除いたり、洗濯物や布団を取り込んだ際は、先を専用のローラーに変えた掃除機で花粉を吸い取ったりするとより花粉予防に効果的です。また、タオルやまくらカバーなど、直接顔を拭いたり、顔の近くで使用するものは必ず家の中で干すようにするなど、洗濯物によって干す場所を変えるのもひとつの方法です。

まとめ

いかがでしたか。洗濯のときに花粉を予防するためのそのひと手間が面倒だ、という人もいるでしょうが、それをするかしないかによって花粉との付き合い方が大きく変わってきます。家にあるものや便利なグッズなどを使って上手に花粉対策をし、少しでも症状が和らぎますように。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です