年末大掃除のリスト作成をしよう!
コツを知って計画的に

年末は色々と済ませなければいけないことが多い時期ですが、大掃除もその一つですね。
気になっていたあれこれを片付けて掃除したいけど、何から手を付けてどうやって掃除をしたらいいのやら・・・そんな人も年末に向けて計画を立て、効率の良いやり方をおさえておけば大丈夫です。
家中きれいさっぱり、新年を気持ちよく迎えましょう。

スポンサーリンク
  

年末大掃除大掃除のリストを作ろう!

掃除を効率よく進めるには、どこを掃除するのかをリストアップすることが大切です。
せっかくはりきってやる気になっていても、掃除をしていくうちにあれもこれもやることを見つけてしまったり、終わったと思っても気になる場所が出てきたりでは気持ちも萎えてしまいます。後で思い出して掃除をした結果、既に掃除をしたところに埃や塵を落とし、掃除のやり直しになってしまうと効率も悪く時間もかかってしまいます。うっかり忘れていた!ということが後々出てこないよう、しっかりとリスト化しましょう。大掃除はリストがあった方が断然楽ですし、モチベーションも維持できますよ。
リスト化したうえで「奥から手前」、「上から下」の順で取り掛かるのがベストです。

まずは家の間取りを書き出してみましょう。

・キッチン
・リビング
・お風呂
・トイレ
・洗面所
・各部屋
・ベランダ
・玄関
・庭

だいたいこのようになると思いますが、その中で優先順位を決めます。
掃除の中で時間がかかるのは、毎日使って汚れがたまりやすいキッチン、次いで水回りのお風呂・洗面所です。
リストアップすると、どういった場所が掃除に必要かを書き出していくとより具体的に掃除の必要性が見えてくるのでいいですよ。
そして「ここは楽に掃除できそう」、「汚れているのは知っている、だけど目を背けてきたから時間がかかりそう(笑)」、などある程度掃除にかかる時間が予想ができます。
これをもとにスケジューリングしていきましょう。

年末大掃除のコツは?

・「奥から手前へ」と「上から下へ」
これは掃除の超基本的なコツですが、これをやるかやらないかで効率に大きな差がでます。遠いところから、高いところから、そして最後に溜まったゴミや埃を一気に捨てられると無駄がないですよね。

・モチベーションの維持
これも非常に重要です。完璧にこだわるあまり必死になりすぎて疲れてしまったり、一日で片づけてしまおうと無理なスケジュールで詰め込みすぎたりするのは掃除が続かないし、せっかくのモチベーションもストレスに変わってしまいます。掃除をしたら目に見えて変化が分かる水回りは達成感が得られ、モチベーションアップにつながります。

・家族の協力を得よう
お子さんがおられるなら、リストアップやスケジューリングの際に一緒に役割を決めていくといいですね。力仕事はパパにお願いするなど、上手に周りを巻き込んでみんなで気分を高めながら掃除をすすめましょう。

・掃除用具は一ヶ所にまとめて
掃除に使う道具はまとめておき、色んなところに取りにいく手間を省きましょう。リストアップをすることによって必要な掃除道具がだいたい分かるので、あらかじめ準備しておきましょうね。

・迷い中ボックスの活用
「使わないものは捨てる」断捨離が基本だけど、どうしても判断できないときは「迷い中ボックス」を作ってその中に入れておくといいでしょう。時間が経ってからその中だけ整理すると効率的です。

・いらなくなったものの有効活用
着古したTシャツ、穴のあいた靴下、使用した歯ブラシ、伝染したストッキング、これらはスーパーアイテムです!普段から大掃除に向けてある程度とっておくといいでしょう。
Tシャツは油汚れを拭いたり、割りばしと一緒に使って窓の冊子を掃除できます。歯ブラシは浴槽や洗面台を綺麗に磨いたり、枠の細かいところを掃除するのに最適、ストッキングはナイロンとポリウレタンでできているので静電気を発生させ、埃を吸着させるので水拭きできない電化製品を綺麗にできます。また、繊維が細かいので水道の蛇口をぴかぴかにもできます。どれも掃除後はそのままゴミ箱に捨てられるので楽ちんで経済的です。すすいだりする必要もなく、時間が短縮できて一石二鳥です。

スポンサーリンク

・便利グッズをうまく利用しよう
100均でも十分揃えることができるものばかりなので、あらかじめ用意しておきましょう。
歯ブラシよりも大きめのブラシ(広範囲を磨くのに便利)、重曹やクエン酸水を作って使用するのに入れるスプレーボトル(見分けがつくように色違いのものを用意するのがおすすめ)、マイクロファイバー雑巾(吸収性が高く、小さなゴミや埃をキャッチしてくれる)、水きり(窓ガラスの掃除で役立ちます)など、必要に応じて準備をしておきましょう。

また、「重曹」と「クエン酸」は大掃除の本当に強い味方。油汚れやぬめり、すべりはあれこれ専用の洗剤を用意しなくてもこの2つがあればぴかぴかになります。高くて取り扱い要注意の化学洗剤よりもはるかに安全で効果も抜群なため、赤ちゃんやペットのいるお家でも安心して使うことができます。

年末大掃除は計画が大事

大掃除に向けてスケジュールを作っていきましょう。
余白のあるカレンダーに直に書き込んで、掃除をした後にマジックペンで掃除をした場所に線を引いて消していくと目に見えて分かりやすいので達成感が味わえておすすめです。また、最初にリストアップした項目をカレンダーに直に書いていくと、予定が立てやすく、掃除が何日かかるのか見当がつきますよ。

重点的に掃除すべきところ、早く掃除してもよいところ、最終日近くでも大丈夫なところ、これらに注意したうえで、まず狭い場所から始めていきましょう。
トイレ→お風呂→玄関→キッチン→リビング・・・という具合です。
キッチンは毎日使うところで汚れも溜まりやすいため、後半に掃除する方がよいでしょう。
窓やベランダ、庭は寒さを最も感じる場所になるので、12月に入ってすぐに掃除を始めるのがおすすめ。12月上旬の晴れた日がねらい目です。
そして掃除後は十分に風通しをして乾燥させるのが理想的です。カビなどの発生を抑えるためにも、できれば午前中の早い時間に取り掛かるようにするといいですよ。

もう一つ計画を立てるなかで大事なことは、ごみの日をチェックすること!
「燃えるゴミの日」を確認してください。大掃除でたくさん出たゴミを家に置いておくのは誰でも嫌なものです。ゴミ収集日の前に予定を組むのがいいですね。また、家中の不用品を整理すると意外に多いのが「これってどうやって捨てるの?」というもの。使いかけの除光液やスプレー缶、金属類の不用品などは、処理方法を調べて早めに処分できるようにしましょう。「粗大ごみ」があるなら、これもなるべく早く出してしまいましょう。

ゴミの回収日や年末の行事を考慮すると、12月に入ったら予定を立てはじめ、遅くとも12月23日までには終わらせられるといいでね。
仕事をしていて忙しい人などは、毎週週末の午前中を掃除に充てるなど、数週間に分けて行うといいですよ。
まず不用品の整理から始めていきましょう。

まとめ

いかがでしたか。大掃除は家中がきれいになって気持ちもさっぱりするほか、体も動かして適度な運動になるため冷えも解消できます。
寒いと腰が重くなりがちですが、大掃除は師走の寒さを感じられる季節の行事ごとのひとつではないでしょうか。
運動不足の解消も兼ねて今年は家族で家中をぴかぴかにしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です