引越しの挨拶、のしはどうする?
いつ、どの範囲までがマナー?

引越しの準備は荷作りや役所関係の手続きだけでなく、新しいご近所さんへの挨拶回りも考えなければいけません。粗品につける熨斗(のし)はどうすればいいのでしょう。挨拶に行くタイミングは?挨拶するべきご近所さんの範囲ってどこまで?今回はそんな疑問を解決していきましょう。

スポンサーリンク
  

引越しの挨拶、のしってどうする?

のしは必ずしも必要なわけではありませんが、あった方がベターです。なぜなら、引越しの挨拶の目的は、 引っ越し作業のときに道にトラックを横付けして道路を占有したり、 階段や廊下やエレベータを占有したり、作業員が騒がしかったりで、 少なからず迷惑をかけているので、申し訳ない、という気持ちを伝えるためのものです。そして、引越してきた方が名乗って、怪しい者ではありませんよ、という不安感を持たれないようにするためのものにもなります。そのためには、のしに名前を書いて品物をお渡ししたほうが分かりやすいでしょう。無地の場合は自分で書いても構いません。

のしは慶事で生もの以外を贈るときにつけるものです。引越しは慶事なので、のし紙をつけることは正しいことです。のし紙に自分の名前を入れて挨拶することによって、「お隣に引越してきた○○さん」と理解してもらういい機会になりますね。

では、挨拶用に買った粗品は、どのようなのしの書き方をすればよいのでしょうか。
まずはのし紙の種類についてですが、水引は紅白の蝶々結びのものを使用します。水引の右上についている小さな包みを「のし」と言います。現在では包みではなく、プリントされたものがほとんどです。のし紙にもその使用用途によってパターンがいくつもあるので、事前に確認しましょう。
筆ペン等の毛筆をつかって、水引の上の部分に「ご挨拶」と書きます。水引の下の部分にあなたの名字を書いてください。
これだけです。とっても簡単ですね。
最後にのし紙の中心が包装された贈り物の中心と合うようにして、貼り付ければ終わりです。
毛筆は慣れていない人がほとんどだと思います。是非何度か練習してからのし紙に清書するようにしましょう。
また、のし紙には「内のし」と「外のし」があり、品物の上にかけてその上から包装する場合を内のし、まず包装してからのし紙をかけるタイプを外のしといいます。引っ越しの挨拶で名前を覚えてもらうという目的がある今回の場合は、外のしを利用します。

引越しの挨拶はいつ行くべき?

隣近所に新しい住人が引越して来たとなれば、誰しも「どんな人だろう?」と気になるものです。なるべく早い時期に挨拶に伺ったほうが、相手に与える印象も良く、また安心もしてもらえるはずです。よって挨拶の時期はできれば引越し当日(引越し業者が帰ってら)、作業終了が夜遅くになってしまった場合は翌日など、なるべく早めに終えたいですね。
遅くとも入居日から一週間以内には済ませるようにしましょう。引越して来たら、ご近所の人も挨拶に来るかもしれない、と思っている場合も多いです。相手の気持ちを考えた時にも挨拶は早めに行くべきですね。

スポンサーリンク

時間は暗くならない程度、と考えている人が多いのではないでしょうか。それは大切な心構えです。早朝はもちろん、一般的な食事の時間帯や深夜、できれば主婦の方が忙しい午前中を避けるようにしましょう。特にファミリー向けの物件は、夕方以降は夕食の準備で忙しいので、それまでに挨拶に伺えるといいですね。無難なのは13時~16時くらいでしょう。

引越しの挨拶の範囲はどこまで?

どんなところに引越しをするかによって異なりますが、大きく分けると一戸建てかマンションやアパートですね。
一戸建ての場合は、向かい側3軒と左右2軒。裏側のお宅とのやり取りも発生しそうな場合はそちらへも。マンションなら左右2軒と真上真下の2軒にご挨拶しておくのがマナーです。
管理人さんや大家さんが同じ建物やすぐ近所に居住しているなら、そちらにも挨拶しておくのも忘れないようにしましょう。この方々とコミュニケーションを取っておくことは、後々になって大きなメリットとなることもあります。

上記が一般的な考え方ですが、住宅事情を考えると様々なケースがあるでしょう。向かいのお宅が大通りを挟んでいて距離が離れている場合、マンションでもすぐ向かいに部屋がある場合などなど。気になる場合は担当の不動産屋さんに聞いてみましょう。家から見える範囲で近いところなら挨拶に伺う、ということでもいいですね。挨拶に行って悪い気がする人はまずいませんし、無駄になることはありません。

まとめ

ご近所さんがどんな人か分からないよりも、一度顔を合わせて挨拶をしておくだけでお互いに不安が解消される部分はあるでしょう、必要以上に深くお付き合いする必要はありませんが、同じ地域で生活をしていく以上は、マナーとして最低限の挨拶くらいはしておきたいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です