冬の冷え、手足が冷たいのって病気のサイン?
解決法は?

寒い冬に手先や足先の末端冷え症に悩まされる女性は多いでしょう。何をしても冷たいままで億劫になりますよね。
あまりにもひどい場合は体からの病気のサインかもしれません。
放っておかずに、まずはここで紹介する改善方法を試してみてください。

スポンサーリンク
  

冬の冷え、手足が氷みたい!

寒い時期に体が冷えるのは誰もが経験したことがあるでしょう。冷え症とは、本来はたらくべき体温調節機能がうまく機能していない状態です。手と足の先端が温まりにくく、単に外の空気の寒さによって冷やされているだけではなく、慢性的に冷えているような感覚があるときに「冷え症」と呼びます。
冬場だけではなく、夏でもエアコンなどで体が冷え、あるいは体が冷たいと感じている症状などもそうです。体の中から冷えるため、少し動いたくらいではなかなか温まらないのです。
冷え性は血行障害ですが、その原因はいくつか挙げられます。

・ホルモンバランスの乱れ
・自律神経によるもの
・血液循環の悪化(低血圧)
・皮膚感覚の乱れ
・筋肉の量が少ない(特に女性)
・ダイエットなどによる摂取エネルギー不足

寒いからと何枚も着込むことによって体を締め付け、血行が滞り皮膚感覚が麻痺していたり、無理なダイエットでエネルギーが体内にしっかり取り入れられていなかったり。よかれと思ってやっていることが裏目に出ている場合もあります。
特に手足に冷えを感じるのは、やはり末端部分だから。私たちの体は、その中心部を一定の温度(37度前後が一般的)に保とうとしています。これは、体の中心部に重要な臓器がたくさん集中しているからです。そして特に寒くなると、中心部に血液を集めて体温を維持しようとするのです。よって、末端である手先や足先には血液が行き渡りにくくなり、温度が下がりやすくなるため強く冷えを感じるようになります。

冬の冷え性、実は病気のサインかも

冷え性は寒さからの血行不良が大きく関係していますが、毎夜毎夜眠れない場合や、日中常に手先が悴んで動かすことができない場合などの、あまりにもひどいケース、また、様々な対策をしてみたけれど一向に改善の兆しが見られない場合には、他の病気が原因の可能性もあります。
代表的なものに低血圧や貧血、手足の動脈が詰まって血行障害を起こすASO(閉塞性動脈硬化症)などが挙げられます。これらはヘビースモーカーや運動不足の人に多くみられる症状です。また、膠原病や甲状腺機能低下症などの可能性も考えられます。
他にも、指先の血流が不足して起こるレイノー病、末梢動脈の内膜の炎症により動脈の閉塞を来し、血流障害が生じるバージャー病なども冷え症に似た症状があらわれます。

そして冷え性は様々な疾患の引き金にもなることがあります。アレルギー疾患を悪化させたり、ひどい生理痛を招いたり、膀胱炎や下痢、頭痛の原因にもなってしまいます。それらを放置しておくとさらに他の疾患を引き起こしてしまう可能性もあるので、体質だからとあきらめないで、冷え性が少しでも改善できるように対策をとってみましょう。

冬の冷えを改善しよう

一番有効な方法は「生活スタイルの改善」です。
日中にほとんど体を動かさずに生活していませんか。階段の上り下りを避け、出かける際は近場でも車で・・・のような運動不足だと筋肉は衰え、筋肉が落ちて熱を作る機能が衰退してしまいます。
また筋肉は心臓から送られた血液を再び心臓に送り返すという重要な役割をしています。筋肉が衰えると血液の循環が悪くなり、末端の冷えはひどくなる一方です。

スポンサーリンク

まずは誰でも簡単にできるウォーキングを取り入れてみましょう。近場のスーパーへは是非歩いて行かれることをおすすめします。足を高く上げて姿勢を正して歩けば尚よいでしょう。もうひとつお手軽な方法はラジオ体操を取り入れることです。体全体をうまくほぐしてくれるので血行が良くなり、続けると効果が実感できますよ。

体を温める季節の食材も取り入れてみましょう。冬に美味しいねぎ、にら、しょうが、にんにくなどの香味野菜、唐辛子をはじめとする、コショウや山椒、からし、わさびなどは冷え性改善の効果が期待できます。また、少量のアルコール(焼酎やワイン、日本酒など)もホットで飲むと体を温めてくれます。ただし、ビールは体を冷やしてしまうので要注意です。
糖質の代謝を助けて、熱を作り出すビタミンB1が含まれる豚肉、胚芽米、大豆 、血行を促進して、血液の循環を良くしてくれるビタミンEが豊富な小麦胚芽、落花生、うなぎ、植物油もおすすめです。その他にも赤身の肉や魚、レバー、小松菜や豆腐などは鉄分が多く含まれるため、酸素を運搬し、血行を促進します。

日中デスクワークが多かったり、常に緊張した状態にあると筋肉が収縮して血管を細くしてしまいますので、ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、愚痴を聞いてもらってストレスを解消したりなど、自分の気持ちのいいことをして血行を良くしましょう。

本当に寒さが辛い時は部屋を暖かくしたり、何かに頼ることが必要になりますが、強制的に温めるのは、体が熱を生み出す力自体を弱くさせてしまいますので、生活スタイルを見直して発熱力を高める事を念頭においておきましょう。冷え性の改善だけでなく、風邪をひきにくい体作りにもなり一石二鳥ですよ。

まとめ

指先が思うように動かなかったり、足先が冷えて眠れなかったり、寒い冬の冷えって厄介ですよね。まずはご自身の食生活や生活スタイルを振り返ってみましょう。規則正しく、3食しっかり食べて適度に運動をしていますか?冷え性はお金をかけずに解消できることがほとんどです。生活スタイルを改善して、冷え知らずの冬を過ごしたいですね。

スポンサーリンク
cotomo

投稿者: cotomo

眠い目をこすりながらも夜更かしするネット住民です。 (技術は伴っていなくても)気になったことを調べたりやってみたりして記事にするのが凄く好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です